エルサレム・・・トランプ大統領、神の御心に従う

  • 2017.12.10 Sunday
  • 15:59


トランプ大統領が米国の元首としてエルサレムをイスラエルの首都として認めると表明した。そして米国大使館をテルアビブからエルサレムに移すことを明言した。これは歴史的に重要な出来事である。

これまでの歴代の大統領が避けてきた一歩をトランプ大統領は勇気をもって踏み出した。トランプ大統領は哲学的な人物ではなく、思想的背景を持つ保守主義者でもない。政策にはブレもあるが、これは絶賛に値する偉大な決断である。




エルサレムは有志以来ユダヤ人の国、イスラエルの首都である。その地を首都として存在した国家は古代イスラエルと現代のイスラエルだけである。パレスチナという国は存在すらしたことがない。

パレスチナとは現在イスラエルが存在する地域の名称である。イスラエル建国前のパレスチナ人とはユダヤ人のことであった。現在のいわゆるパレスチナ人は大半がヨルダン人である。

イスラエル建国に反応してアラブ諸国がユダヤ人と共存していたアラブ人をイスラエルから「退避」させると同時にイスラエル攻め入った。アラブ諸国はイスラエルに敗北した。退避したアラブ人は退避先で市民権を与えられずに難民化した。そして彼らはパレスチナ人となった。言い換えればアラブ諸国がこれら難民を市民として受け入れればパレスチナ問題など1日で解決するのである。

今回の決断の背景には米国における最大のイスラエル支持層であるキリスト教徒の強力な後押しがあった。




一方、トランプ大統領の決断に対する左翼の取り乱しようが滑稽である。特にバーニー・サンダースのような左翼のユダヤ人の偽善ぶりは見ものである。彼らは今回の決断を「タイミングが悪い。一方的で良くない」などと批判している。彼らにとっては左翼思想が第一であってユダヤであることは二の次三の次である。

トランプ大統領のスピーチは概ね良いものであるが、一つの懸念は「二国間での平和解決」への方針を維持していることである。二国間とはイスラエルとパレスチナのことであるが、歴史的事実としてパレスチナ側が平和を希求したことは一度もない。かの地に平和が訪れるとしたら、それはイスラエルによる支配によってのみ可能である。

トランプ大統領の演説はその真実を知った上での政治的発言か、それともまだその域に達していないのかは不明であるが、大使館移設を始めとする今後の具体的な動きに注目したい。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM