感動的な映像

  • 2014.09.01 Monday
  • 00:53
  

映画やドラマの類はほぼ全くといってよいほど観ないのだが、ときどきツイッターで感動的な映像を見かけることがある。 時々見返しても、良いものである。

 

Project Vigil: D-Day 2014, The saluting boy on Omaha beach

映像:http://youtu.be/8k9Si28k0Fk

アメリカの元軍人、フロリダ州選出の元下院議員で将来は大統領選へも出馬も期待されている、アレン・ウェストがツイートしたものである。 201466日、米軍が欧州戦線でフランスに上陸したD-Dayに、ある親子がその場所を訪れた。 70年前に国のために命を懸けて戦った先人に感謝の念を捧げるためである。 11歳の少年と父親はオマハ・ビーチで国旗を掲げた。 少年は何かに突き動かされ、敬礼の姿勢を取り、1時間半あまりその姿勢で立ち尽くす。 先人への感謝と愛国心の美しさは理屈ではない。


 

 

Great in Uniform

映像:http://youtu.be/DYW9zbCdLkA

これも上同様、アレン・ウェストのツイートで得た映像である。 「これを観終わったときに涙を流さない者は心が無い」と氏は言う。 それは本当であった。 この映像は障害を負う者であっても社会の一員として立派に国を守る役割を果たし、国に属す誇りと軍服を着る栄誉を得ることができることを訴えている。


 

 

DEAR FUTURE MOM

映像:http://youtu.be/Ju-q4OnBtNU

保守のシンクタンク、ヘリテージ財団の長を務める、前サウス・カロライナ選出上院議員、ジム・デミントのツイートで得たものである。 ダウン症で生まれ育った少年、少女、青年たちが未来のママ達に語りかける。 障害を持って生まれてくることが分かっているなら「堕ろして」あげたほうがよいのではないか、と考える人は多いであろう。 しかしこれを観て心を動かされる人も多いであろう。


 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM