ロンドン・テロ 動機はイスラム

  • 2013.06.01 Saturday
  • 11:07
 

ロンドンの郊外ウールウィッチの軍施設付近にてイスラムによるテロが行われた。 マスコミでは「刺殺事件」として伝えられている。 25歳の非番の兵士が白昼に二人の黒人イスラム教徒によって短刀と肉切り包丁で首を切断されて殺された。 これは「刺殺」には違いなかろうが「刺殺」にとどまる事件ではない。 犯人達の目的は人々の心にイスラムに対する恐怖を植え付けることであった。 それは彼らの内の一人がカメラに向かった喋った一連のセリフから明らかである。 だから、この事件は他でもなく「テロ」なのである。

 

警察は2人を逮捕して犯行の動機を調べているのだという。 だが、たった1ヶ月前に起きたボストンのテロと同じく、動機など調べる必要もないことである。 なぜならばこのテロが他でもなく、イスラムの、イスラムによる、イスラムのためのテロであることは火を見るよりも明らかだからである。 動機は何か? 動機はイスラムである。 何がきっかけだったのか? きっかけはイスラムである。 何が彼らを突き動かしたのか? 彼らを突き動かした原動力はイスラムである。 彼らはイスラムによって犯行に及び、犠牲者の兵士はイスラムによって殺されたのであり、イギリス社会はイスラムによって恐怖を植え付けられたのである。

 

イギリスは多くのイスラム教徒を移民として受け入れてきた。 彼らイスラム教徒はイギリス社会にの中に彼らの社会を形成し、その数を爆発的に増やしてきた。 いまやイギリス内には官憲も立ち入れないNo-Go Zoneがいくつも存在する。 ヨーロッパ各国でも同じ状況である。 No-Go Zoneとは「イスラム教徒でなければ立ち入るな」「イスラム教徒でなければ立ち退け」「その中ではイスラム法に従え(イギリスの法は適用されない)」という場所である。

 

イギリスのあちこちに建てられたモスクからは毎日薄気味悪い祈りの声(呻り声)が拡声器によって街中に流される。 この世の一番の環境破壊は何かといえば、それはモスクの祈りである。 これは公害という他ない。 なぜならば彼らは朝っぱら6時くらいから悪夢のような呻り声をマイクを使ってがなるのである。 やりたいならば日中誰の迷惑にもならない時間にやればよいことであるが、彼らには人の迷惑というものが理解できない。 まさに住「環境」の破壊である。 イスラムのファシズム性・全体主義性・専制性の所以である。

 

ウールウィッチのイスラム・テロリストは兵士を殺した直後に周りに集まった人々のビデオカメラにむかって声明を発表した。 左手に殺害に使った短刀と肉切り包丁を持ち、鮮血に染まった右手を振り回しながらである。

 

 

 

"The only reason we have killed this man today is because Muslims are dying daily by British soldiers. And this British soldier is one. It is an eye for an eye and a tooth for a tooth. By Allah, we swear by the almighty Allah we will never stop fighting you until you leave us alone. So what if we want to live by the Shari'a in Muslim lands? Why does that mean you must follow us and chase us and call us extremists and kill us? Rather you lot are extreme. You are the ones that when you drop a bomb you think it hits one person? Or rather your bomb wipes out a whole family? This is the reality. By Allah if I saw your mother today with a buggy I would help her up the stairs. This is my nature. But we are forced by the Qur'an, in Sura At-Tawba, through many ayah in the Qu'ran, we must fight them as they fight us. An eye for an eye, a tooth for a tooth.  I apologise that women had to witness this today but in our lands women have to see the same. You people will never be safe. Remove your governments, they don’t care about you. You think David Cameron is going to get caught in the street when we start busting our guns? You think politicians are going to die? No, it’s going to be the average guy, like you and your children. So get rid of them. Tell them to bring our troops back so can all live in peace. So leave our lands and we can all live in peace. That’s all I have to say. [in Arabic:] Allah’s peace and blessings be upon you."

http://www.liveleak.com/view?i=37e_1369335448 より

 

アラーの名において、俺たちはお前らとの戦いをやめない シャリア法(イスラム法)のもとで生きるのは俺たちの権利だ 俺たちを狂信者呼ばわりして邪魔立てするな 俺たちはコーランによって行動に駆り立てられる お前らは絶対に安心して生きることはできない….

 

 

 

テロリストはそう言い放ってから道路を横切る。 向うに見えるのがもう一人のテロリスト(赤丸)、 道路に横たわるのが殺された非番の兵士である。

 

殺された兵士はアフガニスタンに出征して戦った愛国者であったが、同時に一人の夫であり、父親であった。 家族の悲しみははかり知れない。


 

 

なぜこのようなテロが発生したのか…. テロリスト達の動機など、分かりきったことを探っても無意味である。 なぜならば個別の事件は大きな流れの一コマに過ぎないからである。 大きな流れとはイスラム教徒の大量流入とそれに伴うイスラム・テロ思想の激成、そして政府やマスコミのそれに対する容認である。

 

テロ事件後、政府や国内外の左翼メディアはイスラムやテロを糾弾するどころか、あろうことか「極右団体による過激な反応に注意せよ」と呼びかけたのである。 そしてEDL (English Defense League)を名指しで極右団体と呼び、彼らが「偏見と憎しみと分断を煽っている」というデマを流したのである。 このようなPolitical Correctness = 政治的妥当性こそがイスラムとテロの伸張を助長しているのである。 イスラムがテロ思想である事実を認識せず、テロという恐怖を植え付ける行為が一般犯罪と別格であることを認識せずそれがイスラムとテロの伸張を助長しているのである。

 

イスラムには狂信も穏健もない。 あるのは「イスラム」のみである。 イスラムという宗教はファシズム思想であり、全体主義思想であり、専制思想である。 「狂信的イスラム」がテロに結び付くのではない。 「イスラム」がテロを起こすのである。

 

幸いにして日本にはイスラム教徒はまだ少ない。 イギリスやヨーロッパ、アメリカ(ミシガン州・ディアボーン市)の不幸な先例から何を学ぶことができるのか。 それは、イスラム教徒は移民として受け入れてはならないということである。 一度イスラム教徒を受け入れれば、イスラムが社会に注入され、その毒は癌となり、その癌は増殖しながら社会に暴力と不安定をもたらす。 我々はイギリスにおける末期的症状を目の当たりにしているのである。

 

 

追記:

  • 政治的妥当性がまかり通るイギリスにおいて、孤軍奮闘している自由の闘士がいる。 それがEDL =  English Defense League(イングランド防衛同盟)であり、そのリーダー、Tommy Robinson(トミー・ロビンソン)である。 Wikipediaには「極右団体」などとあるが、どこかのモノ知らずが書いたのであろう。
  • オランダの闘士はGeert Wilders(ヘルト・ウィルダース)、アメリカの闘士はPamela Geller(パメラ・ゲラー)である。 彼らの勇気には脱帽である。

ボストン・テロ 動機は"イスラム"

  • 2013.05.01 Wednesday
  • 14:09

There is no such thing as "Moderate Islam".  There is "Moderate Muslim".
Geert Wilders - A Dutch Freedom Fighter

「穏健なイスラム教徒というのは存在する。穏健なイスラム教というものは存在しない」
ヘルト・ウィルダース  オランダの自由の戦士

ボストンで起きた痛ましい爆破テロ事件について、二人の犯人がなぜテロ行為に及んだのか、「動機は謎である」というマスコミの報道がある。これは誤報である以上に悪質なプロパガンダである。なぜならば、それは人道に反するテロリズムの本質を故意に覆い隠し、世論をあらぬ方向に誘導する行為だからである。










テロリストの母親「息子を殺すなら殺せ!アラフ・アクバル!」

テロリストの動機は明らかであり、一言で表現することが出来る。テロリストの動機は「イスラム」である。彼らの動機はそれ以上でもそれ以下でもなく、それ以内でもそれ以外でもない。イスラム教の教えこそが彼らの内なる悪をけしかけ、彼らのエネルギーを突き動かし、彼らの意思を決定させ、行動へと駆り立てたた原動力なのである。

彼らイスラム・テロリストは決してアラーの教えを捻じ曲げた」のではない。「テロこそがアラーの教え」なのであり、「テロこそがイスラムはの教義」なのである。証拠はどこにあるのか。それを探るためにコーランを紐解く必要はない。過去10数年世界を震撼させてきたテロに次ぐテロの全てはイスラム教徒によるものであった。

 
  • 2001年のテロ、9.11はイスラム教徒によるものであった。
  • 同じく2001年、靴に爆弾を仕掛けて飛行機を爆破しようとしたリチャード・リードはイスラム教徒であった。
  • ブリーフに爆弾を縫い込んで飛行機に乗り込み、上空で爆破しようとしたアブドゥル・ムタラブはイスラム教徒であった。
  • ニューヨーク・タイムズスクウェアで自動車を爆破させようとしたファイサル・シャザードはパキスタン出身のイスラム教徒であった。
  • テキサス・フォートフッドの軍事基地で同僚達を無差別に射殺したニダル・ハッサンはイスラム教徒であった。 ※2年後の2011年に同じ場所で同じような射殺未遂があったがその犯人はナセル・アブドという名前のイスラム教徒であった。
  • 2005年に起きたロンドン同時爆破テロ事件はアルカイダ系・イスラムテロ組織によるものであった。
  • 2004年に起きたスペイン・マドリッドでの列車爆破事件はアブー・ハフス・アル=マスリー殉教旅団というイスラムテロ組織によるものであった。
  • 2008年に起きたムンバイ同時多発テロもイスラムテロ組織によるものであった。

イスラムによるテロに次ぐテロである。ロンドン、マドリッド、ムンバイなど、もう既に記憶の彼方にあるし、時系列も不明確なほどである。

キリスト教徒、ユダヤ教徒、仏教徒、ヒンズー教徒、ゾロアスター教徒、等等、数ある宗教の中でテロを引き起こすのは必ずイスラムである。イスラム法「シャリア」の適用マニュアルとして権威を持つ"Reliance of the Traveller"を一瞥すればイスラムの後進性、非文明性、不寛容性、暴力性、ひいてはテロとの関連は明確である。

 
  • イスラムからの離脱に対する刑は死である (o 8.0 & ff)
  • ジハードとは非イスラム教徒に対する戦争を意味する (o 9.0)
  • イスラム教徒に対する罪は、非イスラム教徒に対する罪よりも重い (o 1.0 & ff; p2.0-1)
  • 姦淫に対する刑は投石による死である (0 12.0 & ff)
  • 同性愛行為に対する刑は死である(p17.0 & ff)
  • イスラム教徒の女性はイスラム教徒の男性とのみ結婚をしてよい…女性は夫に対して従属せねばならず、外出するに際しては必ず夫の許可を得ねばならない (p42.0 & ff)
  • 利子を得ることに対する刑は死である(p7.0 & ff)
  • あらゆる楽器は非合法である。歌を歌うことは禁じられている(r 40.0 & ff)
  • 女性による証言は男性による証言の半分の価値を与えられる(o24.9) ※強姦された女性が訴えればその女性が逆に姦淫の刑に処せられるケースが多い。

冒頭に紹介したヘルト・ウィルダースが言うように、穏健な「イスラム教徒」は存在するが、穏健な「イスラム教」は存在しない。それは穏健な「ナチ支持者」、穏健な「共産主義者」は大勢存在するが、穏健な「ナチズム」、穏健な「共産主義」は存在しない、ということと同じである。

テロリストはマラソン大会を狙った。彼らが狙ったのはホワイトハウスでも国防省でもCIAでもFBIでも警察でも市役所でも消防署でもなかった。人々は走るためにマラソンに参加する。そこには政治的な要素の欠片もない。

ランナー達はひたすら走り、様々な想いを想い、あるいは何も想わず頭を空にし、汗を流し、そしてゴールに到達する。観客達はランナー達のラストスパートに声援を送る。そこには政治的な要素の欠片もない。性別も、年齢も、人種も、宗教も、そこにはない。そこにあるのは「走る」という共通目的だけである。

テロリストが狙ったのは他でもなく人々が沢山集まるゴール付近であった。それほどまでに彼らは無差別であった。テロ=恐怖… 彼らの目的はまさに人々に恐怖を与えることである。そして恐怖によって人々の行動様式と思考に影響を与えることである。最終目的は世界のイスラム化である。

イスラムが中東からアジアへ広がり、今や西ヨーロッパ、そしてアメリカの一部(ミシガン州・ディアボーン市)を制圧しつつある現状を見れば、「世界のイスラム化?アホか」という言葉は出てこないはずである。

2005年にデンマークのある新聞がイスラムの預言者ムハンマドを風刺する漫画を掲載したことに対してイスラム教徒達がヨーロッパ各地でデモを起こした。映像によってその暴力性を見るべし。

    Kill! Kill! Denmark! 殺せ!殺せ!デンマーク!
    We Want Danish Blood! デンマーク人の血を!
    Jihad Is On Its Way! ジハードの出番だ!

イスラム教徒の移民を大量に受けれたロンドンはいまやLondonではなくLondonistanとなった。暴徒化する狂ったイスラム教徒達の映像を見てその暴力性を確認するべし。イスラム教徒を受け入れるとこういう事態が発生する。

2012年7月ミシガン州・ディアボーン市。 イスラムフェスティバルにて、キリスト教の福音を伝えようとする人々(キリスト教によって成り立ち、言論の自由が保障されているアメリカにおいて完全に合法的な行為)に対し、警察が見守る中でイスラム教徒達が怒鳴るは物は投げつけるはの騒動を繰り広げるという事件が起きた。映像でこの暴力性を見るべし。警察が不在であったら彼らがどのような行為に及んでいたか、想像もしたくないほどである。イスラムが「平和の教え」どころではなく如何に「暴力と不寛容の教え」であるかを実証した事件であった。


ボストンマラソンのテロはイスラムによって引き起こされた。

イスラム教は共産主義に並ぶ現代における世界的な脅威である。

イスラム教はファシズム・全体主義・専制・テロの思想である。

イスラム教は憎むべき、唾棄すべき、悪の思想である。




追記:

タイの南部ではイスラム教徒による凄惨なテロが続いている。過去10年で5000人を超える死者が出ている。その数でいえば9.11をしのぎ、世界最大のイスラムテロと言えるが、不思議なことにメディアの扱いは小さなものである。メディアではテロの原因はタイ政府が分離勢力を武力で抑え込もうとしてきたせいだと報じられる。だが実際は逆で、歴代政権による「対話」を重んじる宥和政策のためである。インラック政権はテロ組織との対話を更に促進させようとしているが、稚拙で危険な行為である。

「穏健なイスラム教」を自称するアハマディア・イスラムという少数派がいる。彼らは実際に多数派イスラム教よりも穏健である。彼らは自分達の穏健な解釈を正当なアラーの教えであるとし、イスラムを擁護する。だが彼らは多数派イスラム教徒からは完全に異端視され、あらゆるイスラム教国で残忍な弾圧にあっている。したがって彼らをイスラムの一派として扱うのは全く無意味である。 

※しかしイスラムを擁護する彼らを難民として受け入れるのは危険である。 

※インドネシアでイスラム教徒達に撲殺されるアハマディア教徒達 - 映像は実に残虐であり、涙脆い者や心臓の弱い者は見るべからず。





 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM