国会議員・石破茂へのメール

  • 2010.09.26 Sunday
  • 19:48
 

国会議員・石破茂へのメール

 

石破様

 

私は現在企業の駐在員として上海に住んでおりますが、今回の尖閣諸島への中国の海域侵犯から問題の船長の釈放、そしてその後の日中政府のお互いに対する反応を見るにつけ、ひたすら日本人であることを恥ずかしく感じます。 ついに日本はこれほどまでに自尊心の無い弱い国になってしまったかと思うと情けない。 

 

たとえ我々のような立場の人間が多少居づらい雰囲気になったとしても、日本国としての誇りを見せてもらいたかった。 いや、かえって毅然とした態度を貫いたほうが、尊敬されるのです。 我々も嫌味を言われても、「それがどうした」と言えるわけです。 今回の対応は日本が悪かったです、と言っているに等しく、我々も頭を垂れるしかありません。

 

国(政府)の仕事とは、突き詰めれば一つだと思います。 それは国民の安全と生活を守ること。 防衛も、司法も、経済も、最終目的はそこだと思います。

 

今の日本の政府も、アメリカのオバマ政権も、そこを最もおろそかにしています。 そのかわり、国家の敵を国に対する脅威と捉えることもできず、事業仕分けや金のばらまき政策など日本の科学技術を後退させたり国民を福祉漬けにするようなことをやっている。 日本とアメリカの現政府はよく似ています。 ともに左翼であり、非愛国者であり、自虐的敗退主義者です。 そして次の選挙では共に国民から退けられるはずです。 そうでなければなりません。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM