親米保守・反米保守

  • 2012.03.11 Sunday
  • 22:39
 

日本における保守言論界を見ていると不思議な言葉が飛び交っている。 それはこの人は親米保守だ、あの人は反米保守だ、というような言葉である。 簡単に言うと、幼稚である。 その言葉を発する人間の単細胞ぶりが見て取れる。 聞いていると悲しくなってくる。 馬鹿馬鹿しくなってくる。 情けなくなってくる。 そういう言葉である。

 

親米だの反米だのって、その米はどこの米だ? カリフォルニア米とフロリダ米は違うのである。 大東亜戦争で日本が戦ったのはどの米なのか。 日本が戦ったのは共産主義、そして共産主義のシンパであるフランクリン・ルーズベルトである。 ルーズベルトの前の共和党のフーバーは言ってみれば今のロムニーのようなものでビジネスマンであった。 民間でビジネス経験あり、ということで期待されて政権を取ったがいかんせん「穏健派」であったため不幸なホーリー・スムート法という保護貿易法の成立を許してしまった。 その法案によって世界はブロック経済化し、貿易が阻害され、世界的不況に陥った。 ルーズベルトはその間違いを正すどころか社会主義的な政策を連発して大不況を延々と長引かた。 その一方ヨーロッパでナチスを放置する傍らアジアで日本への嫌がらせをし、遂に日本が自衛の戦争をせざるを得ない状況へ事態をエスカレートさせた。 戦後も共和党は親日、民主党は親中反日という傾向があるが、歴史的な背景を見れば当然といえば当然である。

 

アメリカというのは複雑な国であり、多様性のある国である。 誰かの思想を表現するのに、他人の国を引き合いに出して単純化して反対か賛成かに分けてそれを基にするなど、あまりに単純な行為である。 ラーメンは日本の料理か、中国の料理か、に対する考えを思想信条の拠り所にするようなものである。 アメリカが奴隷制度を廃止したこと、国旗国歌を大切にする伝統を守っていること、宗教に寛容で信教の自由を守る事に熱心であること、に対しては大いに賛意を示すべきである。 同時に、孤立主義・保護貿易に走った過去、日本人排斥や日本サボタージュを行った事、広島・長崎大虐殺を行った事(日本の南京での行為が『大虐殺』であるならアメリカの行為はなんと表現したらよいのか想像すらつかない)、ベトナムやカンボジアの共産化を許した事には大いに非難するべきである。 それらに全部賛成あるいは反対などということはあり得ない。 故に、親米も反米も、言葉のフィクションに他ならない。 それどころか、反米保守という肩書を自認するようであれば、それはもはや保守ではない。 なぜならば、「偏見と無知」は「保守主義」とは相容れないからである。

 

アメリカには「レーガン保守」「ゴールドウォーター保守」「憲法保守」「自由市場保守」「ネオ保守」「社会保守」といった言葉は使われるが「親日保守」だの「新イスラエル保守」だの「反ロシア保守」だの「親中保守(キッシンジャー?)」などといった言葉は無い。 だから余計に日本における保守の表現に違和感を覚える。 保守というのは読んで字の如く、保ち守ることである。 何を保ち守るのかと言えば、それは国、民族の良き伝統であり、文化であり、習慣である。 それは別に他国のものは良きも悪しきも排除する、という意味ではない。 特に日本の良いところは他国の良い部分を巧みに取り入れることである。 それは特に伝統的に日本の強みである。 だから、それを含めて保ち守らねばならないのである。

 

他国の良いもの。 それはエドマンド・バークであったりオーストリア学派であったりハイエクであったりフリードマンであったりレーガンであったりするのだろうが、それらを取り入れるのは親米だからでも反米だからでもなく、ただ良きものを保ち守るための知恵を欲するからである。 知を求めるのは保守の性質である。 それは日本であろうがアメリカであろうが、どこであろうが同じである。 親米だ反米だなどと言っているうちは日本に成熟した保守の土壌が生まれるこをと期待することは出来ない。 これが日本の保守の限界であり、将来に向けての課題である。

コメント
貴方の保守は何でしょうか?
今や日本の貿易の75%はロシア様を中心とするユーラシア大陸で、後の15%は豪州とNZからそしてアメリカ合衆国の貿易は5%にも満たないのが現状です。
Банкротство в США.
ダメポチなんて保守でもないただのアホばかりです。
Обналичить останвки в США доллер и евро.
米ドルとユーロはは紙屑同然ですな。
  • СВРの連合
  • 2015/11/15 12:38 PM
CBPの連合?なんだそれは?馬鹿者め。しばらく晒して削除だ。
  • CBJ
  • 2015/11/15 5:03 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM