アベノミクス、階級闘争レジームへ突入

  • 2017.11.26 Sunday
  • 14:37
 

<基礎控除>高所得者減額検討 2500万円超はゼロ
11/23(木) 7:40配信  毎日新聞 2018年度税制改正で焦点となっている所得税の控除の見直しを巡り、政府・与党は高所得者の基礎控除(一律38万円)の控除額を減額し、年収2500万〜3000万円より高収入の人はゼロとする方向で検討に入った。所得格差を縮める狙い。基礎控除は最低限の生活保障を目的に1947年に創設され、一貫して引き上げられてきたが、実現すれば初の減額。与党の税制調査会で議論する。


安倍政権を支持する日本の自称保守は痴呆症患者のようである。

「本来は左翼の政策を安倍総理が次々に推進し、民主党や共産党は手も足も出ない。素晴らしい!」などと開き直ってべた褒めする輩も見られる。

呆れたものである。

1980年代、サッチャー時代のイギリスにおいて左翼の野党が与党の保守党に対して「貧困層と富裕層の格差が開いている。どうするのだ!」と詰め寄る場面があった。

保守主義者のサッチャーは答えた。

「我々が政権について以来あらゆる層の人々が豊かになった。一方貴方がた左翼は富裕層の所得を下げると同時に貧困層を更に貧困に突き落とそうとする!そのようなやり方では決して富や機会を増大させることはできない!」




我々の思考はあの時代から何も進歩していないどころか、むしろ後退している。

保守政党と自称する自民党が共産党顔負けの再分配政策を推進する。アベノミクスは戦後レジームを脱却し、共産主義階級闘争レジームへと突入した。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM