敵国ロシアに資源を頼る日本

  • 2014.03.06 Thursday
  • 23:12
 

米ロ緊張、日本企業に不安拡大

『ロシアと欧米の関係悪化は、日本にも響きそうだ。日ロの経済関係は年々強まり、2013年のロシアから日本への輸入総額は2兆3071億円、日本からロシアへの輸出総額は1兆693億円にのぼる。 輸入の8割を占めるのが石油や液化天然ガス(LNG)などの化石燃料だ。東日本大震災後、火力発電用のLNGが大量に必要になり、ロシアからの輸入が急増した。LNG輸入の10%をロシアに頼る東京ガスは「経済制裁が決まれば、どうしても影響が出る。情勢を注視したい」(広報担当者)と気をもむ』  朝日新聞デジタル 3月4日(火)7時5分配信

 

 

日本は敵国ロシアに対してすべきことと完全に逆のことをしている。 「敵に塩を送る」どころか、敵に極上ステーキを送っているようなものだ。

 

東西冷戦時代にロナルド・レーガンはどうやってソ連帝国を潰したか。 レーガンはソ連に対して「軍事的に突撃だー」などとは言わなかった。 レーガンはこう言った。 「ソ連は悪の帝国である」と。 「ゴルバチョフ大統領よ。 壁を壊しなさい」と。 レーガンは経済を自由化して活性させ、社会の富を爆発的に増やした。 そしてその富の一部を軍備増強にまわし、ソ連に軍拡競争を挑んだ。 もともと経済がガタガタのソ連はついていけなくなり、滅亡した。

 

悲しいことに、その後の大統領はレーガンの偉業を食いつぶすだけであった。 結果ロシアは再び強大化しつつある。 昨今のウクライナをめぐる強気な姿勢はその証左である。 2008年の大統領選挙にて副大統領候補として選挙戦を戦ったサラ・ペイリンは現在の状況を既に予見していた。 「オバマが大統領になればロシアはウクライナを攻めるだろう」と。 当時、アメリカの左翼メディア(そしてそれを嬉々として受け売りする能無しの日本の左翼メディア)はさんざペイリン女史を馬鹿にし、こき下ろしたものである。

 

2011年3月の大震災は原発の強靭さを証明した。 他のあらゆる建造物が地震で倒壊し、 津波に押し流された後で残ったのは原発だけであった。 しかし左翼は「放射能の恐怖」をデッチあげて民意を操作し、日本中の原発を停止させてしまった。 その後もさんざ難癖をつけて原発の再開は遅々として進まない。 その結果がこれ、敵国ロシアへのエネルギー依存である。

 

明治時代から我が国を脅かし、日本人婦女子を尼港事件で虐殺し、第二大戦の末期になって我が国を侵略して領土を奪い、大陸にいた我々の祖父達を何十年にも渡って抑留して虐待した憎き敵国であるロシア。 そのロシアから化石燃料を恵んでもらっているわけである。

 

「恵んでもらっているんじゃない、買っているんだ」

 

馬鹿を言えである。 ロシアに重要物資を頼るということは何を意味するか、周辺諸国の運命を見れば言うまでもない。

 

「日本には資源が無い…」それは合言葉のように我々の頭に刷り込まれている。 資源が無いのではない。 資源が活用されていないだけである。 尖閣諸島周辺には日本が自活できる十分な量の石油がある。 だが戦後の「平和的な」政権が中国・韓国の侵略行為に膝を屈してきた結果、日本の企業がそのあたりで資源開発をすることが出来ないだけでなく、中国側から地下資源を吸い取られているのである。

 

効率的でクリーンなだけでなく震災にも強いということが証明された原発を全国に建てる。 尖閣付近から中国を追い払って資源開発を促進する。 自由な資源国家であるカナダのような国と連携を強めつつ圧制の資源国家であるサウジやイランのような国々から離れる。 社会保障を撤廃して財政を健全化させ、税制を軽く単純化して世界中の投資を呼び込む。 経済を自由化して富を爆発的に増大させ、その一部の資金で最新鋭の軍備を固める。 大日本帝国憲法を復活させて自立した国となる。 そうすれば…

 

ロシアの売り物は天然資源である。 天然資源とは、土を掘って取り出したものであり、原料の原料の原料の原料である。 言うまでも無く、限りなく付加価値は低い。 彼らに資源に付加価値をつける能力は無い。 それがあるのは我々である。 我々が自ら原料を調達して付加価値を付けてしまえば彼らの出番は無い。 市場から撤退である。 稼ぎどころがなくなり、それこそヤケになってウォッカでもあおるくらいしか出来まい。 奴らはカネに困れば困るほどウォッカをあおり、ウォッカをあおればあおるほどに早死にする。 このサイクルを加速度的に促進すれば、理論的にロシア民族はこの地球から消えることになる。

 

そこで我々が日露戦争のときの先人のように果敢に打って出れば、そのときには我々の前に敵はあるまい。 樺太の全島を取り返し、ロシア系住民には選挙権の無い二級市民となるか、カネを払って自発的退去を促すかの選択肢を迫る。 いずれにしても消えかかった民族など恐れるにたらずである。

 

唯一つ問題は…

 

我々日本人自身が、消えつつある民族だという事実である。

 

 

追記1:

イスラエルがユダヤ民族の国家としてのアイデンティティーを守ろうとするとき、イスラム系住民の存在が問題となる。 ぶれない信念の持ち主として知られるリクード党のモシェ・フェイグリンはイスラム系住民一人当たり50万ドルを支払う代わりに周辺イスラム教国への移住を促す政策を提唱している。 日本が樺太全島を奪還した際にはこの手法を参考にすればよい。 現在政府が垂れ流している莫大なムダ金に比べればはした金である。

 

追記2:

上記のシナリオどおりになれば、竹島問題など韓国と折衝する必要もなく片付いていることであろう。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM