国有化に向かう東電と愚かな民衆

  • 2013.07.21 Sunday
  • 18:22
 

東電が管理職に一律10万円支給 退職者急増でつなぎとめ

24年度の自主退職者712人のうち管理職やその候補者は約4割を占めた。 22年度は約2割で、管理職の流出が加速している。 東電幹部は「一度きりの臨時支給で退職を思いとどまってくれるかは分からない。ただ、努力に少しでも報いたい」としている。

産経新聞 7月19日(金)13時10分配信 より

 

 

我々の生活は電力無しには成り立たない。 誰かが電力を供給しなければならない、というか、誰かに電力を供給”してもら”わなければならない。 国内で調達できなければ海外から調達するしかない。 問題はどこから輸入するかである。 韓国か、北朝鮮か、ロシアか、中国か… いずれにしても数少ない選択肢は不道徳なものである。

 

電力は国内で供給するのが最も安価であり、安全であり、効率的である。 だから東電が民間企業として存続しているのである。 だが自らの首をしめる愚かな我々国民によって民間企業としての東電は危機に瀕している。 安定的な電力供給を行い、空前絶後の大震災と津波にも耐えた原子力発電所を運営してきた東電、その東電に対する我々国民の仕打ちは酷いものであった。

 

3.11以来、メディアは東電を悪の権化として描いた。 東電社員であることは恥となった。 東電幹部であることは犯罪となった。 東電で給料をもらうということは、まっとうに報酬を得るのでっはなく、悪事をはたらいてカネをせしめる行為とみなされた。

 

東電たたきが荒れ狂う中、他で仕事が探せる人間であればさっさと辞めて晴れて「善良な会社」で働きたいという思いがよぎったはずである。 肩身の狭い思いをしている社員の家族の思いも同じであったはずである。 だから実際に管理職の退職が相次いでいるのである。 重要な地位の社員が退職するということは組織の頭脳が流出するということである。

 

このままでは立ち行かなくなるのは当然の成り行きである。 東電という組織の崩壊を何とかして回避しようと、能力の流出を少しでもくい止めるために10万円という雀の涙程度のカネを支給したのであろう。 注目すべきは東電内部での臨時支給ではなく、それをニュースとして報道するメディアの意図であり、それを受け止める国民の反応である。

 

このまま行けば東電は完全に国有化される(既に実質的に国有化されている)。 国営企業となった東電は肥大化し続ける官僚機構の一部となる。 そしてかつての国鉄や郵便がそうであったように、富を産むことをやめ、壮大な収奪の一翼を担うようになる。 収奪されるのは我々国民であり、我々の子孫である。 収奪のシステムを構築した人間が死んだ後も、次世代を担う人々から収奪しながらそのシステムは末永く生きながらえるのである。

節電という自傷行為

  • 2012.06.13 Wednesday
  • 23:22
 

 

日本のいたるところで続いている節電は痛々しい様相を呈している。 日本中の街、道路、駅、レストラン、ホテル、オフィスが暗い。 接客業などはそれでも暗くなり過ぎないような工夫を懸命にしているのが分かる。 しかしそれでも暗い。 レストランや店などではディスプレイに対してベストな視覚的効果を狙って設置した照明が切れている、あるいはワット数の低い電球や蛍光灯を使っている。 イメージ低下である。

 

暗いだけではない。 不便である。 ホテルのエレベーターは、例えば3台あるうちの1台だけを動かすとか、朝の急いでいるときにいつまでたっても来ない。 来てもぎゅうぎゅうに詰まっている。 実際どれだけ節電になっているのか知らないが、明らかにサービスレベル低下である。

 

日本経済は福祉と重税と規制という社会主義によって慢性的な動脈硬化を患ってきた。 本当の動脈硬化と同じく社会主義は初期症状が無いために問題が表層化するまでに時間がかかる。 事実戦後数十年間はそこそこうまくいってきた。 だが過去20年間で病気の症状が明らかに現出してきたということである。 長い間血管や心臓や能が痛めつけられてきたところへ、生命の維持に必要な基本的な栄養素や水の補給を絶つようなことをすれば、死への歩みが更に早まるのは明白である。 節電を強いるということはそういうことである。

 

節電が「痛々しい」と言ったのは、それが正しく「自傷行為」に他ならないからである。 自傷行為というのは鬱の症状の一種で、五体満足であるにも関わらず、様々な悩みでついつい自分の体を傷つけてしまう病気である。 それが死に至る率はどのくらいかは知らないが、せっかく持って生まれた大切な体を破壊することには変わりない。

 

日本は電気が不足しているわけではない。 ただ原発を止めることによって不足させているだけである。 原発は危険なのか。 いや何の危険性も無い。 先の大震災では他の多くの建造物が跡形も無く津波に破壊された中において、福島原発は驚くべき堅牢さを示した。 その後のメディアと世間の馬鹿騒ぎにも関わらず放射能による健康被害は皆無である。 だから本来、今の時点で日本は原発全開でなければおかしいのである。

 

それを、何を恐れてか政府が脱原発などという妄言を吐き、企業と国民に節電を強いるとは自傷行為そのものである。 国民生活が不便になるだけではない。 経済にとって取り返しのつかない打撃となることは間違いない。

 

書いている最中にYahooで関連するニュースが入ってきたが、政府が各家電メーカーに対し12月で白熱電球の製造を中止するよう要請したそうである。 二酸化炭素を減らす必要も無いし、節電をする必要も無いのである。 にも関わらず、政府のこの強制によって多くの仕事が失われるはずである。 実に、痛々しい限りである。 情けなさもここに極まれりである。

 

「クール・ジャパン」どころではない。 「Pathetic Japan(情けない日本)」である。

放射能騒動にみる日本の未熟な民主主義

  • 2012.04.25 Wednesday
  • 20:43
 

農家の方々は知ったかぶりな役人の気まぐれに振り回されて大変気の毒なことである。 それと同時に以下一連の流れは日本の民主主義がいかに未熟で未発達であるかを如実に示している。

 

以下Yomiuri Onlineより一部転記

 

厚生省と農水省が連発する畜産物や海産物の放射能値の基準についての曖昧で相反する通知のために生産者が混乱している。 当初は1キロあたり500ベクレルだったのを4月から100ベクレルにしつつ、牛肉だけは半年猶予して500ベクレルを据え置くとした後に急に間際の3月になって、やはり牛肉も100ベクレルを超えるものは廃棄処分するようにと自治体に通知を出し、自治体はそれに従って生産者に通知したところ、生産者からどうなっているのか、という問い合わせが多く寄せられたそうである。 厚生省の食肉鶏卵課によると、「牛肉は冷凍で長期保存される。基準が厳しくなる秋に向けて、暫定規制値時代の牛肉を減らすため」という「消費者を意識した狙い」があるそうである。 

 

霞ヶ関の役人が乏しい知識、狭い見識、浅い知恵をもとに何を狙おうが知ったことではないが、勝手に狙いをつけられた農家はたまったものではない。

 

第一に、事実として500であろうが100であろうが、もしくは1,000であろうが10,000であろうが健康には全く影響は無い。 これは専門化と科学者と事実によって証明されている。 それを規制しようなどという行為は単に迷惑であるだけでなく経済行為の阻害であって言語道断である。

 

第二に、生産者にとって畜産物・海産物は「金」であり「所有物」である。 金なり所有物を他人が「捨てろ」という権限は無い。 ましてや国民から信任を受けたわけでもない役人がそのような権限を認められてよいはずが無い。 これは役所がその判断により個人、企業、農家から所有物を収奪する行為である。

 

このような行為はソビエト連邦や中華人民共和国で行われてきた。 個人の所有が認められておらず、全ては「人民の代表である」国家が所有するのであるから当然である。 ソビエト連邦ではスターリンの「英知」に従って農業集団化と強制移住が行われて多くの死者を出した。 中国では毛沢東の「英知」に従って文化大革命が行われてやはり多くの死者を出した。

 

今日の日本も彼らの足跡を辿ろうとしているようである。 日本には上の役所のように「英知を持つ組織」がひしめき、互いの「英知」を競っている。 犠牲者が出ないことを祈る。

製造業が夏に向けて電力不足に直面

  • 2012.04.25 Wednesday
  • 20:42
 

「結局原発を止めても生活に支障ないじゃないか、推進派が原発は必要だと言っていたのは嘘だったわけだ」という妄言を吐くバカがいまだに大勢いる。

 

目が見えるにも関わらず目が見えない人間達、耳が聞こえるにも関わらず耳が聞こえない人間達、こういう人間達にはかける情けも無い。

 

個人が節電するかどうかは個人の意思である。 しかし大企業の節電は実質的に強制である。 節電するために夜や休日のシフトで働かざるを得ない。 それでもだめならば減産するしかない。 生産を減らせば従業員は要らなくなる。 派遣社員から正社員まで人員削減され、多くの人々の収入が断ち切られるのは明らかである。

 

政府民間を問わず、「原発」に膨大な時間を費やすこの様はなんとも表現しようがない。 異常である。 大震災から早一年たつが、マスコミが「心配」を煽る反面、「心配されている事態」が実際に発生している事実は皆無である。 誰か死んだ人間はいるか? 誰か病気になった人間はいるか? だれか体に変調をきたした人間はいるか?

 

バカは死ななきゃ治らない、というが、それが本当であれば今を生きるバカどもが死に絶えるのをあと何十年も待つしかないということである。 疲れる話である。

牧草不足で酪農農家が悲鳴

  • 2012.04.22 Sunday
  • 22:26
 

岩手、宮城、福島の酪農農家が深刻な牧草不足に直面しているそうである。 セシウムの放射線量の規制値が300から100に厳しくなったので国産の牧草が使えないかららしい。

 

気の毒なのと馬鹿馬鹿しいのとで怒りを通り越して溜息が出る。 これらの地域にある牧草は全部使えるものである。 なんら健康に問題ないどころか、これらを飼料として使えばより良質で美味い酪農製品ができるのである。 それを何の根拠の無い数値を基に禁止するとは。 犯罪である。 しかも冷酷である。

 

津波を直接受けた人々は多くを失った。 筆舌に尽くしがたい苦労をされているはずである。 しかし、それ以外の周辺の人々が自助努力で生計を立て直そうとするのまでも架空の「放射能危険説」で二重三重の足枷をはめて阻むこの国は狂っているとしか言いようがない。 

 

反核運動家とエセ保守とメディアの左翼大同盟による日本を没落させようとする革命が進行している。 その革命は人々の感情を引き付け、非常に効果的に進められている。 革命は大きな成功を収めている。

 

 

追記:

ところで、三井化学のプラントで爆発事故があり、工員一人が亡くなったが本当に気の毒である。 一般的に業務上の事故は企業の安全対策不足から起きる場合もあれば作業員の作業ミスから起きる場合もある。 個々の事故についての原因は一概には言えない。 メディアはこのような事故を通り一遍の報道で放置するのではなく、何が原因で起きたのか、再発防止のために企業は何ができるのか、そういったことを掘り下げなければいけない。 

 

原発事故や放射能では誰一人として死んでいない反面、化学プラントでは実際に人が死んでいるのだから原発よりも危険であるのは確かである。 にも関わらず、存在しない「原発の危険性」など煽り立てるのだから偽善もよいところである。 唾棄すべき偽善性である。

 

脱原発論者=懐中の敵

  • 2012.01.21 Saturday
  • 19:44
 

震災以来、政治家、メディア、学界の売国奴のたゆまぬ努力が功を奏し日本の弱体化が大幅に進んでいる。 脱原発を主張する者は意識するしないを問わず売国奴である。 なぜならば、もともと脱原発論は核廃絶論から来るものであり、核廃絶論は日本の核武装に反対する勢力、すなわち日本が現在の世界情勢に鑑みて正統なる防衛手段を持つことを拒まんとする、反日・左翼・リベラルの主張だからである。 「脱原発」とは左翼による日本弱体計画、日本解体計画、日本没落計画の重要な一里塚である。 そしてその主張の片棒を担ぐ者はその計画に加担する者である。

 

日本は空恐ろしい速度で弱体化している。 政治、経済、文化、何をとっても惨憺たる状況である。 弱体化の尺度は人であり、人の意識である。 北朝鮮、中国、ロシア 日本の敵は日本をバカにしてつけ上がる一方である。 日本の主権を無視して領域を侵犯する一方である。 それでも何の報復も無いのでさばる一方である。 特に北朝鮮など日本人を拉致しているにも関わらず、何の報いも無し。 これら外敵に対処するどころか政治家は矮小な政争を繰り返し、愚にもつかない政策を連発するだけ。

 

なぜこのような目を覆うばかりの状態になっているかと言えば、それは日本の敵は周辺国を云々する以前に我々の中にいるからである。 小林よしのりという漫画家がいる。 この人間は時に保守を気どり、ナショナリスティックな言辞を断片的に吐いているようであるが「脱原発論」なる連載漫画を売り出している。 西尾幹二という学者がいる。 この人間も今まで保守を名乗ってきた。 しかし震災以来、脱原発論者に変身である。 このような輩達こそが正に懐の中の敵とも言うべき者達である。

 

国家を支えるのは強い国防と強い経済である。 これらの後ろ盾は安価で安定したエネルギー供給である。 その供給を支えてきたのは核エネルギー、すなわち原発である。 電力無しに国防も経済も生活も何も成り立つものではない。 電力コストをいかに下げるか、これがカギである。 そしてそのカギを握るのが核エネルギーである。 原発を止めても我々は普通に生活している、だから、原発なんて最初からいらなかったんだとのたまうバカがいる。 火力発電に切り替えたために企業向けの電力コストが4月から20%近くも上昇するのである。 もともと海外から競争にさらされている製造業が大打撃を受けるということを想像するのに天才的な頭脳は必要ない。 製造業が打撃を受ければ従業員とその家族が打撃を受けるということを想像するのにも天才的な頭脳は必要ない。 製造業は製造業だけで成り立っているのではなく、川上から川下まで何十何百もの付帯業務があり、それぞれの業務で雇用を作り出していることを想像するのにも天才的な頭脳は必要ない。 想像できないのは人間の基本的能力である思考力というものが欠如しているからに他ならない。

 

国民が思考力を失い、「放射能の恐怖」などという架空のB級ホラー話で右も左もビビっている体たらくでどうして日本の敵に対する勝利を語れようか。 情けないことではあるが、日本は今後数十年にもわたる長い期間、落ちるところまで落ちるしかない。 落ちる過程で懐中の敵が炙り出されればその後の展望もあるだろうが、それは希望的観測というものである。

被災地域におけるバカの循環

  • 2012.01.16 Monday
  • 22:18
 

東日本大震災で被災した地域において求人はあるもののなかなか就職に結びつかないという報道がある。 なんでも失業保険と、それが切れた後も生活保護があり、自分が働きたい職種でない仕事をするくらいならば失業状態のほうがまだ良いという人が多いのだという。 そしてその結果、失業保険や生活保護といった社会保障費の支出が増え続けている。 増え続ける支出は国の財政を悪化させている。

 

だから、もういまや消費税を増税するしかない、とモノを知らない「有識者」はのたまう。 学の無い「学者」はのたまう。 経済原理を知らない「エコノミスト」はのたまう。 頭の腐った人間は考えるということが出来ないのでまともな思考を期待するのは無理である。

 

この状況は笑い種ではないのだが、それにしても滑稽である。 さんざん政府と左翼メディアが「放射能の恐怖」を吹聴して人心を攪乱させ、何の問題もない農作物や酪農製品を廃棄させ、人々を立ち退かせ、疎開させておきながら、いざ復興を、という時にこのありさまである。 低賃金で働くよりも失業保険や生活保護のほうが収入が良いのであれば誰でもそうするはずである。 それで人が働かず、税収が減り、それを増税でまかなおうとし、そのために景気が更に落ち込み、そのためにまた雇用が減り、しかし復興のための人材は足りず、復興は進まず

 

これは面白くもなんともないが、コメディーである。 環境左翼のプロパガンダと高福祉社会主義の毒に社会全体がやられて麻痺している。 そしてこれがコメディーであることに気が付かない。 悪循環などという穏やかなものではない。 バカの循環である。 バカがますますバカになり、バカが増殖し、バカがバカを集める。 バカであることが当たり前になる。 そしてバカでない人間はバカ扱いされる。 だから、これをバカの循環と呼ぶ。

 

バカの循環の犠牲者は誰か。 それは被災者である。 被災者は地震と津波にあい多くの犠牲を払った。 しかし彼らの現在そして未来に重く厚くのしかかるのがバカの循環である。

「セシウム・年1ミリシーベルト」

  • 2011.10.29 Saturday
  • 13:24
 

厚生省は「セシウムの被曝上限を年5ミリシーベルトから1ミリシーベルトへ引き下げてより厳しい基準を適用する」だとかいうことであるが、いったいこのようなことを勝手に決める権限があるのか。 あるからやっているのだろうが、なぜそういうシステムなのか。 国家として、政府として、このような重要なことを決めるにあたって何故私に相談が無いのか。 私ならば絶対に反対である。

 

なぜならば、意味が無いからである。 国家政府の権力、強制力、執行力を使って意味の無い行為をする、意味の無い規制を押し付ける、意味の無い枠をはめる。 これがどれほど危険なことか分かっている人間が少なすぎる。 5から1になる。 ただ書面上の数字が変わるだけではない。 ただ政府のウェブサイトを改定すればよいだけの問題ではない。 ただ政府の文書を印刷しなおせばよいという問題でもない。

 

5から1になる、ということは、今まで出荷できていた農産物や食品が出荷できない。 出荷できずに廃棄される。 牛や豚が処分される。 金にすべき商品が金にならない、ということである。 牛や豚や野菜などを金に換えて生きているのは農家だけではない。 それを保管し、流通させ、販売し、またはそれらの工程に関わる機器や運搬車両を製造する業者がいたり、とそれに関わる人間は数万数十万に上る。 彼ら全員が5から1への規制改定の影響を受けるのである。

 

ブラジルのガラパリに住んでいる人間は年間31.2ミリシーベルト被曝していて、そのおかげで健康なのである。 外部被曝と内部被曝が違うなどと言うエセ専門家がいるが嘘である。 なぜならば放射能というのは人体を通過するからである。 だから、内部であろうが外部であろうが、影響は同じである。 それを考えれば年間5ミリシーベルトでも低すぎるのである。 年間10でも低すぎるのである。 イランのラムサールは年間57.6ミリシーベルト、最高値は260ミリシーベルトであり、いずれにしても健康被害はないのだから、年間100でもよいくらいである。 

 

いずれにしても、馬鹿につける薬である「放射線を怖がるな!」を読ませなければならないのはこの政府である。 すべきことと真逆のことをせっせと取り組む政府を馬鹿と呼ばずしてなんと呼ぶのか。 この馬鹿さ加減に気付かない国民が多いのもまた情けないことである。

「放射線を怖がるな!」書評

  • 2011.10.16 Sunday
  • 11:14
 

簡潔で明瞭、知るべきことがコンパクトにまとめられており素晴らしい。 反核が反科学であることが見事に暴かれている。 常識の勝利である。

 

●核・放射能がもともと自然界に存在するものであって原発はそれを活用しているだけである。
●福島の放射能は自然界のレベルで見れば大したことなく、大げさな対応は不要である。

●放射能の「基準値」は「安全性」とは全く関係なく「迷信」に基づいている。

●「基準値」よりも遥かに高い値であっても、安全なだけでなく、体に良い。 高放射能値の地域に住んでいる人々は長寿である。

●広島・長崎の犠牲は過大に伝えられている。 これ自体は人道的犯罪である。 原爆の爆破力と火力で犠牲になった人は多い。 しかし、放射能で健康長寿になった人も多い。 

●放射能から逃げるのではなく、健康のためにもっともっと利用しなければならない。

 

反核左翼の暴論を論破するために必要な知識はここにある。 メディアと教育機関からの反核洗脳攻撃から自身と家族を守るためのワクチンである。 既に洗脳された馬鹿につける薬である。

馬鹿につける薬「放射線を怖がるな!」

  • 2011.10.15 Saturday
  • 01:40
 

「ラッキー博士の日本への贈り物 放射線を怖がるな!」という素晴らしい本が出版された。 訳したのは茂木弘道氏である。 Youtubeで見たことがあるが、保守である。 だから、保守というのは良いのである。 保守というのはRight、すなわち正しい、あるいは正しいことに近いということである。 保守の人間は正しい情報に気づき、それを他の保守に伝える。 そうすると他の保守もそれに賛同する。 保守というのは正しさの連鎖なのである。 

 

これは大切な贈り物である。 なぜならばいまだに日本を覆う放射能恐怖症という精神病、あるいは馬鹿を治す薬になるかもしれないからである。 馬鹿につける薬はないと言われるが、馬鹿もこれだけ増えると危険である。 何しろ学者やら政治家やら自称専門家やらキャスターやらがやたらとテレビで嘘八百を並べたてて危険だ心配だ怒りだと騒ぎ立てるものだから、もともと馬鹿番組で脳をやられた人間などは一発である。 とにかく効きそうな薬は何でも試してみなければなるまい。

 

放射線は良いのである。 広島・長崎の原爆でも爆風と炎にやられなかった人はぴんぴんしているのである。 一般人よりも健康なのである。 この方は今は90歳、原爆で被爆して。。。という話は良くあが、よく考えれば被爆した割にはよく長生きしているな、ということである。 この本で分かるのは、被爆した割には、ではなく、被爆したから長生きできる、が正しいということなのである。 チェルノブイリでも爆発で死んだ人間以外は大した被害は無いのである。 小児の甲状腺がんが増えたというが、それはロシアのその地域がヨウ素不足だったからで、日本はむしろ豊富なのだから関係ない。 今では人も植物も動物も元気いっぱいなのである。

 

だから、福島県が県の18歳以下の住民36万人を対象にして生涯にわたって甲状腺検査をするなどというのは「愚の骨頂」という言葉では弱すぎるくらいの愚かな行為なのである。 反科学的、カルト教的、呪術的な行為である。 国民の税金、一人一人が働いて稼いだ金を国歌が収奪する。 数億、数十億という単位で何の意味もない検査に使う。 これは犯罪である。 政府、官僚、メディアがぐるになって仕掛ける壮大な犯罪である。

 

「子供の検査の結果を心配して泣き出す母親」 子供の心配をするのはよい。 問題は伝え方である。 あるのは「反原発、反核エネルギー、反放射能」のイデオロギーと感情、感情、感情のオンパレード。 理屈もへったくれもない。 北朝鮮のメディアと同じである。

 

この本でも各地の自然放射線量のことが述べられているが、ブラジルのガラパリは年間31.2ミリシーベルトである。 イランのラムサールは年間57.6ミリシーベルトである(最高値は260ミリシーベルト)。 そこでは子供も女性も年寄りも健康で長寿である。 「全国放射能情報」という文部科学省のウェブサイトを見れば福島周辺の放射線量が分かる。 比べてみればよい。 福島原発を取り囲む地域は大概10ミリシーベルト前後である。

 

高いところでは280ミリシーベルトあるが、イランのラムサールの最高値よりちょっと高いくらいである。 日本の通常の放射線量は年間2.4ミリシーベルトだそうだ。 ラジウム温泉はその200倍だという。 とすると2.4×200480である。 ラジウム温泉につかるよりもずっと低いのである。 全然大したことないではないか。 むしろ贅沢ではないか。 立ち入り制限するなど馬鹿にも程がある、ということである。

 

馬鹿につける薬の発売。 ありがたいことである。 馬鹿にやられていない人間、しっかりしている人間もワクチンとして読んでおく価値はある本である。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM