衰退を選んだフランス

  • 2012.05.10 Thursday
  • 23:37
 

フランス人はフランス語が喋れるくらいだからそれなりに頭も良いのかと思っていたが全然違うようである。 日本人は馬鹿が馬鹿を育てるとこうなるという見本であるかのように思っていたがフランスもそれに負けず劣らずのようである。 自ら衰退を選ぶことほど愚かしく、痛ましいことはない。 フランス国民が今回の選挙で選択したのはそれである。

 

フランス国民は大幅増税(法人税や資産税)と富裕層への大幅増税(年収100万ユーロ以上の者へは75%課税)といった左翼の権化と呼ぶべき政策を掲げ、「人民の敵は金融業界である」と吹聴する社会主義者フランソワ・オランドを大統領に選んだ。 「中道右派」などと呼ばれたサルコジも結構な社会主義者だったがオランドはもっともっと左である。

 

社会主義の毒が体中に回ると手足が麻痺して動かなくなり、内臓もぼろぼろになり、遂には頭脳までやられてしまう。 頭脳がやられるともはや治癒能力が無くなり、後は死へと向かうのみである。 フランスは、日本もだが、そのような状態に入りつつある。 国民は政府の保護と規制無しには生きられなくなり、政府官僚は一度手に入れた権益を死守する。 その構造を破ろうとする政治家や言論人を悪魔扱いする。

 

社会主義の毒を中和し解毒できるのは資本主義だけである。 しかし資本主義を理解し、守り、育てる人間は洋の東西を問わずますます少数派である。 現実は、一つの社会主義勢力に対抗しているのは別の社会主義勢力(国家社会主義)か中道派である。 単なる同類同士の内輪もめである。 人間としての存在の仕方を問う論争は無く、人格攻撃か些末な政策論のみである。 ヨーロッパも日本も不毛の時代である。 悲しいことである。

「びびる国民」「大きな政府」「大企業」悪の枢軸

  • 2012.05.04 Friday
  • 21:05
 

第一章

 

イオンというスーパーのストアブランドのチョコレートか何かの商品から落花生成分が検出され、何十万個という商品を回収しているそうであるが、世も末である。 法律でアレルギー物質としての表示義務があり、工場での混入により未表示の物質が入ってしまったということで回収すること自体は仕方がないのだろう。 何が世も末かといえば、それは日本人が「らっかせい」ごときに右往左往する国民に成り下がったことである。

 

「らっかせい」ごときにビビるようなヤワな国民が中国やロシアの覇権主義に対抗できるのか。 「らっかせい」ごときにビビるようなヤワな国民が北朝鮮の侵略行為に対応できるのか。 「らっかせい」ごときにビビるようなヤワな国民が右に左に安定感無くぶれるアメリカと伍していけるのか。 「らっかせい」ごときにビビるようなヤワな国民がイランや中東情勢に翻弄される世界情勢の中を生き残っていけるのか。

 

「らっかせい」ごときにビビるようなヤワな国民には日露戦争でロシアを叩きのめしたかつての日本人の面影はない。 「らっかせい」ごときにビビるようなヤワな国民には逆境の中自らの運命を切り開くために朝鮮半島、そして中国大陸、そして南アジアへと攻めていったかつての日本人の面影はない。

 

「らっかせい」ごときにビビるような体たらくだから放射能にもビビって原発を止めた挙句に電気代の高騰にびびるという、ビビッてだらけの国民である。 日本をビビらせたい国々からしてみたら日本はいじめられっ子の泣き虫坊やも同然であろう。 ネパールやブータンのような貧乏国はいじめてもしょうがないが、まだ金のある日本はいじめ甲斐がある。 情けないことである。

 

 

第二章

 

「びびる国民」あっての「大きな政府」であり、「大きな政府」あっての「びびる国民」である。 そしてそこに副産物的な存在としての「大企業」がある。 この三つは相互関係にある。 互いが互いを求め、互いが互いを増長させる。 「大きな政府」と「びびる国民」と「大企業」によって社会が閉塞化し全員が惨めになる。

 

食品アレルギーがあるのならば、それを食べなければよいだけである。 例えばちょっとした落花生アレルギーであれば直接食べなければよい。 あるいはちょっとかじって様子を見ればよい。 結構ひどいのであれば、入っていそうな食品は避ければよい。

 

菓子には大体アレルギー物質が入っている。 ならば食べなければよい。 水あめや蜂蜜でも舐めればよい。 果物でも食べればよい。 今の時代、果物といえば世界中から入ってくる。 選り取り見取りである。 リンゴには落花生アレルゲンは入っていないから安心して食べればよい。 法規制の必要性などこれっぽっちもない。

 

人間、何かしらのハンディを負っているものである。 五体満足でない人はざらにいる。 アレルギーも様々である。 落花生アレルギーもいれば花粉アレルギーもいれば猫や犬のアレルギーもある。 左翼アレルギーというのもある。 左翼は知性と常識に対する強いアレルギーがあるから非常に憐れである。 アレルギーというのは千差万別できりが無い。

 

これら様々なアレルギーを持つ人々全員を保護するためにいちいち法整備をするということは何を意味するか。 彼ら自身が知識と常識と自制心を身につけて判断し、自分の身は自分で守る、ということをしなくなる。 「あれも食べたいこれも食べたい…アレルギーになった…どうしてくれる…企業は責任を取れ…国が守れ… 」「国が守ります…法を整備します…企業を規制します…責任とらせます…管理を強化します…更に細かく規定します」

 

法規制に対応できる企業は大企業だけである。 もしくは、資金力のある大企業には非常に有利である。 回収せざるを得ない場合でも、大企業にとってはかすり傷である。 小さな企業や店であれば存亡の危機である。 だから次第に小さな企業や店は淘汰され、生き残るのは大企業のみ。 中小企業が廃れるにつれて自然に大企業による寡占が進む。 寡占によって購買の選択も雇用の選択も狭くなる。

 

これが社会の閉塞化という現象である。 日本は前から自殺者が多いが自殺を考える人も更に増えているそうである。 このような閉塞感のある国ならではの現象であろう。 閉塞的な状態に安住し、びくつきながら自らの命を絶つことばかり考える人々の国、日本。 日本は末期的である。

 

 

追記

 

アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A

厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin12.pdf

 

何百人何千人もの高給取りの高級官僚がこのような下らない資料をせっせと作成し実施、管理にあたっているのだから税金などいくらあっても足りないはずである。

馬脚を現したハシシタ市長

  • 2012.04.04 Wednesday
  • 20:10

 

大阪の橋下市長がやたらと自称保守にもてはやされているのを見てどのような人物なのかと思っていたら何のことはない。 「ハシズム」だとか「今の日本の政治で一番重要なのは独裁!」だとか、あまり程度の良くなさそうな人間だなと思っていたが、「1回きりの使いきり人生(相続税100%課税)」にはあきれたものである。 

 

この人物は結局何の信念も軸もなく、右から左から受けの良さそうなキャッチフレーズを拝借してはそれを勢いよく飛ばしていただけだったのである。 芸能人もほとんどが一発屋だが、この人物も政治の世界の一発屋である。 「ヒロシです…」とか、「欧米か!」とかいって、意味は分からないなりに何となく面白い気がするが、そればっかり繰り返してもしかたないので違うことをやると全然受けない、だんだん飽きてくる、そのうち完全に忘れられる。 それと同じであろう。 大前研一かどこかの「エコノミスト」から、こんなのいいよ、と入れ知恵されたのだろうが、「つかいきり」とは… いかにも一発芸能人らしいというか、軽いというか。 雑巾じゃあるまいし。

 

それにしても、自称保守たちによる「独裁でもいいから、腐った日本をぶっ壊して、強い日本を打ち立ててくれ! 君しか頼りはいないんだ!」といわんばかりの(実際に言っている)手放しの賞賛は何なのか。 これでは「ルーズベルトでもニクソンでもレーガンでもチャーチルでも毛沢東でも紹介席(日本人大虐殺した人物だからあえて修正しない)でもスターリンでもヒトラーでもポルポトでもカストロでもいいから生き返ってきて我々を救ってくれ(カストロは死にかけているものの生きているが)!」というようなものである。 保守の知的破産状態ともいうべき状況である。 こうなると、保守もへったくれもない。 何となく勢いがあるというイメージだけ。 一億総ファシズム待望である。

 

我々は皆、祖先からの有形無形の財産を受け継いでいる。 それらがあるから今の我々がある。  どのような財産であろうと、それを個人から国家が収奪する権利は無い。 代々受け継いできたものに対する所有権を、国家が個人に対して否定する権利は無い。 無形の文化を奪うのは難しいがカネは取れる、だから取る(盗る)などという権利はだれにも無い。 にもかかわらず、ハシシタの言う100%ではないにしても、それが日本では長らく行われてきた。 その結果が古い伝統的な家屋の破壊であり、歴史ある町並みの破壊であり、家族親戚の崩壊であることは既成の事実であり説明を要しない(既に説明し尽くされている)。

 

相続税100%課税というのは、今の日本はまだ社会主義の状態で、我々は更に革命を進めて共産主義へと向かわなければならない、というようなものである。 それが目的ならば、それは正しい。 日本社会をさらに破壊したいのであれば、それは正しい。 日本経済にとどめをさしたいのであれば、それは正しい。 ハシシタを支持する自称保守の正体が実は隠れ左翼なのであれば… それは正しい。

 

P.S.

幸福実現党は相続税廃止を訴えている。 これは、正しい。

全体主義と自由主義

  • 2012.03.10 Saturday
  • 13:38
 

日本はなぜだめになったのか。 保守と自称する者達の一般的な考えは以下のとおりである。 戦後の西洋的な民主教育によって個人主義と自由ばかりが強調され、公の精神と道徳が忘れ去られた。 その結果自分さえよければよいという利己主義が幅を利かせるようになった。 戦後教育で過去の日本は全て悪であると教えられ、日本人は愛国心を無くした。 国民は堕落してだらしなくなり、勤勉さを無くし、だから経済的にもダメになっていった...

 

正しいのと間違っているのとだいたい37くらいである。 「中国、北朝鮮、いい加減にしろ、ふざけんな!」といえばそれは保守である、というような。 でもよくよく話を聞いていると、「TPPは日本の皆保険制度を破壊しようとするアメリカの陰謀だ!」とか「ユダヤの陰謀に気をつけろ!」とかいう言葉が飛び出てきてずっこけてしまう。 決して全部間違いではないが、決定的な部分がおかしい。 基本的に雰囲気に流されている。 そして単細胞である。

 

西洋的な...とは何か。 西洋 ヨーロッパとアメリカのことか。 ヨーロッパという国は無い。 イギリス、ドイツ、スイス、イタリア、ギリシャ 各国全部違う。 アメリカの文化とヨーロッパ諸国の文化は非常に異質である。 アメリカ文化というのも何を指すのか疑問である。 ニューヨーク、サンフランシスコとオクラホマ、テネシー、テキサスは全然違う。 ハリウッドやMTVはアメリカ文化のごく一部に過ぎない。 西洋的、アメリカ的、そういう言葉には意味が無い。 ホッブスとジョン・ロック、マルクスとハイエク、レーニンとゴールドウォーター、そしてレーガン、サミュエルソンとフリードマン、これら人物の思想は「西洋的思想」と呼べば呼べないことは無いだろうが、黒と白である。 昼と夜の違いである。 別世界と言っても良い。

 

個人主義と自由ばかりが強調され...とはどういう意味か。 逆に言えば、政府が事細かなルールを作って国民の生活を仔細にわたって管理・保護し、国民は生活上の様々な便宜を政府にすがる、という考え方が日本古来の伝統なのか。 医療費が全額公費負担される生活保護受給者のうち2日に1回以上の高頻度で3か月以上続けて通院した「頻回通院者」が全国で1万8217人に上ることがわかった、というニュースが以前あった。 この現象は福祉国家の必然なのではないのか。 これを利己主義と呼ばずして何なのか。 国民が「個人主義で」堕落しているからこうなるのではなく、福祉国家が国民を堕落させるからこうなる「利己的になる」のではないのか。 これが日本の伝統なのか。

 

自称保守主義者は頭の中が霧に包まれている。 だからこのような出口無き矛盾に陥る。 歯がゆいことである。 問題は西洋的な思想でもなければ個人主義でもない。 そのような問題は存在しないのである。 問題はただ一つ、全体主義である。 そして、その問題に対する回答はただ一つ、自由主義である。 

 

西洋であろうが東洋であろうが、個人が自分で責任を持って自立して生きるという考え方は市民社会の基礎である。 歴史的文化的要因を解説する知識は無いが、日本では昔からその考え方、態度、文化は民衆レベルに広く浸透していた。 だから江戸時代から明治時代に至るわずか数十年でちょんまげの国から大艦隊の国へとのし上がれたのである。 その時代は国民皆保険だの皆年金だの失業保険だのといった制度は無かったし必要も無かったのである。

 

個人主義というかどうかは別として、個人が政府からあれこれ指図されずに自由に生きるということは、同時に責任を持つということに他ならない。 人は動物と違って一匹では生きられないから家族がある。 人が困れば家族が面倒を見る。 お互いに助け合う。 家族も近所も助け合う。 政府が全然関係ない人達から税金を取り立てて「財源確保」する必要などない。 個人を育むのは自分自身であり、家族であり、そして地域社会である。 個人は自分に責任を持ち、そして家族、地域社会も責任を共有する。

 

日本の保守は未だに左翼と右翼の抗争という図式の中に生きている。 左翼を国際主義的全体主義者とするならば、右翼は国粋的全体主義である。 両者は違うカラーを出しながら同じ思想、根っこを共有している。 どちらの方がましか、という問いはスターリンとヒトラー、毛沢東と蒋介石、どちらがましかを選ぶようなもので不毛である。 いずれの側も間違いである。 というよりも、いずれの側も全体主義であり、自由主義によって淘汰されるべきものである。

 

『Ameritopia』読了

  • 2012.03.06 Tuesday
  • 02:00
 

アメリカ保守言論界の重鎮マーク・レヴィンによる『Liberty and Tyranny』に続く大著『Ameritopia』を読了した。 これはアメリカ人への警告の書である。  これ以上アメリカの破壊を許してはならないという警告である。 しかしその内容は決してアメリカだけの問題を語ったものではない。 我々日本人と日本社会も共通した病理を抱えている。 ヨーロッパやアジア諸国も同様である。 これは世界の人間が読むべき重大な書である。

 

建国の理念を喪失してしまったアメリカ、憲法の精神を失ってしまったアメリカ、ユートピア的変質を遂げたアメリカ、それがアメリトピアである。 アメリカ合衆国はヨーロッパから宗教の自由を求めてやってきたキリスト教徒を中心にして、神からあたえられた個人の尊厳を守ることを目的につくられた国である。 その根幹にあるのは独立宣言であり社会を束ねてきたのが憲法である。 しかし強固な個人主義と宗教的道徳に基づく自由を基礎とした社会にも、いつの間にか全体主義の思想が忍び込み、侵食し、それが大手を振るってのし歩くようになった。 もう、アメリカはかつてのアメリカではなくなってしまった。 アメリカはユートピア思想という全体主義に汚染された「アメリトピア」になりつつある。

 

人間の歴史はその多くが圧政と暴力の連続であった。 今尚この世界はその大半が抑圧と惨めさに支配されている。 個人が尊厳を持ち、自由に発言し、行動し、富を得る社会はいまだもって少数派である。 そしてそのような社会にも全体主義の魔の手が広がりつつある。 しかし人々はその危機を認識しようとしない。 それどころか、進んで全体主義を受け入れようとさえしている。

 

なぜこのようなこのような事態が展開されているのか。 そもそも我々の社会を蝕む全体主義思想はどこからやってきたものなのか。 なぜこの恐るべき思想は、にも関わらず人々を魅了し、虜にし、麻痺させ、狂気へと駆り立てるのか。 その問いに対する答えを歴史に求めたのがこの書である。 答えを求める旅は遥か紀元前に遡る。 プラトンの『共和国』、トマス・モアの『ユートピア』、トマス・ホッブスの『リバイアサン』、そしてカール・マルクスの『共産党宣言』へと至る。 彼らの思想に共通して流れるのは「利己主義と無秩序と暴力は人間の性であり、社会の安定のためには国家による徹底した統制と管理が必要である」という考えである。

 

プラトンからマルクスに至る一連の全体主義の流れがに対するもう一方の啓蒙主義の流れがジョン・ロックから始まる。 「人間の自然状態は自由と平和と他者との共存である」とするジョン・ロックの思想はアメリカ建国の父達に受け継がれる。 すべての人間は神から侵すべからざる権利を授けられる...生命、自由、そして幸福を追求する権利 小さな政府と三権分立」の生みの親モンテスキューはジョン・ロックの思想を政治原理に高め、建国の父達に知恵を授けた。 その知恵はイギリスからの独立を経て合衆国憲法として形を得る。 独立宣言と合衆国憲法は奴隷制廃止の原動力となった。

 

ジョン・ロックの思想を原点とするアメリカも、アレクシス・ド・トクヴィルが警告した弱さがあった。 そしてその弱さを利用して全体主義、プラトンを起源とするこの思想を持ちこんだのがウッドロー・ウィルソンであり、それを引き継いだのがフランクリン・ルーズベルトであった。 ウィルソンもルーズベルトも建国の父達を過去の遺物とし、憲法を屑同然に扱った。 その間アメリカは大きく変質した。 そしてオバマ政権において、その変質が更に加速しようとしている。

 

プラトン、ホッブス、モア、マルクスの世界は暗く陰鬱である。 個人は個人でなくなり、集団の中の駒に過ぎない。 同一性が求められ、ルールに従わざる者は抹殺される。 強き者だけが生きることを許され、弱き者は自殺を求められる...社会のために、全体のために、国家のために仕事も家も家族も、全てが国家の計画によって決められる。 決めるのは「良識と善意に満ちた」指導者である。 指導者のもとで皆が平等であり、皆幸せである...

 

長大な過去の文献を掘り起し、歴史をたどり、そして現代に繋げる。 これは大変な労力を要する仕事である。 故に読み手にも忍耐と試練を要求する。 「バカでも分かる何とか本」ではない。 二読三読を要する。 既に二回読んだが、正確に全体像を把握するにはあと数回は繰り返す必要はあろう。 その価値はある。 この本は読者に挑戦する。 全体主義の起源と真の姿を直視することを、そして自由の脆さと尊さを知ることを。 この本は読者を新たなる知の道へと導く。 自由とは何か、平等とは何か、労働とは、財産とは、権利とは道は長い。

 

 

Ameritopia: The Unmaking of America

http://www.youtube.com/watch?v=vWyKyYf85_Q

 

The Left Oozes of Greed and Envy

http://www.youtube.com/watch?v=DYCatIEKAZc&feature=related

 

Levin: Egalitarianism Creates Hell on Earth

http://www.youtube.com/watch?v=17AMF-iK8iU&feature=related

 

Levin: Utopians Must Destroy the Family

http://www.youtube.com/watch?v=m_Y-Sph4S7g&feature=related

 

The Republican Party Has Ceased To be Conservative

http://www.youtube.com/watch?v=6ugPknsJVJA&feature=related

 

Mark Levin: Republican Leaders Are Feckless

http://www.youtube.com/watch?v=Y3QhAmRHdgg&feature=related

ウォール街の抗議デモは左翼運動

  • 2011.10.07 Friday
  • 01:35
 

ウォール街のデモは典型的な左翼運動である。 暴力的でありヒステリックであり非文明的であり自己中心的である。 このデモとティーパーティー(茶会党)の集会を対比させると両者の違いが明確に見えてくる。 ティーパーティー(茶会党)は保守の運動であり、アメリカ建国の原理原則、憲法の精神に立ち戻ろうという運動である。 その集会は秩序と文明的な行動を重んじ、伝統的な価値観、活力ある経済、そして国の威信を守る強い外交を取り戻すことを目的とする。 ティーパーティー(茶会党)の集会の会場は、人々が集まって来た時よりも去る時の方がきれいになっているという。 伝統的な日本人の気質にも通じる公共心がある。

 

ウォール街のデモはどうか。 小汚い恰好をした小汚い者どもが断片的な罵詈雑言を叫びたてて道路を占拠し、行き交う人々の交通を邪魔している。 真面目な議論や筋の通った論理を展開するでもなく。 寝袋やら布団やらぼろ布やらにくるまって寝ころんでいる。 目を覆うばかりの醜悪さである。 ロンドンの暴動でもそうだったが、単なる集団ヒステリーである。 文明の「ぶ」の字も無い。

 

彼らの主張する「13項目の要求」なるものがある(13以上あるが)。 曰く「生活できる給料を出せ。 雇用に関係なく収入を保証しろ。 自由貿易をやめて産業を保護しろ。 最低賃金上げろ。 国民皆保険を導入しろ。 大学の授業料をタダにしろ。 化石燃料もうやめろ。 公共事業を兆単位(ドル)でやれ。 エコ事業を兆単位(ドル)でやれ。 原発全廃しろ。 人種・性別の平等。 国境の開放。 紙ベースの選挙。 全世界におけるあらゆる債務の帳消し。 信用調査機関の廃止。 完全労働組合化」 こんなところである。 マルクス・レーニン主義を現代化したような感じである。 語る価値の無い主張である。

 

さて、そんな彼らを例の如く指示するのはこれまた筋金入りの左翼どもである。 マイケル・ムーア(映画監督)、ノーム・チョムスキー(MIT教授)、スーザン・サランドン(俳優)、レイチェル・マドウやキース・オルバーマンといったMSNBCのキャスター。 それからCNN。 CNN Japanでは「中東のアラブの春にならって市民主導の改革を促そうと企画された」などという馬鹿げた表現で伝えられている。 

 

警察の仕事は市民が安心して生活できるように治安を維持することである。 だから、ニューヨーク警察がデモ集団をどれほどこっぴどく叩こうが一向に問題無いのである。 You-Tubeを見ると「警察の暴力」だのといった題名でこれでもかと動画が投稿されている。仰々しいタイトルなので見てみると、これが全く大したことない。 別に鉄パイプで殴るわけでもないし銃砲を浴びせるわけでもない。 暴力的なゴロツキをぶん投げたり小突いたりしているだけである。 大変に優しい扱いをしている。 優しすぎるくらいである。

 

左翼はいつになっても左翼である。 どこへ行っても左翼である。 成長しない、成熟しない、学ばない。 これが時代を経ても変わることのない左翼の特徴である。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM