チェ・ゲバラ 情報化時代の無知と無恥

  • 2014.03.02 Sunday
  • 23:30
 

情報化時代にあってもなお、無知というものは相変わらず存在するものである。

 

昔、チェ・ゲバラという男がいた。 この人物の肖像は日本でも世界中のほとんどあらゆる国々で見ることができる。 Tシャツ、バッグ、マグカップ、車のステッカーいまや商品デザインの一部となっている。

 

 

なぜこの男の顔はこれほどまでに色々な場所で目につくのか。 それはほとんどの人間がこの男の素顔を知らないからである。 あるいは、左翼メディア、左翼思想家、左翼文芸家の描写を鵜呑みにして洗脳されているのである。

 

チェ・ゲバラは共産主義者であり、冷血な殺人鬼であり、凶悪なテロリストであった。

 

共産主義者、カストロの右腕としてゲリラを指揮してキューバの共産革命をもたらした。 その後はラ・カバーニャという収容所の長となり、156550名もの政治犯の処刑を指示した。 処刑を指示するだけでは足らず、この男はそれを自ら見物していた。 政治犯というのは共産革命に同調しない人間のことであるが、単純にゲバラが嫌いだった人間も含まれる。 この収容所には2000人もの人々が収監され、ゲバラの命令によって約600名が銃殺された。

 

19621117日、 エドガー・フーバーが長官を務めるFBIはキューバの工作員によるテロ計画を察知した。 ニューヨークのメイシーズ、ギンベルズ、ブルーミングデールズ、マンハッタンのグランド・セントラル・ターミナルといった買い物客でごった返す場所に合計500キロものダイナマイトを仕掛け、感謝祭の買い物客が大勢集まる日を狙って同時多発爆発を起こす、という計画であった。 捜査官によって実際に手りゅう弾や爆破装置が発見され、この計画は未然に防がれた。 もしもこの計画が成功していたならば、9.11など霞むほどの死者(女性、子供が主)が出ていたであろうことは間違いない。  このテロ計画を遂行したのは他でもなくフィデル・カストロとチェ・ゲバラであった。

 

キューバはもともと豊かな国であった。 だがカストロが共産主義を持ち込んだ後はガラクタの国となり下がった。 チェ・ゲバラが助けたカストロ政権によって、6百万以上のキューバ人が財産を奪われ、全人口の20%もの人々がフロリダに向けてサメがうよつく海をボートで漕ぎ渡ることを余儀なくされた(多くが波にさらわれてサメの餌になった)。

 

スターリン、ヒトラー、毛沢東、金日成、金正日、キムジョンウン、ビン・ラディンの肖像をTシャツにプリントする者があろうか。 テルアビブ空港乱射事件を起こした日本赤軍や、あさま山荘事件を起こした連合赤軍の面々の顔をTシャツにプリントする者があろうか。 オウム真理教の麻原彰晃や上祐や村井の顔をTシャツにプリントする者があろうか。

 

チェ・ゲバラはせいぜいこのように扱われるのが適当である。

 

 

無知とは、悲しいものである。

無知とは、恥ずかしいものである。

無知とは無恥である。

追記: 

この凶悪な殺人者を「英雄」として描くハリウッド。 ハリウッド映画の倒錯した精神性が窺い知れる。

スティーブン・ソダーバーグ監督、ベニチオ・デル・トロ主演 『チェ・28歳の革命 39歳・別れの手紙』  予告編


 

 

参考:

Che Guevara - Don't wear his t-shirt, don't idolise a commie murderer

Che Guevara and Liberal's Love Affair with Terrorism and Terrorists

Hollywood's Sick Love Affair with Che Guevara MURDERER

New York Honors Che Guevara with Statue  Freerepublic

So When did the Cuban Missile Crisis become Kennedy’s “Victory?”  Freerepublic

 

コメント
貴ブログを読むと勉強になりますのでいつも拝見しております。さて、チェ・ゲバラについてですが、毛沢東や金日成も革命家のはずなのに何故彼だけが持ち上げられているのか僕には分かりません。もしかしたら前者2人に比べ幾分ハンサムだからなのかもしれません(笑)
それと彼はあの世で自分が資本主義社会の金儲けの道具になっているのをどう思っているかも気になるところであります。
  • West
  • 2014/03/04 12:31 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2014/03/04 1:33 PM
West様 ありがとうございます。 共産主義者は貪欲ですから、さぞかしよろこんでるんじゃないでしょうか。 これからもよろしくお願いします。
  • CBJ
  • 2014/03/04 3:22 PM
死んだからですよ。死んだから伝説になった。生きていればカストロです。正体がバレル
  • 自由潮流
  • 2014/03/05 1:02 AM
自由潮流様、それはありますね。 ジョン・ケネディともある意味共通するものがある。 キューバ危機にしても、ケネディ政権の失策があたかも偉業であるかのように映画にもなって。 若くして暗殺されたことが偶像化を生んだのでしょう。
  • CBJ
  • 2014/03/05 1:09 AM
「ノースウッズ作戦」で調べれば、「キューバの工作員によるテロ計画を察知した」というのは米国の仕込だというのが理解できます。
  • tu-ta
  • 2014/11/07 12:37 PM
tu-ta様、「ノースウッド作戦」に言及するのは左翼のみです。どうでもよいことです。キューバ工作員のテロ計画はノースウッド作戦とは無関係です。
  • CBJ
  • 2014/11/08 11:12 AM
チェゲバラはやっぱり悪い人ですよね。洗脳は恐ろしいです。もっと世の中に向けて発信してください!!
  • NKKぷるこ
  • 2016/02/26 6:29 PM
NKKさん、チェ・ゲバラが善人か悪人かの判断ができない人が多いのは困ったことです。
  • CBJ
  • 2016/02/29 11:47 PM
GRACIAS
  • マリオレイノソ メヂィナ
  • 2017/05/15 9:27 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM