「極右」- 左翼の捏造したフィクション

  • 2011.08.14 Sunday
  • 12:49
 

「極右勢力」という言葉がある。 特にノルウェーの事件以来盛んにメディアに登場する。 また、アメリカの選挙戦を語るブログにはミシェル・バックマンやサラ・ペイリンを「極右」と呼ぶもの知らずがいる。 

 

「極右」とは何か。 これは左翼の作り出したフィクション、作り物、捏造に他ならない。 「極右」すなわち、「右過ぎる」などということは論理的にあり得ない。 なぜかというと、右とはすなわちRightであり、Rightとはすなわち正しいということだからだ。 

 

正しいというのは良いことであり、役に立つということである。 「過ぎる」ということは「過ぎたるは及ばざるがごとし」というように、過度にありすぎて悪いということである。 例えばビタミンAは適量の摂取は良いが過ぎれば害になるというように。 だから、「極右」という言葉は「正し過ぎる」となり、互いに矛盾する。 論理的にあり得ない。 存在し得ない。 すなわち架空である。

 

では何故「極右」なる言葉が発明されたのか。 一つは左翼が右翼すなわち保守に対して汚名を着せるためである。 二つ目は左翼同士がけんかするときにお互いを貶めるためである。 スターリンはヒットラーをファシストと呼んだ。 ファシストは極右と呼ばれた。 メディアはファシズムは共産主義の対極という考えを繰り返し民衆に刷り込む。 左翼メディアは共産主義を美化し、それの対極としてファシズムを取り上げる。

 

スターリン、ヒットラー、ムッソリーニ、それとフランクリン・ルーズベルトは精神的兄弟であったというのが事実である。 なぜかというと、彼らは共通して大きな政府による民衆の支配、すなわち社会主義の実現を目指したからだ。 スターリンが国際的な拡大主義で、ヒットラーがゲルマン民族主義だった、ヒットラーは反ユダヤだったがムッソリーニはそうでなかった、という違いがあるくらいである。 もしくはファシズム、国家社会主義、共産主義、ニューディールという似た思想の名前の違いがあるくらいである。  上に挙げた誰もが独裁的で反民主主義であったことは事実である。 Jonah Goldberg"Liberal Fascism"にこれらの思想が同じ起源を共有していることが克明に記されている。

 

ノルウェーの事件の犯人は非常に錯乱した考えの持ち主である。 無実の人間を殺すという行為を正当化したいために反イスラム主義者、アメリカ建国の父、現在の保守論者といった人々の言葉や意見をつぎはぎしてフェイスブックに投稿したそうだが、あちこちからの考えや言葉を文脈を無視して引っ張ってくるという行為は極めて左翼的な行為であり、保守の行為ではない。 故に、この犯人を「保守」と結びつけるのは欺瞞以外の何物でもない。

 

左翼の言説は100%、全てが誤りである。 歴史的にそれは証明されている。 保守の言説は正しい。 それも歴史的に証明されている。 何故100%と言えないかというと、保守と言ってもそれぞれが違う意見を持ち、互いに意見を異にするからである。 保守というのはバランスである。 それは言論の自由であり、経済の自由であり、規律であり、国家が制限された中で役割を果たすことである。 

 

右へ行けば行くほどバランスが取れ、社会は良くなり、経済は活発化し、治安は良くなり、国は繁栄する。 だから、「行き過ぎる」ということはあり得ない。 行けば行くほど良い。 その反面、左に行けば行くほどバランスは崩れ、社会は瓦解し、経済は落ち込み、治安は悪化し、国は衰退する。 だから、行けば行くほど悪い。

 

中道派というのは左翼の悪い部分を半分含んでいて、それでいてバランスが取れているような顔をするたちの悪い存在である。 左翼は保守の作り出した良き社会に寄生しつつ毒をばら撒く存在である。 極左は自身が寄生する社会をも破壊しようとするテロリストである。

 

「極右」なる言葉、それは低劣なフィクションである。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Diana West "American Betrayal"読了
    村中哲男 (10/15)
  • Diana West "American Betrayal"読了
    CBJ (10/14)
  • Diana West "American Betrayal"読了
    村中哲男 (10/02)
  • 気候変動というカルト宗教、そして3年連続の記録的寒さ
    CBJ (09/30)
  • 気候変動というカルト宗教、そして3年連続の記録的寒さ
    森田研究員 (09/29)
  • パレスチナとは、イスラエルとは… 民族差別の欺瞞を正す
    CBJ (07/08)
  • 「Blacklisted by History」読了 マッカーシズムとは何だったのか
    カーター (02/12)
  • 「Blacklisted by History」読了 マッカーシズムとは何だったのか
    CBJ (02/11)
  • 「Blacklisted by History」読了 マッカーシズムとは何だったのか
    村中哲男 (02/09)
  • イスラムの侵略者が欧州を襲う
    村中哲男 (02/09)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM