幸福実現党・日本でたった一つのまともな党

  • 2012.02.25 Saturday
  • 17:53
 

幸福実現党という政党のことはあまり知らなかったが、日本にもこれだけまともなことを主張する政党があったとは驚きである。 かねてより総裁の大川隆法氏や幸福の科学に対して「怪しげな新興宗教の一派」という偏見を持っていたことは確かである。 しかし党の綱領や政策を詳らかに見る限りでは実に正しいことを述べている。 

 

意見を異にする部分はある。 憲法9条改正などはその一つである。 別に平和憲法の平和条項を維持せよ、という意味ではない。 日本国憲法の問題は9条だけではないということである。 この憲法はもともとがGHQの青二才が左翼的な理想主義に基づいて勝手に組み立てたものである。 日本の歴史や伝統に基づいて日本人の手によって組み立てられたものではない。 しかも日本が占領下の状態で作られたものである。 渡部昇一氏が言うように、無効な憲法である。 従ってそれを「改正」すれば、それの「正当性」を確固たるものにする、ということに他ならない。 それは問題である。

 

それと、いじめ防止法、という考え方。 いじめは問題である。 だから法律で禁じる、と。 第一に法律というのは最小限であるべきである。 第二に「いじめ」というものは有史以来どの世界においても存在するものである。 これは問題というよりも「事実」ととらえられるべきものである。 「問題」なのは、いじめを受け、苦しむ子供がいるにも関わらず、その状況がほったらかしにされ、救いの手が差し伸べられず、保護の手が差し伸べられず、希望を失い、自殺したり生涯にわたって精神的な傷を負う子供がいるということである。 法律など作ったところで陰にまわって陰湿化するだけであり、解決にはならない。 解決は簡単である。 先生が自身の裁量で自由に暴力を振るえるように余計な法律を撤廃すればよいだけのことである。 そうすれば先生はやる気を出し、徹底的にいじめと戦えるようになる。 いじめは多少は残るだろうが、いじめられる側の行き場無き無力感は解決されるはずである。

 

彼らの提唱する新憲法案を一部取り上げて論評してみる。

 

一、憲法9条改正による「毅然とした国家」

日本に「国家の気概」を取り戻し、憲法9条を改正し、国家の防衛権を定めます。国民の生命・財産・安全を護り、他国に悪を犯させない「毅然とした国家」を築きます。

 

考え方として悪いとは言わないが、上で述べたとおり、問題は9条だけではない。 ほとんど全部である。 特に25条。 『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する』 ではヘビースモーカー、ヘビードリンカー、パチンコ漬け、テレビ漬けの人間はどうすればよいのだ。 我々が面倒をみるのか。 そういう条文である。

 

二、大統領制による「機動的で責任ある政治」

民意を反映した機動的な国家運営を実現すべく、大統領制を導入します。大統領が国家元首としての政治責任を果たします。天皇制は古来の伝統である文化的象徴として維持・継承されます。

 

現在までの歴史で最もうまく機能しているのはアメリカの大統領制である。 同時に、日本を特徴づけているのは世界にも類の無い長大なる歴史的継続性である。 そしてその歴史的継続性を象徴しているのは天皇の存在である。 天皇制が途切れるとき。 それは日本の歴史が途切れる瞬間である。 従って、日本が日本であり続けるためには天皇制は守らなくてはならない。

 

日本の良いところは他国の良い部分や成功しているものを忌憚なく取り入れ、改良し、自分のものとしてしまう柔軟さを持ちつつも、自身の良き部分はしっかりと残す芯の強さである。 大統領制を導入すれば天皇制は自動的に無くなる、と馬鹿の一つ覚えのように繰り返すのではなく、かけがえのない象徴を守りつつ、いかにより良き制度を取り入れるか、を考えなければならない。

 

三、宗教をバックボーンとした「真なる教育改革」

公教育に普遍的な宗教教育や徳育を取り入れ、学校からいじめを追放します。学力低下をもたらす「ゆとり教育」を完全に転換し、国際競争力を有する公教育を目指します。

 

いじめのことは先ほど述べたとおりだが、ゆとり教育についてはその通りである。 教育の現場に宗教をバックボーンとした道徳教育を導入する考えは良い。 普遍的な宗教の教えを基礎としなければ、道徳教育は単なる左翼プロパガンダ刷り込みの洗脳の場となるだけである。

 

五、民間の助け合いを促す「未来の社会保障」

年金・医療等の国家による社会保障の行き詰まりは、社会主義的システムの限界を表しています。家族や地域、公益法人等の「民間による社会保障」を活性化、拡充します。

 

「社会主義的システムの限界」とは正にその通り。 社会保障というのは社会が行うものである。 社会とは政府のことではない。 個人個人のことである。 個人がしっかり自分の人生の保障を考え、そして政府が余計なお膳立てや規制をしなければ、そこには自然と「ニーズ」が生じる。 その「ニーズ」が自然と「市場」となる。 そして「市場」には金の流れが出来る。 財源は!!?? などと騒ぐ必要は無くなるのである。

 

八、世界の経済・金融・文化の中枢となる「世界に開かれた日本」

経済的、文化的な「鎖国」状態を開放し、世界から人・物・資金・技術・知識が集まる世界の経済・金融・文化の中枢を形成し、地球規模での「繁栄の循環」を構想します。

 

日本が世界一税金が安く、世界一規制が少なく、世界一金儲けがしやすい国になったならば、世界から起業精神あふれた者たちがやってくる。 彼らは土地を買い、会社や工場を建て、商売を始める。 一つの商売には川上と川下がある。 それぞれに需要と供給が生まれる。 それぞれに雇用が生まれる。 それぞれに収入が生まれる。 彼らは日本人の企業精神も刺激する。 経済は活性化し、国は活気で漲る。 良いことづくめである。

 

自民党、民主党、社会党 ダメ政党だらけの日本において、幸福実現党はたった一つのまともな党である。

 

チャンネル桜

1/12【討論!】激論!!幸福実現党と新憲法草案[H21/7/10]

http://www.youtube.com/watch?v=thBqvvnb9Yo&feature=player_embedded

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM