優良誤認を責める騙し屋政府

  • 2017.12.17 Sunday
  • 14:50
 

「痩せるレギンス」根拠なし 通販会社に措置命令 12/14(木) 朝日新聞デジタル 
「履くだけで痩せる」などと根拠のないダイエット効果をうたって商品のレギンスを宣伝したのは景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして、消費者庁は14日、通信販売会社「SAKLIKIT(さくらいき)」(大阪市中央区)に対し、再発防止を求める措置命令を出した。


政府は国民から税金を徴収して様々な「サービス」を提供している。

年金・・・ 政府は国民に政府の年金サービスへの加入を義務付け、「あなた方に将来これが返ってくるんですよ」と根拠のない約束をしている。

医療・介護保険・・・ 政府は国民に安価で潤沢な医療・介護サービスという根拠のない甘言で国民を騙し続けている。

待機児童対策・・・ 政府は保育サービスを人為的に安価にして需要過多を引き起こしながら一方でその対策と称して解決への根拠のない試みを繰り返している。

これらの結果、政府は処理する当てのない巨額の財政赤字を積み上げている。

そしてその財政赤字を解決するためと称して根拠のない増税を行い、また今後の増税を計画している。

国家政府による現在の国民、そして未来の国民に対する壮大なる騙しである。

その政府が「痩せるレギンス」という矮小で人畜無害な広告に対して根拠の欠如を責め、再発防止を要求して罰金を科す、というのであるから冗談もほどほどにしなければならない。

我が国では政府が商品サービスの表示に関する文言、広告に関する文言、効果効能をどう表示するか、価格をどう表示するか、何を言ってはいけない、何を言わなければならない、といったことを細かく規定している。

これらすべて「国民を保護するため」という根拠のない理屈によるものである。

国民を大々的に騙す政府が国民を他の国民の誇大広告から守る、というのであるから冗談もほどほどにしなければならない。

誇大広告に釣られて被害を被る個人はいるであろうが、それを解消するのが市場経済におけるブランドである。荒唐無稽な広告で客を釣ろうとする業者は市場経済では自然と信頼を失って淘汰されていくのである。

政府がそのプロセスを邪魔しなければ、の話であるが。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM