「同性愛を予防する方法」 読了

  • 2015.05.15 Friday
  • 09:29



"A Parent's Guide to Preventing Homosexuality"
Joseph Nicolosi, Ph.D., & Linda Ames Nicolosi

アメリカ、ヨーロッパの一部で同性婚の合法化による社会変革が進んでいる。日本でも一部の自治体でパートナーシップ条例が成立し、”結婚式”を挙げた同性カップルが拒否されるのを承知で役所に結婚届を出しに行き、それをソーシャルメディアで公開するなどLGBT活動家の大胆さが目に余るものとなっている。多くの保守がこの危険な兆候に対して沈黙を守っている。そのような気味の悪い今日この頃であるが、世に氾濫する俗説を一掃してくれる一冊に出会った。本書は危機迫る日本において緊急出版されるべきほどの内容であるが、それを待っているわけにもいかないため、その一端を紹介したい。

同性愛とは何なのか。現在同性愛に関する議論で最初のボタンの掛け違いがこの問いに対する答えである。同性愛とは戦うべき悪であり、癒されるべき病である。同性愛者自身は犠牲者であり、攻撃の対象ではない。同性愛者とは、同性愛という病を背負った異性愛者である。

人間は全て生まれながらにして異性愛者である。これは科学的事実である。同じ遺伝子を持っている双子が両方とも同性愛者である率は38%に過ぎない。もしも同性愛が”遺伝”であるならば、双子は両方とも同性愛者であるはずである。だがそうではない。なぜならば、同性愛は遺伝ではなく、生後の生育環境によって形成されるものだからに他ならない。

遺伝的要素を無視するわけではない。同性愛になりやすい体質は存在する。それは癌や肥満になりやすい体質が存在するのと同じである。「同性愛は正常だ」と強弁する人間は「癌や肥満は正常だ」と同じように強弁するのか、ということである。癌や肥満やその他諸々の病理を抱えた人間は「そのように生まれたのだからそのままにしておけ」と言うのか、ということである。

同性愛は不幸の病である。それは根源は自然の摂理に反することからくる不幸である。同性愛者の人生は不幸にまみれ、短く、不安定である。鬱、エイズをはじめとする性病、孤独、そして自己嫌悪に苛まれる人生である。ある研究ではゲイ(男性の同性愛者)の男性156人のうち、パートナーとの貞操を5年間維持できたのは0人であった。

男性というものは本来的に不節操である。だが通常の男性は女性と結婚して一緒になることで安定化し、更に血をつながった子供を得ることで夫婦の関係が固められるのである。しかしゲイは他の男性と一緒になっても結局はお互いの男性的な部分が残り、決して安定的な関係を築くことができない。二人の間を密にしようとすればするほど裏切りと憤りと疑心暗鬼に満ちた関係になり、お互いの放縦さを容認すればもはや関係と呼べるものではない。

いつ、なぜ、どのようにして、異性愛者として生まれた人間が「同性愛という病」にかかるのか。本書は主として男性の同性愛を取り上げている。というのは、同性愛は大部分男性の問題だからである。2対1、ないしは5:1で圧倒的に同性愛という問題を抱えるのは男性が多い。そしてそれには理由がある。

人間は赤子として生まれ、幼児となり、少年となり、思春期を経て成人となる。重要なのは幼児から少年期、1歳半から3歳、更に12歳までの期間である。

生まれたばかりの赤子は母親と四六時中肌をぴったりよせあって過ごす。そこには母親との密接な関係が生まれる。だが、男児は1歳半くらいになると次第に父親の存在を意識しはじめ、父親と自身を同期するようになる。少年となった男児は父親だけでなく、多くの同性との絆を深めるとともに女性(少女)から離れる。少年と少女がお互いをからかい、貶しあうのはよく見られる光景であるが、これは健康な現象である。その間お互いに距離を置きつつ、それぞれ同性間で男性らしさ、あるいは女性らしさを育んできた少年と少女は思春期を過ぎると今度はお互いに惹かれあうようになる。青年は少女の、少女は青年の中に、自分達とは決定的に違う性質を見出すからである。

一方で一部の男児は幼児期から少年期にかけて父親、あるいは父親の代わりとなる大人の男性との繋がりを得ることなく育つ。その間少年は母親との間の強固に結びつきを維持すると同時に父親や「男らしさ」を忌み嫌い、遠ざかる。場合によっては仕草、服装、声音などが極度に女性化する。思春期に入ると正常な成長を遂げた男児とは逆のパターンで青年に対して「女性としての自分」との違いを見出す。

幼児が少年となり、少年が青年に、青年が大人の男性になるのは、当たり前のように「そうなる」というものではない。大人の男性というものは、「成し遂げられた結果」である。少年の成長にとって、むしろ母親よりも重要なのは父親の存在である。男児が父親から最初に受ける命令は、「女になるな」である。端的に言えば、母親が少年を作り、父親が男を作るのである。

語弊を恐れずに言えば、女児が女性となるほうが簡単である。赤子の時分に母親との間に生まれた結束をそのまま持ち続け、母親から女性らしさを受け継ぎさえすればよいからである。レズ(女性の同性愛)というものは、その母親との結束が破壊された結果起こる現象である。母親の育児放棄や大人による虐待、父親による女児の拒絶(息子が欲しかった、という思いからくるもの)、父や男の家族による家庭内暴力により、「女性でいることは危険である」「男性というものは怖く憎むべきものである」という意識が生まれる。少女がが無意識に女性らしさを否定することから女性の同性愛が発生する。男性の同性愛と比べて少ないとはいえ、1988年から1998年までにレズの性体験をした米国人は15倍にも増えている。いかに社会的な風潮が影響を与えているかの証左である。

同性愛は病気である。その病にかかった人間は家族や社会からの疎外、不安定な関係、浮き沈みの激しい感情、性病といった問題を背負って生きる運命にある。だがその病は治療が可能である。既に同性愛者として成人した人間にも治癒の希望はある。だが他のすべての病と同様に、早期発見・早期治療が望ましい。そして何よりも予防をすることが最善である。

幼児期〜少年期の女性化は最初の兆候である。女性化しやすいのは体が弱い、気が弱い、繊細、優しいといった傾向の子供が多い。例えば、父親がサッカーのコーチで3人の男児がいる家庭において、上の2人はサッカー好きで父親との関係は良いが、「体育会系」になじめない末っ子は父親と疎遠となってしまうというケースがある。父親はそんな「文科系」の末っ子と気が合わない。末っ子は荒々しい男の世界を避けて母親との親密な関係に埋没する。母親は自分を求める末っ子との関係を楽しみ、二人の間には強固な結びつきが生まれる。そのうちに末っ子は母親のしぐさや喋り方を真似、ピンクや赤といった典型的な女の子色を好み、メーキャップをしてみたり、女性の服をまとってみたりするようになる。こうなると、そのまま放置すれば75%の確率で同性愛者として成人する。

男児に女性化の兆候が見られたらどうすべきか。ここは父親の出番である。母親は一歩引いて子を父親の手に委ねなければならない。父親はとにかく積極的に息子と接することである。体と体との触れ合いの機会を出来るだけ多く持つこと。一番良いのは、父と子でじゃれあい、一緒に風呂に入ることである。そうすることで、子供は女の子の遊びとははっきりと異なる男らしい遊びを覚え、男の体がどのようになっているかを知る。

同性愛者として大人になった男性で父親と戯れた経験のある者は皆無である。彼らは「男性の体への無意識な渇望」が満たされずに成長する。彼らが異口同音に言うのは「父親に関することで良い想い出は何もない」ということである。

男性の同性愛も女性のそれも、結局「満たされぬ思い」は大人になっても癒されることがない。彼ら同性愛者が集まる場所では、往々にして警察、軍隊、革製のジャケットやブーツ、鎖といった、「いかにも」な男性ぽさが強調されるのはそのためである。そしてゲイの男性が殊更に肉体を鍛え上げようとするのも同じ理由である。



女性化の兆しのある子供は先に挙げた例のように既に父親と疎遠になっているケースが多い。父親が手を差し伸べても最初は拒絶するであろう。だが父親はここで怯んではならない。一に根気、二に根気、三、四が無くて五に根気である。手を上げるなかれ。声を荒げるなかれ。匙を投げるなかれ。だが実際にはカウンセラーから同性愛の兆候を告げられても父親は行動せず、やきもきするのは母親だけ、という事例が多いのも事実である。当然ながらそれでは効果不十分である。だからこそ著者はしつこいくらいに「父親よ、動け」と発破をかける。

どうしても運動が苦手な子供はいる。嫌がる子供に無理やりボールを投げつけても逆効果である。絵をかくのが好きな子供や音楽を奏でるのが好きな子供もいる。それはそれでよいのであって、せっかくの興味や才能を封じる必要はない。父親が息子と「何かを一緒にすること」が大事なのである。ただし、息子がいる部屋で自分の観たいテレビを観るだけ、というのは一緒に何かをしたことにはならない。息子が「父親は自分のことを気にかけてくれている」と気づくことが重要である。

著者は父親の役割を端的に示すある心理学者の言葉を紹介する。

「父親達よ、息子を抱いてやれ。さもなければ、いつの日か、他の男があなたの息子を抱くであろう」と。

不退転の決意で親が子供に臨む。バービー人形やお姫様人形を徐々にガンダムに切り替える。「お母さんごっこ」を徐々に「プロレス」や「戦争ごっこ」に切り替える。父親は子を男だけで外に連れ出す。散歩でも買い物でも車にガソリンを入れるだけでもよい。「男だけでXXに行くか!」「今日は男同士だな!」「男の子というものはなぁ。。。」「男ってのはなぁ。。。」「なあ息子よ、将来はどんなタイプの娘と結婚したいのだ?」などと、男っぽい話をする。親の決意の根本には無限の愛情がなければならない。

そうこうするうちに、それまで疎外感を持っていた子供は徐々に女の子っぽさが薄れ、次第に少年らしい荒々しさが顔を出す。声のトーンも下がってくる。手をヒラヒラさせながら腰を振って歩く不適切な動作も影をひそめる。だが、回復への道は一直線ではない。すっかり男の子らしくなって良かったと喜んでいた矢先に気づいたら着せ替え人形で遊んでいたり、10歩進んで9歩後退の連続である。

思春期を経て大人になり、完全に同性愛者としてのライフスタイルに染まった人間にも救いはあるのか?著者はカウンセラーとして数多くの成人の同性愛者を治療してきた。本書ではいつくかのエピソードが紹介されている。確かに治癒は困難である。本人の意思を維持する困難さもさることながら、同性愛社会は「同性愛からの脱却」に対して極めて非寛容である。彼らの教義上、それは語ることすら許されざることなのである。だが希望はある。それは多くの元同性愛者が実証しているとおりである。

1973年は同性愛の歴史上の分水嶺であった。その年、APA (全米精神医学協会)は科学的検証ではなく政治的思惑に基づいてある重要な決定を下した。Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders (DSM=精神障害の診断と統計マニュアル)からの同性愛の除外である。それまで精神的な異常であるとされ、医学的処置の対象とされてきた同性愛という現象が、それ以来「正常」と扱われるようになったわけである。その決定が与えた負のインパクトは大きい。

この世は同性愛にまつわるインチキ情報で溢れているが、本書によって我々は眼の曇りを取り去って同性愛の本当の姿を直視することができるようになる。そして本書に感化された親が一人でも増えることで同性愛という病は減っていくはずである。同性愛のいない世を望むのは無慈悲なことではない。それは癌に苦しむ人がいない世を望むことと同じである。歴史的に多くの重篤な病が克服されてきた。同性愛という悪の病もその一つになってはならない理由は無いのである。


参考:
Origins of Homosexuality, Preventing Homosexuality in Children, Gay Kids 
福音派のキリスト教指導者、ジェームス・ドブソン博士による講演と二人の元ゲイによる同性愛脱却の物語。同性愛を治癒することが出来ない、という俗説がいかに嘘であるかがはっきりと分かるはずである。必見である。

コメント
管理人様初めまして。最近流行っている「同性婚」ですが、正に「亡国奴」の為せる業だと思います。所謂「ブサヨ」の「世論操作」に騙されては駄目だと感じます。
  • 幽谷の名無し
  • 2015/05/20 11:18 AM
幽谷の名無し様、コメントありがとうございます。売国奴の世論操作に対抗しましょう。
  • CBJ
  • 2015/05/21 12:36 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM