英国、欧州連合離脱を祝う

  • 2016.06.25 Saturday
  • 22:29


英国が欧州連合離脱を決定。

日本での反応を見ると、やれ株価下落や円高に振れたことを憂えたり(自国の貨幣価値の上昇を悲しむのは不思議な習性である)、やれ「そのうちにリーマンショック級の衝撃が来る」と言った安倍首相の「予言力」を褒め称えるなど、かなり頓珍漢なものが多いが、この機に英国の決定の意味を理解することは重要である。

端的に言えば英国は停滞と後退と閉鎖と隷属を拒否し、発展と前進と開放と自主独立を選択したのである。英国は自由を求める人々全てが向かうべき方向性を示したのである。

欧州連合とはそもそも何なのか、それを理解するに役立つドキュメンタリーを見つけた。

BREXIT THE MOVIE FULL FILM



欧州連合とは専制のシステムである。ブリュッセルの本部から欧州連合を支配するのは選挙で選ばれたわけでもなく、説明責任もない一握りのエリート官僚たちである。人々は彼らが誰なのかも、何をしているのかも知らない。

本来「法」とは人々から信任を得た政治家が人々を代表してつくるものである。だが彼ら欧州連合の官僚たちは密室で議論しながら次から次へと規制を作り出す。規制の目的は欧州連合域内の産業保護である。保護される産業と保護を与える官僚が手を握り合っているわけである。

大企業は規制をこよなく愛する。なぜならば彼らは法律家を雇ってロビー活動をする財力があり、官僚と結託してつくる彼らにとって都合のよい規制で有象無象の競争相手を排除できるからである。

欧州連合のエリート官僚は愚劣な規制を山のように作り出す。人々は朝起きて夜寝るまで彼らの何千・何万・何十万もの規制をくぐりぬけるわけである。

以下は規制の数の一例である。

まくらカバー:5
まくら:109
目覚まし時計:409
掛け布団:10
敷布団:39
浴槽:65
歯ブラシ:31
歯磨きペースト:47
鏡:172
シャワー:91
シャンプー:118
タオル:454
パン:246
トースター:52
冷蔵庫:84
牛乳:12,653
陶器:99
スプーン:210
コーヒー:625

関税や輸入枠は目に見える貿易障壁であるが、規制は見えにくい障壁である。欧州連合においてはこの規制が増える一方なのである。

この別の記事によれば、強力なヘアドライヤーは「エコじゃないから」禁止にされようとしており、バナナはまっすぐではないとダメで、紅茶等のティーバッグは廃棄できないのだとか。

下のこの図は欧州連合の本質を表している。英国はこの壁から脱出することを決意したのである。



かつて戦後の英国は社会主義そのものであった。国内の産業は全てが規制でがんじがらめで経済は停滞した。一方戦後のドイツは強力に規制撤廃を推し進めて繁栄した。だが皮肉なことに英国の社会主義化を進めた張本人の一人(ジャン・モネ)は欧州に移り、当時はドイツをはじめ英国よりも自由と活気に溢れていた欧州の社会主義化(欧州連合設立)を推し進めた。

英国が欧州連合を離脱して得るのは欧州連合のメンバーとしては得られなかった市場である。一方失うのは衰退する欧州連合がらみの市場である。得るものは大きく、失うものは小さい。

英国の欧州連合離脱が世界経済にリーマンショック級の衝撃を与える、など冗談も甚だしい。

スイスは欧州の中心だが欧州連合加盟国ではない。この国は世界でも最も規制の少ない国の一つであり、同時に最も豊かな国の一つである。彼らは自由貿易を重んじて輸入障壁を下げ、そのかわりにモノの豊かさと経済の活性化という恩恵を享受している。

英国民は賢明であった。彼らは正しい方向性を選択した。

この素晴らしい出来事を、自由と繁栄を追求する人間の一人として祝福したい。


追記:
欧州連合は保護主義であるだけでなく、反ユダヤ主義である。彼らはイスラエルの領土であるいわゆる「入植地」原産の産品について特別に表示することを義務付けている。この目的はイスラエル・ボイコットである。

日本はこの流れに乗って国連を脱退すべしである。中国やロシアが常任理事国をつとめ、 イスラム諸国代表が人権委員会をつとめる国連は悪の巣窟である。アメリカ、イギリス、イスラエル等と自由の連合をつくるべしである。

「極右」- 左翼の捏造したフィクション

  • 2011.08.14 Sunday
  • 12:49
 

「極右勢力」という言葉がある。 特にノルウェーの事件以来盛んにメディアに登場する。 また、アメリカの選挙戦を語るブログにはミシェル・バックマンやサラ・ペイリンを「極右」と呼ぶもの知らずがいる。 

 

「極右」とは何か。 これは左翼の作り出したフィクション、作り物、捏造に他ならない。 「極右」すなわち、「右過ぎる」などということは論理的にあり得ない。 なぜかというと、右とはすなわちRightであり、Rightとはすなわち正しいということだからだ。 

 

正しいというのは良いことであり、役に立つということである。 「過ぎる」ということは「過ぎたるは及ばざるがごとし」というように、過度にありすぎて悪いということである。 例えばビタミンAは適量の摂取は良いが過ぎれば害になるというように。 だから、「極右」という言葉は「正し過ぎる」となり、互いに矛盾する。 論理的にあり得ない。 存在し得ない。 すなわち架空である。

 

では何故「極右」なる言葉が発明されたのか。 一つは左翼が右翼すなわち保守に対して汚名を着せるためである。 二つ目は左翼同士がけんかするときにお互いを貶めるためである。 スターリンはヒットラーをファシストと呼んだ。 ファシストは極右と呼ばれた。 メディアはファシズムは共産主義の対極という考えを繰り返し民衆に刷り込む。 左翼メディアは共産主義を美化し、それの対極としてファシズムを取り上げる。

 

スターリン、ヒットラー、ムッソリーニ、それとフランクリン・ルーズベルトは精神的兄弟であったというのが事実である。 なぜかというと、彼らは共通して大きな政府による民衆の支配、すなわち社会主義の実現を目指したからだ。 スターリンが国際的な拡大主義で、ヒットラーがゲルマン民族主義だった、ヒットラーは反ユダヤだったがムッソリーニはそうでなかった、という違いがあるくらいである。 もしくはファシズム、国家社会主義、共産主義、ニューディールという似た思想の名前の違いがあるくらいである。  上に挙げた誰もが独裁的で反民主主義であったことは事実である。 Jonah Goldberg"Liberal Fascism"にこれらの思想が同じ起源を共有していることが克明に記されている。

 

ノルウェーの事件の犯人は非常に錯乱した考えの持ち主である。 無実の人間を殺すという行為を正当化したいために反イスラム主義者、アメリカ建国の父、現在の保守論者といった人々の言葉や意見をつぎはぎしてフェイスブックに投稿したそうだが、あちこちからの考えや言葉を文脈を無視して引っ張ってくるという行為は極めて左翼的な行為であり、保守の行為ではない。 故に、この犯人を「保守」と結びつけるのは欺瞞以外の何物でもない。

 

左翼の言説は100%、全てが誤りである。 歴史的にそれは証明されている。 保守の言説は正しい。 それも歴史的に証明されている。 何故100%と言えないかというと、保守と言ってもそれぞれが違う意見を持ち、互いに意見を異にするからである。 保守というのはバランスである。 それは言論の自由であり、経済の自由であり、規律であり、国家が制限された中で役割を果たすことである。 

 

右へ行けば行くほどバランスが取れ、社会は良くなり、経済は活発化し、治安は良くなり、国は繁栄する。 だから、「行き過ぎる」ということはあり得ない。 行けば行くほど良い。 その反面、左に行けば行くほどバランスは崩れ、社会は瓦解し、経済は落ち込み、治安は悪化し、国は衰退する。 だから、行けば行くほど悪い。

 

中道派というのは左翼の悪い部分を半分含んでいて、それでいてバランスが取れているような顔をするたちの悪い存在である。 左翼は保守の作り出した良き社会に寄生しつつ毒をばら撒く存在である。 極左は自身が寄生する社会をも破壊しようとするテロリストである。

 

「極右」なる言葉、それは低劣なフィクションである。

ノルウェー

  • 2011.07.24 Sunday
  • 14:08
 

ノルウェーで起きた爆発テロと射殺事件が「右翼的で保守的で反イスラム的で国粋的でキリスト教原理主義的な」人物の仕業と言われている。 これは嘘である。 これは間違いであるだけでなく、意図的なウソ偽りである。 

 

なぜそう言えるのか。 新聞に書いてある以上の情報は何もない。 何の裏情報もない。 情報など必要無い。 フェイスブックの書き込みが「国粋的」だったらしいが、そんなものは関係ない。 大事なのは何をしたかである。 常識さえあれば一瞬で分かるのである。

 

容疑者が両方の犯人であるとして、この人間のとった行動は非常に左翼的である。 全く右翼的で保守的で敬虔な行動ではない。 無実の人間を無差別に殺すという行動は歴史的にみて左翼的である。 実際は左翼などという言葉を使う必要も無い。 単なるいかれた人間のいかれた行動である。 いかれた人間がフェイスブックに何を書こうが、それに政治的意味を持たせて何の意味があるのか。 もっとも、左翼そのものがいかれた思想であるから両者には大した違いがないともいえるが。

 

それを「右翼的」などと言うのは正しく左翼の意図的な意識操作に他ならない。 このような悲劇をも政治的に利用する左翼とは、なんと醜い存在であろうか。 

 

"You never want a serious crisis to go to waste. And what I mean by that is an opportunity to do things you think you could not do before." Rahm Emanuelという左翼の言葉は左翼の本質を正言い当てている。 左翼はこの言葉のとおり、何でも利用できるものを利用する。 危機こそ最大限のチャンスである。 悲劇もチャンスである。

 

死傷者の冥福と回復を祈る。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM