ネタニヤフ首相・米議会演説

  • 2015.03.11 Wednesday
  • 00:27



左翼オバマ政権が様々な手段を講じて妨害してきたネタニヤフ、イスラエル首相の米議会での演説が実現した。共和党議員は全員出席、民主党議員は50名が欠席。欠席者はオバマの顔色を窺ってボイコットした。

議会にネタニヤフ首相が登場すると盛大な拍手が迎える。米議会はネタニヤフ首相を自由世界のリーダーとして迎えたのである。ネタニヤフは演壇に向かう途中議員らとの握手に応じ、拍手は延々と続く。出来ることならばネタニヤフをオバマと取り換えたいというのが米保守の一致した感情である。

ネタニヤフの演説の中心はイランである。アメリカが最大の友好国であるイスラエルの首相としてオバマと民主党への配慮を見せて二言三言感謝の念を述べるが、話がイランに移るとイランとの合意をバッサリと斬る。現在アメリカがイランの核開発を阻止するためとして進めている包括的合意交渉はイランの核保有を許容するものに他ならないのだと。

ネタニヤフ首相が最も危険視するのは合意案中のサンセット条項である。これは、今後10年の期間にイランが核開発を破棄する過程において徐々に経済制裁を緩めていくというものである。イランはこれまでイスラエルの滅亡やアメリカ攻撃の意図を翻したことはなく、核査察に対して正直に対応したこともなかった。そのイランを信用して時間稼ぎの手段を与えるなど愚の骨頂である。

ネタニヤフはこの包括的合意案の対案は戦争だけではないと強調する。何千という遠心分離機や何トンもの濃縮ウランや重水設備が無ければ、いくら核のノウハウを仕入れても核爆弾は製造できないのだと。そこを締め上げることがイランの核開発を阻止する手段であると。

ネタニヤフはいまや自由世界のリーダーとなったが、スピーチ力においてもピカ一である。アメリカ育ちなので英語がうまいのは当然として、イスラエルの正当性を雄弁に語る能力は他の政治家にはない資質である。


 

I’m standing here in Washington, D.C. and the difference is so stark. America’s founding document promises life, liberty and the pursuit of happiness. Iran’s founding document pledges death, tyranny, and the pursuit of jihad. 

アメリカの建国の理念が「生命、自由、幸福の追求」であるのに対し、イランの理念は「死、専制、聖戦の追求」である。
    
Don’t be fooled. The battle between Iran and ISIS doesn’t turn Iran into a friend of America. Iran and ISIS are competing for the crown of militant Islam. One calls itself the Islamic Republic. The other calls itself the Islamic State. Both want to impose a militant Islamic empire first on the region and then on the entire world. They just disagree among themselves who will be the ruler of that empire.

In this deadly game of thrones, there’s no place for America or for Israel, no peace for Christians, Jews or Muslims who don’t share the Islamist medieval creed, no rights for women, no freedom for anyone.

So when it comes to Iran and ISIS, the enemy of your enemy is your enemy.


イランとイスラム国に関して言えば、「敵の敵はやはり敵」である。イランはイスラム共和国を自称し、ISISはイスラム国を自称する。ともにイスラム過激派の首位を巡って争っているだけであり、イランがイスラム国掃討に乗り出しているからといって我々の側に立つわけではない。

We must always remember — I’ll say it one more time — the greatest dangers facing our world is the marriage of militant Islam with nuclear weapons. To defeat ISIS and let Iran get nuclear weapons would be to win the battle, but lose the war. We can’t let that happen.

今日の世界における最大の脅威はイスラム過激派と核爆弾との融合である。イスラム国を倒してイランの核開発を許すならば、我々は戦闘に勝って戦争に負けるも同然である。

Before lifting those restrictions, the world should demand that Iran do three things. First, stop its aggression against its neighbors in the Middle East. Second, stop supporting terrorism around the world. And third, stop threatening to annihilate my country, Israel, the one and only Jewish state.

イランに要求すべきことは以下3つ;
1.地域における覇権主義をやめること
2.テロ支援をやめること
3.イスラエルに対する敵対行為をやめること

As a prime minister of Israel, I can promise you one more thing: Even if Israel has to stand alone, Israel will stand. But I know that Israel does not stand alone. I know that America stands with Israel.

もしもイスラエルが一国で戦わざるを得ないならば、イスラエルはそれでも戦うであろう。だが我々は知っている。イスラエルは一人ではないことを。アメリカが常にイスラエルの側にいることを。


満場の拍手が演説を中断する。長らくリーダー不在のアメリカ、そして自由世界。やはり人々はリーダーシップを求めるものである。

オバマ政権は2012年にイスラエルによるイラン攻撃作戦を新聞にリークし、その作戦の実行を阻止した。それ以前にもオバマ政権はイスラエルとアゼルバイジャンとの間で交わされた空軍基地使用に関する密約や、イスラエルとサウジ間で交わされた領空使用に関する密約をメディアにリークしている。イスラエルを嫌悪するオバマがイスラエル撲滅を目指すイランにあらゆる手段を講じて核を持たせようと画策しているのは明白な事実である。オバマの任期は後1年と8か月。イスラエルはこの間を対イラン制裁で乗り切り、その後イスラエルに友好的な共和党保守が政権を取った際にはイラン攻撃に踏み切るのであろうか。

参考:

The Fatal Flaw in the Iran Deal (Link)
http://www.nationalreview.com/article/414515/fatal-flaw-iran-deal-charles-krauthammer

Administration Touts Nuclear Deal of ‘Double-Digit Duration’; Iran Rejects Sunset Clause (Link)
http://www.cnsnews.com/news/article/patrick-goodenough/administration-touts-nuclear-deal-double-digit-duration-iran-rejects
コメント
I can understand the worries that Israel has for a nuclear armed Iran, I think this it is correct. But the way Benjamin Netanyahu starts his speech in describing the Iran constitution is very disrespectful. Iran is Shia Islam, not Sunni, so many cultures are found in Iran. Druzes, Zoroastrians, not sure how many. Iran is some what isolated since the CIA puppet Shah was kicked out there for very good reasons.

Western world is kept ignorant, the evil conduct of CIA is denied over Iran. And this speech, just as the speech he would keep in Paris over murders of Jews in France, where he said all Jews must move to Israel, while Jews spread are a better defense against any nuclear attack on Israel, for Jews that is, he seems to speak in two agenda's.

In Israel he is sued for corruption scandals, just be careful with him. I'd rather see him start a speech on this subject above, where he explains how Iran people seek to defend against puppets in government, but will that endanger his own position?
  • Geus
  • 2015/03/16 1:44 AM
Dear Geus, or Hofman on twitter. Thanks for the comment. I am critical of Bibi in a different way. He makes a very good speech, but somewhat he lacks in the real action or he deviates from the commitment he makes. He is the one who spent the whole time warning on Iran and doing little to stop it (as far as I am aware).
  • CBJ
  • 2015/03/17 10:11 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Diana West "American Betrayal"読了
    村中哲男 (10/15)
  • Diana West "American Betrayal"読了
    CBJ (10/14)
  • Diana West "American Betrayal"読了
    村中哲男 (10/02)
  • 気候変動というカルト宗教、そして3年連続の記録的寒さ
    CBJ (09/30)
  • 気候変動というカルト宗教、そして3年連続の記録的寒さ
    森田研究員 (09/29)
  • パレスチナとは、イスラエルとは… 民族差別の欺瞞を正す
    CBJ (07/08)
  • 「Blacklisted by History」読了 マッカーシズムとは何だったのか
    カーター (02/12)
  • 「Blacklisted by History」読了 マッカーシズムとは何だったのか
    CBJ (02/11)
  • 「Blacklisted by History」読了 マッカーシズムとは何だったのか
    村中哲男 (02/09)
  • イスラムの侵略者が欧州を襲う
    村中哲男 (02/09)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM