靖国参拝、そして不買運動に怯えるビジネスマン

  • 2013.12.31 Tuesday
  • 23:04
 

安倍総理の靖国神社参拝について、中国に進出しているある大手メーカー幹部は「不買運動が再燃すれば現地スタッフの努力が水の泡になる。 なぜ政治は不用意に波風を立てるのか」と不満をぶちまけたそうな。

 

ビジネスと政治を両方できる人物は稀有である ビジネスマンというのは非常に臆病な性質を持っている。 弱い相手には強く、強い相手には弱い。 信念信条、原理原則よりもリスク軽減を優先させる。 これは批判ではなくてビジネスの本来的性質であり、事実の描写である。

 

ビジネスの目的は利潤を生むことである。 組織の存続と従業員の生活のためにである そのために顧客要求、社会情勢、法規制、あらゆる状況の変化に柔軟かつ迅速に対応しなければならない。

 

政治は逆である。 政治の目的は利潤を生むことではない。 時の政権の関係者の懐を温めることでもなければ気まぐれな国民をあの手この手で喜ばせることでもない。 政治の目的国民を守ることである 国民を外敵から守るために政治は国家の威信を維持しなければならない。 国家の威信を維持するために政治は原理原則を死守しなければならない。 たとえそれが一部のビジネスと利害が相反しても、である。

 

中国に進出している企業の幹部にとっては首相の靖国参拝は鬱陶しいだけかもしれない。 現地の顧客や政府関係者から嫌味を言われるたびに苦笑いでご機嫌をとりつつはぐらかさなければならないのかもしれない。 彼らの愛国心が足りないのかとえば、必ずしもそうではない。 如何なる人物であろうとも、同じ立場に置かれればそうせざるを得ないはずである。 誠に同情を禁じえない。

 

だが、中国に進出している企業が日本の経済を代表しているわけではない。 彼らは日本経済の一部の一部である。漁師、百姓、大工、左官屋、飛脚、食堂、花屋、呉服屋、よろず屋、工場、医者、技師、その他あらゆる仕事がビジネスであり、日本経済の構成員である。

 

国家の威信は国民の生命と安全と経済活動を守る砦である。 一言でいえば、「あの国の国民に手を出したら後が怖い」と敵性国家や敵性集団(テロ集団など)に思わせることである。 その国の元首・代表が自国の英霊が眠る場所を訪問するに他国を慮る国に威信もへったくれも無いのは言うまでもない。 たとえアメリカという後ろ盾があるとしても、それは虎の威を借りているだけである。 そのアメリカの威信にしてもオバマ政権下で失墜している。 いまやアメリカを本気で頼ろうなどという国は無きに等しい。

 

自国の砦をまもろうとすれば、それは敵性国家からすれば敵対行為に他ならない。 逆に自国を貶め売り渡す行為は敵性国家からすれば「友好的行為」となる。

 

不買運動を起こさせないようにと思えば「友好的行為」をエスカレートせざるを得ない。 敵性国家というものは難儀なもので、エスカレートしない「友好的行為」は「友好的姿勢の減退」と見なす癖がある

 

威を借りてきた遠方のの威信が低下し近隣の敵性国家と対峙せざるを得ない今こそ政治家の信念が問われている。 世界最古のわが国の威信を守ることの重要性に比べれば、ある企業に対する不買運動が再燃しようが、ある企業の現地スタッフの努力が水の泡になろうが、気の毒なことではあるが、それらは空気を舞う塵程度の意味しかないのである。

 

 

追記:

世界最古の歴史と国家の威信と我々の生活に何の関係があるのか。 関係があるだけでなく、これらは不可分である。 これは掘り下げたいテーマである。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM