ケネディ駐日大使へメッセージ

  • 2014.01.27 Monday
  • 00:05
 

キャロライン・ケネディという駐日大使は実に癇に障る女である。 大使などという要職に就くガラではない。 常識を学んでから出直してきたほうがよい。 いや、金輪際出直してこなくてよい。

 

来日して以来のケネディ女史の行動はどれもお粗末である。 皇居での式典に正装で臨まなかったり、安倍総理の靖国参拝に対して「失望の意」を表してみたりと傲岸不遜な顔をのぞかせていたが、イルカ漁についてツイッターで懸念を呟くとは無礼も極まれりである。

 

 

ケネディ家というのは不道徳と退廃の一族である。 93年にエイズで死んだ両刀使いのバレーダンサー、ルドルフ・ヌレエフはジョン・ケネディ大統領夫人、ジャクリーンと不倫するだけでなく、なんとジョン・ケネディの弟のRFKともホモな関係を持っていたことが暴露された。 電話ブースでお互いを弄る現場を目撃されたのだとか。 ケネディ家は日本ではアメリカ東部の名門などと言われているが、とんでもないことで、Low-Lifeという形容がぴったりの下司な成り上がりである。 そのケネディの小娘が日本の漁業に文句をつけるとは笑止千万である。

 

ケネディ家は代々民主党である。 彼らにとって、イルカ漁は「非人道的」である一方、アメリカ国民から世界で最も発展した医療を奪う行為(オバマケア)は「人道的」行為なのである。 彼らにとって、イルカ漁は「非人道的」である一方、同盟国イスラエルにユダヤ人を無差別殺傷したテロリストを釈放することを強要することは「人道的」行為なのである。 彼らにとって、イルカ漁は「非人道的」である一方、リビア・ベンガジの領事館員を見殺しにすることは「人道的」行為なのである。

 

オバマ大統領はキャロライン・ケネディという頭が軽くかつ意地の悪い女を我が国日本に送り込んだ。 これがオバマ大統領の我々に対する態度である。

 

キャロライン・ケネディ駐日大使に言いたい。 イルカの刺身を食えと。 食わないなら帰れと。 なぜならば、駐日大使として赴任したからには日本の文化を尊重するのが義務であり、それを汚したからにはイルカの刺身を食って「美味い!」と言う以外に傷を修復する手段は無いからである。

コメント
う〜ん 全面的に支持!

牛豚カンガルーは食べていいけど鯨イルカはダメだなんて
不遜もいいところ。

本当に腹立ちますよね。
  • 侏儒
  • 2014/02/06 5:21 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM