国家によって葬られたアルフィー

  • 2018.04.29 Sunday
  • 11:17

 

重病英男児が死亡、両親の訴えもむなしく呼吸器取り外し
4/28(土) 18:05配信 【AFP=時事】英国で、重病で人工呼吸器によって生命が維持されてきたアルフィー・エバンス(Alfie Evans)ちゃんが28日、呼吸器が外され、死亡した。息子の延命のために法廷で争い、ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王の支持も得ていた男児の両親が明らかにした。


国民が医療を受ける権利を国家が保障する。国民が医療を受ける費用を国家が負担する。医療は国家の事業であり、国家の責任である。国民皆保険は文明の証である。

これが何を意味するかを、この一件は如実に示した。

生まれながらにして難病を患った生後23か月のアルフィーは人工呼吸器を取り外されて5日後の4月28日午前2時30分、国家によって葬られた。

Terminally ill UK toddler Alfie Evans dies



延命処置を停止することを決定した際の国家の説明はこうであった。アルフィーは人工呼吸器によってのみ生命を維持しており、人工呼吸器を取り外せば「即時に」生命を失う状態である。回復の見通しが皆無であるアルフィーは植物状態の生命を終わらせることを「許される」べきである。

この映像は人工呼吸器を取り外される直前のアルフィーである。




かけられる言葉を聞き、目を動かし、まばたきし、笑みさえ浮かべる植物があるであろうか。

人工呼吸器を外されたアルフィーは国家が認める医師と専門家の権威ある予言に反し、5日間生き続けた。

治療を与えることを申し出たイタリアとローマ教皇のもとへ飛ぶ時間はたっぷりあった。だがイギリス政府はそれを認めなかった。

医療の責任は政府にあるのであり、親ではない。患者の状態を判断して適切な医療行為を選択するのは政府であり、親ではない。当然親が政府の領域を侵犯することは許されない。

殺されようとするアルフィーを病院から救い出そうとする親と支持者に対して政府がとった手段はこれであった。

病院を「守る」警察隊


政府は国民皆保険制度を守るためにはアルフィーを殺すしかなかった。もしもアルフィーがイタリアで治療を受けた結果として生きながらえたとしたら、はたまた「最悪にも」通常の生活ができるようになろうものなら政府と国民皆保険制度の面目丸つぶれである。それは断固として阻止しなければならない。国民皆保険制度は国家の誇りである。アルフィーの小さな命ごときで危険に晒してはならない・・・

強大な国家権力を前に誰一人として断固たる抵抗を試みる人はいなかった。この不条理さを前に前後の見境なくアルフィーを救出しようと試みる人はいなかった。アルフィーは皆に見守られながら息を引き取った。

まるでカフカの「審判」のような世界・・・ これが優しさに満ちた国民皆保険制度の真の顔である。

参照:
Nigel Farage talks Alfie Evans and Britain's medical system



Here's the 'Legal' Reason Why the UK Can Force Alfie Evans to Die

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM