社会は豊かに、人口が増え、そして地球は安泰である

  • 2014.06.30 Monday
  • 14:44
 

「人口爆発まで残された期間は、あと半世紀しかありません」

 

と、ある学者だか評論家だか知らないが、ネット上で警告を発しているものがいる。

 

メディアというものは、「危機」を餌にして生息する生き物である。 これはメディアを貶めているわけでもなければ非難しているわけでもない。 メディアというものの性質を描写しただけである。

 

メディアは日本の「少子化」を報道し、危機感を煽る。 そして政府はその危機に対して対策を打たなければならない、と示唆する。

 

メディアは世界の「人口爆発」を報道し、危機感を煽る。  そして各国政府はその危機に対して対策を打たなければならない、と示唆する。

 

この世は少子化しており、人口は爆発的に増加している。 このような報道を絶えず目にし、耳にし、人々は混乱と疲れを感じる。 世の中、どうなっているのか、分からなくなる。 どうしたらよいのか、分からなくなる。 考える気力を無くす。 そのうちに、考えることを放棄し、その時その時のメディアが垂れ流す情報を無批判に受け入れるようになる。

 

日本が少子化しているのは事実である。 それが問題なのも事実である。 なぜならば、少子化が続けば、理論的に国民がいなくなるからである。 国民がいなくなれば国家は消滅する。 国家が消滅する過程において、国家は弱体化し、国民の安全と自由を守る機能は低下する。 だがこの現象は、メディアで流布されるような、「成熟した社会が辿る必然的な道」でもなければ、「政府による人口増加政策の欠如」によるものでもない。 何十年にもわたって行われてきた社会工学的政策の結果である。

 

一方で、世界の人口が増えている。 これも事実である。 なぜ増えているかというと、経済と医療と食糧の事情が大幅に改善しているからである。 人類は長い歴史上、常に戦争と餓えと疫病に晒されてきた。 ひとたび戦争が起これば数百万の犠牲はザラであった。 為政者による搾取は広範囲に行われ、国民の大多数を占める農民は容赦ない年貢の取り立てで飢餓に苦しんだ。 今では珍しいマラリアも、つい百年前までは今の先進諸国でも猛威を振るっていた。

 

思えば、「人口爆発まで残された期間は、あとXXXしかない!」とはかなり昔から聞いているセリフである。 「人類が引き起こす地球温暖化によって、自然環境が壊滅的な打撃を受けるまでにあとXXXしかない!」という説と同じで、最初にそれを言った人間がいつの間にか御臨終しても、その後次から次へと、別の人間によって更新されながら繰り返される。 後10年!が後20年!になり、後30年!が後50年!になり、その時その時の都合次第で自在に変化する。 実に都合の良いものである。

 

「人口爆発とは過去数十年〜数百年の世界人口の爆発的な増加のこと。 現在起こっている様々な問題の根本的な原因の一つで、食料・用水・雇用・エネルギー・住宅などの不足を引き起こし、その結果として貧困をもたらす。 資源枯渇や環境破壊などの原因となっている」 

 

これはある人口爆発の説である。 人口爆発説を唱える人間はどれも同じようなものである。 世の中の現象は、原因があって、結果がある。 だが、温暖化論者も人口爆発論者も(実は彼らは99.99%兼任であるが)、結果を原因とし、原因を結果としている。 原因と結果を逆にし、それを繰り返し叫ぶ。 これはプロパガンダの常套手段である。

 

世界で人口が増えているのは事実である。 人口が増えているのはなぜか。 上のプロパガンダを直接引用すれば、まさに食糧、用水、雇用、エネルギー、住宅の事情が大幅に改善し、その結果として貧困が解消され、資源開発が進むことで更に社会が豊かになり、それによって生活環境が大幅に改善されているからである。 付け加えれば、医療技術の進歩により、幼児の死亡率が大幅に下がり、不治の病が克服され、寿命が大幅に伸びているからである。

 

  • 新鮮で美味しい食べ物がより多くの人々の手に渡るようになった。
  • より多くの人々がきれいで美味しい水を飲み、清潔な水で体を洗えるようになった。
  • より多くの人々が安定した職と収入を得られるようになった。
  • 家庭でスイッチを入れれば明かりがつき、煙を出さないガスで自炊ができるようになった。
  • しっかりした住宅で雨風、暑さ寒さ、悪党や獣から等から身を守り、安心して生活できるようになった。
  • ガンや心臓病といった重い病気にかかっても治癒できるようになった。

 

これらは人口増加をもたらす要因である。 これらをもたらしているのは何か。 それは資本主義である。 資本主義とは利益と損失のシステムである(前者だけを考えるモノ知らずが多いが)。 ある商品・サービス利益を上げる人が他人を鼓舞し、より良き商品・サービスをもたらす。 一方で愚かな経営で資源を浪費する者には損失という罰で場外撤退を命じ、より賢い経営をする者へ資源が供給される。 1から2が生まれ、5から10が生まれる。 とめどもない富の増加のサイクルが生まれる。

 

資本主義の恩恵を受けているのはいわゆる先進国だけではない。 共産主義国家である中国やベトナムしかり、である。 貧しいとされる東南アジアやアフリカの諸国もしかりである。 資本主義が貧しい国々を搾取する、などというのは嘘も甚だしく、資本主義と自由貿易がもたらす富によって、貧しい国々も昔の「絶望的貧困」から脱することが出来るのである。

 

人口増加は富の増加の象徴に他ならない。 ある地域で食糧を巡る争いがあるとすれば、貧困が蔓延しているとすれば、病気や事故による死が広範囲にわたって発生しているとすれば、それは人口増加とは何の関係も無い。 その原因は「自由の無さ」であり、それは有史以来の現象である。

 

なぜ、彼ら人口爆発論者達はこれらの問題の原因を「人口増加」としたいのであろうか。 それは彼らが共産主義者だからに他ならない。 共産主義は生きている。 今でも多くの人々の心に巣食っている。 彼らの敵は富である。 そして富をもたらす資本主義である。

 

人口は「爆発」することはない。 人口は「増える」のである。 社会が豊かになり、人口が増える。 そして、地球は安泰である。

 

 

追記:

  • 人口爆発論者にとっての理想は中華人民共和国である。 かの国では毎年 人もの赤子が殺処理される。 一人っ子政策という、共産主義者ならではの非人道的政策の成せる業である。
  • 人口爆発、地球温暖化、こういった何の根拠もない迷信が未だに国家レベルで信仰されている不思議な世にあって(この場合には彼らの好きな「政教分離」が適用されない不思議さ)、聖書が言う「神が天地を創造され、次に人間を創造された」という話の方がよほど真実味があるというものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM