アメリカ 2014年中間選挙

  • 2014.11.09 Sunday
  • 17:28
 

共和党の圧勝である。 喜ばしいことである。 アメリカにとって良いことであり、日本にとっても良いことである。 共和党の勝利といえど、今回の勝利は半端ではない。 上院で過半数を制し、下院では圧倒的な多数派となった。 これは1920年代以来である。

 

この結果をどう見るか。 民主党の酷さが有権者の身にあまりにもこたえている。 「希望と変革(Hope and Change)」をひっさげて登場し、2期目に入ったオバマ政権の上手い嘘も、いい加減、リベラル市民の目にも色あせてきた。 そういうことである。 オバマ政権と民主党議会の過去6年間は酷いものである。 泥沼化する経済不況。 スキャンダルに次ぐスキャンダル。 オバマケア・医療制度改革(改悪)。 失墜する国際社会での指導力。

 

つい最近も左翼メディアは「米・失業率が改善、5.8%に」などと報道しているが、失業率という都合のよい数字が下がったのであって、雇用が増えたわけではない。 雇用は坂道を転げるように落ちている。 年に9万もの雇用が失われている。 失業率というものは労働力人口に占める失業者(=求職者)の割合である。 あまりにも経済が悪く、あるいは無理して働くよりも生活補助をもらったほうがよいと、求職活動を止めてしまった人は自動的に計算から外される。 そうすれば自ずから失業率は「下がる」のである。 

 

このような報道をする米・左翼メディアも、それを唯々諾々と直訳して報道する日本のバカメディアも、報道機関としての役割を放棄し、プロパガンダ機関となり下がったと断じるのみである。

 

では、民主党の酷さに対して「共和党の正しさ」が受け入れられのか。 全然そうではない。 オバマの登場を許したジョン・マケイン上院議員、オバマの2期目続投を許したミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事、オバマの医療破壊を許した共和党指導部(ミッチ・マッコーネル上院マイノリティー議長、ジョン・ベイナー下院議長、ラインス・プリーバス共和党全国委員長、ジョージ・ブッシュ前大統領側近達(カール・ローブ等)の不甲斐なさを差し置いても、あまりにも民主党が酷かった。 その酷い民主党に完全に嫌気がさした国民が、「今度こそはちゃんとやってくれよ」と切なる意思を共和党に託したのである。

 

しかし、勝利に酔う共和党指導部は、その舌の根も乾かぬうちに「もと来た道」へと戻っている。 ミッチ・マッコーネル新上院マジョリティー議長は「政府閉鎖はあり得ません(映像1)。 オバマケアの全面的撤廃もあり得ません(映像2)」と宣言している。 カール・ローブ氏の書いたこの記事(日本語版)を一読しても、古色蒼然たるカントリークラブ共和党(金持ち・白人・特権階級の党)のカラーそのものである。 横暴を極めるオバマ政権に対して2013年の上院予算審議にてフィリバスターを行い、一時的な政府閉鎖に追い込んだ(政府閉鎖を選択したのはオバマ政権である)自由の闘士、テッド・クルーズ上院議員をはじめとする茶会派に対する蔑視意識が言外に伝わってくる。 

 

さて、それではこの後に何が起こるのだろうか。共和党はこの勝利の余韻にいつまで浸っていても、昨年の議会戦略をまた使おうとしてもいけない米国の有権者は建設的な行動を望んでいるのであり、審議妨害による停滞は望んでいない。米国政府が機能し、上下両院議員が仕事を達成することを求めている。政治家に対する有権者の不信感は根深いため、政治への期待は低くなっている。だからこそ、有権者を驚かそうではないか。共和党が統治案を持っていることを示せば、見返りは非常に大きいだろう。

 

たとえ大統領が反対したとしても、共和党議員は包括的な改革案を推進し、大きな仕事をしなければならない。また、立法的な妥協を図るため、オバマ大統領と一緒に仕事をする努力もすべきだ。だが、大統領がそれに乗ってこなければ、共和党は動かなければならない。ただ、そういわずとも、共和党議員は確信を持って自らの政策案を守ろうとするにちがいないが。

 

オバマ大統領が頑固に対立姿勢を崩さなかったとしても、共和党は対立のための対立路線を求めてはならない。昨年、何の勝算もないままに共和党が政府機関を一部閉鎖に追い込んだ時、共和党ブランドはダメージを被った。それは、オバマ大統領が行政権版の妨害主義行動を取れば、ダメージを受けるのと同じだ。

 

共和党ブランドがダメージを被ったのならば、なぜ今、歴史的な共和党勝利があるのか。 この矛盾に気づかないようである。

 

有権者が希望を託したのは共和党指導部ではない。 体を張って民主党の横暴に挑戦したクルーズ議員の闘志に希望を見出したのである。

 

茶会派の仕事はこれからである。 彼らは共和党指導部を刷新しなければならない。 共和党を乗っ取り、共和党をリベラル中道(民主党は極左)から保守本流へと回帰させなければならない。 そうしてようやくアメリカの正常化、再生、そして2016年の大統領選挙勝利が見えてくるのである。

 

 

参考:

"How the GOP Establishment Plans to Steal Your Election" Diana West

http://townhall.com/columnists/dianawest/2014/11/07/how-the-gop-establishment-plans-to-steal-your-election-n1915362

 

Sarah Palin provides insight into Hillary Clinton's bad week

http://video.foxnews.com/v/3881587441001/sarah-palin-provides-insight-into-hillary-clintons-bad-week/?playlist_id=930909813001#sp=show-clips

 

Some at The Heartland Institute Skeptical, Yet Hopeful about Republican Midterm Win

http://blog.heartland.org/2014/11/some-at-the-heartland-institute-skeptical-yet-hopeful-about-republican-midterm-win/

 

Levin: ‘Republican Leadership Just Handed Power of the Purse Back to the President'

http://cnsnews.com/mrctv-blog/michael-morris/levin-republican-leadership-just-handed-power-purse-back-president

 

"Midterm Election 2014: Have We Seen This Before?" Burt Folsom

http://www.burtfolsom.com/?p=2970&utm_source=feedburner&utm_medium=twitter&utm_campaign=Feed%3A+Burtfolsomcom+%28BurtFolsom.com%29

 

"McConnell Should Defund the White House if Obama Tries Amnesty" Joel Pollak

http://www.breitbart.com/Big-Government/2014/11/06/McConnell-Should-Defund-the-White-House-if-Obama-Tries-Amnesty?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

 

"Lessons for the GOP for 2016" Ben Shapiro

http://www.truthrevolt.org/commentary/shapiro-lessons-gop-2016#.VFuJ_LeG654.twitter

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM