「Dare to Discipline」読了

  • 2015.06.21 Sunday
  • 18:15



本書は子供の躾の本であるが、躾にとどまらない。良い親子関係を育むもの、破壊するもの、子供の知能の発達を促進するもの、阻害するもの、子供の人格を形成するもの、悪徳を吹き込むもの、一言で言えば、一人の良き市民を育てるために何をすべきか、親が知っておくべきことが詰まった一冊である。

現代は不道徳な世の中、不道徳がまかり通る世の中、不道徳が称賛される世の中である。そんな世にあって、正しき子育てをしたいと願う親にとっては逆風が吹いている。往々にして社会の風潮と逆をいかなければならないからである。そのような親にとっての良き味方となるのが本書である。

躾の基本は愛情である。著者は親子関係において辛辣であること、虐待すること、抑圧的であること、嘲ること、批判すること、憤怒といった行動を一掃すべきであると説く。執拗に口ややかましく説教したり怒鳴ったりすることは親子関係を傷つけるだけでなくエネルギーの無駄である。躾の目的は親のエゴを満足させることではなく、子を立派な大人として社会に送り出してあげることである。規律と愛情とのバランスが重要である。

親が子を愛するならば、子に服従を教えなければならない。そしてそのことを子に伝えなければならない。

正しき価値観を教える(本書では"indoctrination"という強い言葉を用いている)ことが出来るのは、とにかく早いうちである。幼児期は権威に対する敬意を植え付ける上で重要な時期である。

子が最初に挑戦的な態度を見せたとき、それを親は圧倒的な力でねじ伏せなければならない。それによって親は子に対して「超えてはならない境界線」を示すのである。それはいわばガードレールや道路の白線のようなものである。ガードレールの無い橋を走らされるドライバーは不安を感じる。同じ理由で、明確に示された境界線は子を安心させる。

「反抗的な10代」は必然ではない。0歳〜12歳までの間に「平和裏に武装解除」させなかった結果である。

お尻叩きは非常に有効である。しかしこれは挑戦的な反抗に対してに限定すべきである。些細なことでこれを使うと効果が減じるだけでなく、子の心に傷を残す。一方、体罰を敵視する風潮があるが大間違いである。体罰は子を暴力的にさせるなどという話があるが、根拠のないデマである。

ただし、体罰を使ってよいのは18か月からであり、それ以前は絶対に避けるべきである。また小さな反抗心が芽生える18か月〜3歳にかけては「お尻叩き」までいかずとも、痛みを感じる程度に指をペンするだけで十分効果的である。

また、言うことを聞かない子には「肩つかみ」も有効である。両肩の首から肩にかけての筋肉をギュッと掴むと痛みを感じる。かなりの痛みは感じるが実害は無い。小枝やそれに類する軽い棒を鞭代わりにするのもよい。




体罰は子が6歳になるまでに減らし、10歳〜12歳までには完全に止めるべきである。それ以降の体罰は子に屈辱を与え、逆効果である。

だが、やはり躾の基本は愛情である。体罰を含む躾を有効にするためには健全な親子関係が必須前提である。それが無ければどのような「躾」も禍根を残すことになる。子と一緒に遊び、笑い、楽しい時間を過ごすことである。

躾に求められるのは厳しさばかりではない。悪い行いは理性的な罰によって抑制されなければならない一方、良い行いは具体的に褒め、報いてあげるべきである。報いる方法はお金、プレゼント、お菓子など様々であるが、ただ言葉で褒めたたえてあげるだけでも子は喜ぶものである。

その一方で「与えすぎ」には注意すべきである。次から次へとモノを買い与えることで、親は子から重要なものを奪うことになる。それは「得る喜び」である。そして子は「与えられて当たり前」という傲岸不遜な態度を身に着ける。親は「いいよ」よりも遥かに高い頻度で「ダメ」を発するべきである。そして「ダメ」を言うときには絶対でなければならない。最初は「ダメ」だったにも関わらず子が粘って「いいよ」を勝ち取った暁には親の「ダメ」は単なるハッタリとなる。だから迷ったときはゆっくり熟考してから意を決して「ダメ」を発することである。子は親の「ダメ」が絶対的な「ダメ」だと知れば、それに挑戦しようとあがくことを止め、結果として精神的な安らぎを得ることができる。

学びの姿勢を叩き込むことも躾の一つである。それがひいては勤労の精神につながり、社会に出てからの成功へとつながる。この部分を担うべきは子と多くの時間を過ごす母親であるが、共働きが多い昨今は子を守り導くべき役割が蔑ろにされている。

0歳〜3歳は脳の発達にとっての重要な期間である。この間に知的刺激を与えてあげるか否かで脳の物理的構造が決定される。その意味で、取り返しのつかない時期である。刺激の少ない状態で育てられた子は知恵遅れとなり、豊かな(知的刺激という意味で)環境で育てられた子は賢くなる。より多く話しかけ、大人の会話を聞かせ、興味をかき立てる本を与えることである。本の読み聞かせは大変有効である。

小学校に上がる6歳あたりの子供達には成熟度において大きな格差がある。6歳でもまだ集団教育を受けられるほどに成熟していない場合がある。そのような子を無理して学校に送れば最初の段階でつまづき、大きな劣等感を抱くことになる。幼い子の自己イメージは壊れやすく、修復しにくいものである。それを防ぐ方法は、IQテストを受けさせることである。これは学校教育を受ける準備ができているか否かを計測する最適な方法である。

この点で少なくとも幼少の段階でホームスクーリングをすることは有効である。不要な「恥をかく」体験を免れた子は自信溢れる態度を身に着ける。ホームスクーリングで育てられた多くの子供がより高い社会性を身に着け、世の中で成功を収めている。

昨今は、暗記を軽視して「考えることを奨励する」似非教育が人気であるが、本書は暗記の重要性を述べている。暗記をすることで何を身に着けられるのか。著者は以下5項目を挙げる。

 
  1. 自己管理。長い時間机に向かい、指示に従い、課題を完結させるという能力は社会人としての基本的資質である。
  2. 自己変革。人間は情報をインプットすることで変わる生きものである。
  3. 情報の引き出し。暗記したことを忘れても、「どこを探せば情報があるか」を知っておくことが重要である。
  4. 記憶。暗記したことを大方忘れても、情報は完全に消去されるわけではない。
  5. 新たな学びへの基礎。まずは頭に情報を入れることで、更に高次元の学びが可能となる。

考える前に情報が無ければ考えようがない。当たり前のことである。学校で学ぶべきことは数学も科学も全て暗記である。

子育て・教育の目的は良き人間を社会に送り出すことである。だがそれを望む親の周りには強大な敵に囲まれている。その敵とはポップカルチャー(大衆文化)である。テレビ、映画、音楽ビデオ等によって性に関する退廃的なメッセージが垂れ流されている。

1970年代に連邦政府によって「セーフ・セックス」なる言葉が流布されるようになった。コンドームを使えば「安全」であるということであるが、それ以来今日にかけて婚外妊娠、婚外出産、妊娠中絶、そして性感染症の爆発的増加がその結果である。

コンドームは正しく使えば妊娠を防ぐことに関しては有効である。だが性感染症を防ぐことは出来ない。コンドームの素材であるラテックス材には5ミクロンの微細な孔がある。HIVウイルスのサイズは0.1ミクロン(1/50)である。結婚するまで処女童貞をまもり、結婚したら婚外性行為をしないことが感染を防ぐ唯一の方法である。

性についてあまり早くに多くの情報を与えるのは危険であり、どの時期に何を教えるかは慎重に計画するべきである。性について教える適齢は、女児は10〜13歳、男児は11〜14歳である。その時期を越すと子供はこのことに触れるのを嫌がるようになる。その前に正しきことをしっかりと教えることである。

※日本の学校においても「ジェンダーフリー」なる標語を掲げる日教組が不道徳な性教育を行っていることは周知の事実であり、憂慮すべき事態である。

一人の男性と一人の女性とがお互いに強固に結びつくことによって、男性の意識は富を創出し、積み上げ、守る方向へと向かう。男性の意識が分散すれ生き方も刹那的になる。道徳観を失った社会は経済的にも落ちるのみである。

最後に、本書は子育てにおいて重要な役割を担う母親に対して助言を与える。母親はいわば家庭における医者であり、看護婦であり、カウンセラーであり、教師であり、牧師であり、コックであり、警察官である。

 
  1. 自分自身のため、そして結婚生活のための時間を確保すること。
  2. 自分の影響力が及ばない事について悩まないこと。
  3. 問題に対して(疲れのたまった)夜に取り組まないこと。
  4. やるべきことをリスト化して整理すること。
  5. 神の助言を頼ること。


追記
権威への尊敬の念が欠けるとどうなるか。警察は治安維持上の権威である。警察官に公然と楯突けばこうなる。だが体を張って仕事をする警官が叩かれ、彼らに反抗的な態度を取るガキがこぞって称揚される。洋の東西を問わず、不道徳な世の中である。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM