"Save the 1" レイプによって誕生した命

  • 2014.09.07 Sunday
  • 01:26

中絶の是非が語られる時、往々にして見捨てられる一つの存在がある。 それはレイプによって誕生した生命である。

 

私は、レイプによる妊娠を除いて、基本的に中絶に反対する...

私は、中絶を女性の権利と考える。 レイプによって妊娠した場合は特に...

 

レイプによって生まれた生命に対し、多くの場合、即座に死刑判決が下され、死刑が実行される。 遊びで妊娠したのなら責任をもって生むというのも”あり”だが、レイプだったのなら中絶する”しか”ない彼らは中絶反対派 (Pro-Life) からも中絶賛成派 (Pro-Choice) からも見向きもされず、人知れず死んでいく。 殺された後はただの数字・統計となる。

 

ここに5人の女性がいる。 彼女たちは、自身がレイプによって誕生した、あるいはレイプによって授かった子供を産んだ女性たちである。


 

彼女たちは「Save the 1」という組織を運営する。 "Save the 1"とは、人々から振り向かれない1%の存在、すなわち、レイプによって誕生する命を救おうという意味である。 彼らは少数の中の少数である、これら声なき命を救うことを目的に啓蒙活動を推進する団体である。


最近、キリスト教・福音派の著述家・心理学者のジェームズ・ドブソンが主催するFamily Talkというラジオ番組において、彼女らを交えてのインタビューが行われた。 以下、各人の簡単なプロフィールである。

 

Rebecca Kiessling

Save the 1」の主催者。 レベッカはある幸せな家庭に養女として授けられ、育てられる。 18歳の時、どうしても出自を知りたくなったレベッカは養子縁組をした法律事務所を訪れる。 そこで父親が犯罪者であり、服役中であることを、そして自分がその父親のレイプによって生まれたという事実を知る。 レベッカは母親に会いに行く。 母親はレベッカに言う。 「元気で育ったお前を見ることができてうれしい。 でも、もしもあの時に法律で許されていたら、中絶していただろう」 自分が本来ならば「死んでいたはず」の人間であると知ったレベッカは荒れた生活を送り、付き合っていた相手から酷い暴力を受ける。 だが幸運なことに、あるきっかけでキリスト教会に出会う。 キリストの教えに救われたレベッカは幸福な結婚生活を手に入れ、現在に至る。

 

Darlene Pawlik

ダーリーンの母親は15歳の時にデート中にレイプされ、ダーリーンを身籠る。 レイプを恥じた母親は誰にもその事実を告げず、レイプした男と結婚する。 結婚はうまくいかず、二人は離婚する。 一時父親のもとにあずけられた幼少のダーリーンは父親から悪戯を受ける。 成長したダーリーンは自暴自棄の生活を送るようになり、14歳で売春を始める。 あるとき集団レイプにあい、妊娠する。 売春の元締めから堕胎するよう命じられる。 堕胎しなければ殺すと。 幸いにもそのときにカウンセラーと出会い、「堕胎したふり」をして売春の元締めから逃れる。 その後、キリスト教に出会い、真面目な男性と結婚。 5人の子供と2人の孫に恵まれ、学校、教会、地域社会での啓蒙活動に活躍する。

 

Mary Rathke

メアリーは両親のいる家庭に生まれるが、幼少の頃より自分は「もらい子」であるとの噂を聞いていた。 父親はそれを否定し、メアリーを自分の子供として扱う。 しかしある時、実は自分が父親以外の男が母親をレイプしたことで生まれた子供であると知る。 育ての父親はメアリーに疎外感を与えないためにその事実を隠していたのであった。 メアリーは結婚して子を授かり、生命保護を訴える活動に従事する。

 

Travon Clifton

18歳の時、母親から出生の事実を告げられ、自分がレイプによって生まれた子供であったことを知る。 衝撃とともに激しい怒りを感じたトレイボンは何年も精神的な苦しみと戦う。 「お前はレイプの子だ」「お前のような人間がなぜ生きているのだ」という心無い言葉を投げつけられる。 その後トレイボンは信仰に目覚め、中絶反対を強く意識するようになる。 もしも母親が中絶を選んでいたら自分は存在しなかったのだと。 現在、トレイボンは妥協を許さぬ生命保護派として教会やラジオやテレビで活躍する。

 

Robyn McLean

ロビンは大学時代に交際していた男からレイプされ、妊娠する。 もともと信心深かったロビンは結婚まで純潔を守りたかったが男はそれを許さなかった。 その後男は暴力を振るうようになり、ある時ロビンを棒で繰り返し殴る。 床に倒れたロビンはお腹を押さえて子を守る。 周囲の期待に応えようと、結婚すれば関係も良くなるだろうとの淡い期待をいだき、ロビンは男と結婚する。 だが暴力は日増しに酷くなる一方。 限界を感じたロビンは子供を抱えて両親のもとへ逃げる。 その後ロビンは子供を産み、良い相手を見つけて幸福な結婚生活を送っている。

 

この5人の女性は統計ではなく、血の通った人間である。 喜びを持って人生を生きる人達である。

 

彼女らに対し、「私は中絶に反対する。 あなたを除いて」と、言えるであろうか。 「本来あなたは生まれてくるはずではなかったのです」と、言えるであろうか。 「あなたの子は殺されなければならなかったのです」と、言えるであろうか。

 

レイプは犯罪である。 犯罪者はレイプをする男である。 子供を殺しても、女性がレイプされたという事実は消えることはない。 女性にとっては二重のレイプである。 レイプは肉体的な傷であると同時に精神的な苦痛である。

 

中絶をするということは、その女性に更に暴力を振るうのに等しい。 まず男からレイプされ、更に自分の体内を鉄棒で掻きまわされる。 そして、たとえそれがレイプによるものであっても、自分の体内で生命が消えたことに対する精神的苦痛は否定することはできない。

 

生命を殺したという意識は一生残る。 しかし、妊娠の期間は気付いてから約半年であり、人生の中で考えれば短い期間である。 「Save the 1」の主催者であるレベッカ・キースリングは言う。 レイプを受けた女性に必要なのは中絶ではなく、慰めと癒しと導きであると。

 

犯罪者は罰せられなければならない。 被害者は癒されなければならない。 罪なき子供は保護されなければならない。 最悪な始まりは、必ずしも悪い結末を決定づけるものではない。 この5人の女性、そして同じ境遇を生きる人々の存在が、それを証明しているのである。

 

Conceived in Rape - I from Dr. James Dobson's Family Talk  オーディオ

Conceived in Rape - II from Dr. James Dobson's Family Talk  オーディオ

Conceived in Rape - III from Dr. James Dobson's Family Talk  オーディオ


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM