The New York Times - The History of Shame and Denial, Part 2

  • 2014.03.22 Saturday
  • 20:03
 

Open Letter to The New York Times

 

But before he gets to Japan’s postwar culture, he also whitewashes the history of the war. He and other nationalists still claim that the Nanjing massacre by Japanese troops in 1937 never happened. His government on Friday said that it would re-examine an apology to Korean women who were forced into sexual servitude by Japanese troops. And he insists that visiting the Yasukuni Shrine, which honors Japan’s war dead including convicted war criminals, merely shows respect for those who sacrificed their lives for their country. Despite clear signals from Washington to refrain from visiting the shrine, he went in December.

 

The New York Times, by Editorial Board, March 2, 2014

 

 

I would like to congratulate The New York Times for nearly completing the destruction of its own journalistic standing and reputation. As a reward for your efforts, The New York Times, I would like to grant a history lesson that may give you a perspective.

 

Although Mr. Abe succumbed to the pressure from the interventionist Obama administration not to re-examine the Japanese government's conventional position regarding the alleged "Japanese army's criminal enslavement of women (mostly from Korea)" to our dismay, the fact is there that this allegation is a complete fabrication.

 

Since the 1st "sex slave" named Kim Hak-sun filed a lawsuit in 1993 in Tokyo with false charges (she claimed she had been abducted by Japanese military, whereas she had said in prior testimony in Korea that she had been sold by her parents), so called former sex slaves continued to come out to take advantage of the situation.

 

Since then, the allegation has been disseminated with fabricated "evidences" by South Korean government, left wing operatives and their cohorts in a lot of different countries, including sadly the United States.

 

Thanks, however, to the efforts by a lot of individuals and groups, the allegation has been proven to be a total lie.  Here, I would like to pick a historic record - a record by the United States Army back in 1944 in Burma where battle was still ongoing. The American troops defeated the Japanese army in Myitkyina in August 1944, and the record was made from the interviews conducted by the American army officers to the Korean women found there after the battle.

 

This record is uncovered by an American individual, Mr. Tony Marano, who contacted National Archives to get a copy of the original document.  The whole document is available on his great website Propaganda Buster.

 

Some interesting excerpts;

 

This report is based on the information obtained from the interrogation of twenty Korean "comfort girls" and two Japanese civilians captured around the tenth of August, 1944 in the mopping up operations after the fall of Myitkyin a in Burma.

 

A "comfort girl" is nothing more than a prostitute or "professional camp follower" attached to the Japanese Army for the benefit of the soldiers.

 

They lived in near-luxury in Burma in comparison to other places. This was especially true of their second year in Burma. They lived well because their food and material was not heavily rationed and they had plenty of money with which to purchase desired articles. They were able to buy cloth, shoes, cigarettes, and cosmetics to supplement the many gifts given to them by soldiers who had received "comfort bags" from home.

 

While in Burma they amused themselves by participating in sports events with both officers and men, and attended picnics, entertainments, and social dinners. They had a phonograph and in the towns they were allowed to go shopping.

 

Soldiers would come to the house, pay the price and get tickets of cardboard about two inches square with the prior on the left side and the name of the house on the other side. Each soldier's identity or rank was then established after which he "took his turn in line". The girls were allowed the prerogative of refusing a customer. This was often done if the person were too drunk.

 

The "house master" received fifty to sixty per cent of the girls' gross earnings depending on how much of a debt each girl had incurred when she signed her contract. This meant that in an average month a girl would gross about fifteen hundred yen. She turned over seven hundred and fifty to the "master".

 

The interrogations further show that the health of these girls was good. They were well supplied with all types of contraceptives, and often soldiers would bring their own which had been supplied by the army. They were well trained in looking after both themselves and customers in the matter of hygiene. A regular Japanese Army doctor visited the houses once a week and any girl found diseased was given treatment, secluded, and eventually sent to a hospital.

 

The average Japanese soldier is embarrassed about being seen in a "comfort house" according to one of the girls who said, "when the place is packed he is apt to be ashamed if he has to wait in line for his turn". However there were numerous instances of proposals of marriage and in certain cases marriages actually took place.

 

This is a record accessible to all US citizens at National Archive.  This is not a record concocted by "right-wing ultra imperialistic nationalist" in Japan.

 

Those so called "sex slaves" were not slaves at all. They were professionals. They were well paid and treated fairly. The average monthly wage they were receiving, YEN 1,500 was much more than the salary received by General Hideki Tojo (YEN 800).

 

And yes, our military was involved. The involvement was mostly for the protection of our soldiers and women from the diseases and various harms of being in the battlefield.

 

Violent coercion by the military? Enslavement by the military? Please tell me... where could you find a slave who can go shopping and picnics with slave masters and get paid?

 

There were those who were coerced or deceived into it "by the agent" who ran the prostitution business or the impoverished "parents of the women" who wanted to sell them for money. That was absolutely nothing to do with our military.

 

There were those individual cases where women were mistreated. If mistreatment of any kind is the indictment, we have cases after cases where our citizens are mistreated by the US military personnel in Japan where US military bases are located, which we deal with individually instead of making them a huge national issue.

 

Before the lawsuit, there was not a single Korean who made an official complaint on this issue.

 

Until now, not a single official document that implies "forced enslavement" of women by the Japanese military.

 

Until now, there has not been a single person who saw the abduction of the women by the Japanese military.

 

If the existence of the "prostitution" was the indictment… I would like to recommend The New York Times to make a research on "Recreation and Amusement Association (RAA)". RAA was created in the post war Japan by Japanese government "for the United States soldiers" in 1945 August for the purpose of "reducing" raping of our women by the US soldiers.

 

And, don't worry - these women were enlisted voluntarily.

 

US soldiers at a brothel run by RAA.

 

Unlike you, The New York Times, we Japanese don't condemn the United States soldiers for using the service provided by our women and the arrangement coordinated by our government at the time.

 

God bless you and have a nice day.  Enjoy the remaining days until the value of your paper goes lower than the recycled toilet paper.

 

歴史とは何か

  • 2013.10.03 Thursday
  • 00:45
 

歴史とは何なのか。 歴史は何のためにあるのか。 

 

歴史とは単なる記録でも、単なる事実の羅列でも、単なる年表でない。 

 

歴史とは国家の物語であり、国家の賛歌である。 日本の歴史といえば、日本国の物語であり賛歌なのである。

 

歴史を語る目的とは、それは国家の誇りを語ることに他ならない。 国家観無き歴史は有り得ず、歴史観無き国家は有り得ない。 なぜならば、歴史をどのような視点でどのように語るかは、国家のあり方によって全く異なるからである。 なぜならば、誇りを語り継ぐこと無しに国家は存続しえないからである。

 

大東亜戦争は三百万人以上もの日本人が犠牲となった戦いである。 あのときに国家が経験したのは事故でも災害でもない。 存亡の危機を経験したのである。 故に、あの大戦をどう捉えるかは国家をどう捉えるかに直結する。

 

大東亜戦争にいたる経緯を振り返るのも反省するのもよいだろう。 しかし、日本人であるならば、やってはならないことがある。 それは大東亜戦争における日本の正当性否定することである。 日本の正当性を否定するならば、それは自らが日本人であることを否定するのと同じことである。

 

結果的に日本が大東亜戦争で敗北したのは事実である。 その事実に対する反省はすればよいし、また、しなければならない。 しかしどのように反省しようとも、あの戦いが防共の戦いであり、自衛の戦いであり、そして開放の戦いであった事実を減じるものではない。 それを賛美・美化というならば、それもよかろう。 自国を美化・賛美し、正当性を主張しない歴史など、犬にでもくれてやればよいのである。

 

なぜ国の歴史は自国を美化し、賛美し、自国の正当性を主張しなければならないのか。 それは国民の安全と自由を守るためである。 歴史とは国家の正当性と正義の論理的裏づけである。 それ故に、歴史の後ろ盾を失えば国家は瓦解するのみなのである。 我々が国家の瓦解を目の当たりにしている一つの原因は歴史の喪失である。

 

アメリカには保守と左翼がいる。 アメリカの歴史を美化し、賛美し、その正当性を主張してやまないのは保守である。 逆に、アメリカの歴史を貶め、歪曲し、足蹴にするのが左翼である。

 

アメリカの保守は第二次世界大戦での日本に対する原爆投下の正当性絶対に譲らない。 あれがホロコーストに通ずる民間人の虐殺であり、投下を決定したのがスターリンの影響を強く受けた民主党の大統領であったにも関わらずである。 「あれは戦争を早く終わらせるための方法だった」「アメリカ兵の犠牲者をこれ以上出させないための方法だった」「本土上陸戦を回避し、日本人の民間人の犠牲を最小限に抑えるためだった」はたまた「捕虜の虐待やアジア人虐殺など、日本軍の暴虐を止めるためだった」などという輩もいるくらいである。

 

アメリカの保守はフランクリン・ルーズベルトの社会主義政策であるニューディールを批判する。 しかし日米開戦はほぼ全会一致で賞賛である。 「真珠湾攻撃を忘れるな」はいまだに彼らの合言葉である。 ハルノートは酷い内容だったとか、実はあれを書いたのは後にスターリンのスパイだと分かったハリー・ホワイトだったとか、そのような細かいことは言いっこなしというわけである。 少なくとも公式の歴史見解においては。

 

彼らにとって真珠湾攻撃を日本の視点から見るなどということはあり得ない。 なぜ日本は攻撃したのか、などという問いを発することはない。 彼らにとって日本が真珠湾攻撃を仕掛けた理由はただ一つである。 日本は邪悪な国だった… ただそれだけである。 それ以上でもそれ以下でもない。 「邪悪な国だったら、その元首はなぜ絞首刑にならなかったのか」などという面倒くさい質問はしっこなしというわけである  少なくとも公式の歴史見解においては。

 

ベトナムも同じである。 ベトナム戦争ではアメリカは10年以上も戦い、結果的に約58,000人もの戦死者を出して敗北に終わった。 屈辱の敗北である。 麻薬問題の輸入、国内の荒廃と分裂という最悪の結果となった。 それにも関わらず、彼らは一貫してベトナムは正義の戦いであったとの見方を崩さない。

 

なぜアメリカの保守がそのような歴史観を持つのかといえば、それは彼らの使命はアメリカという国家を守ることだからである。 だからとにかく自国の正当性ありきで細かい矛盾や不都合などに対してはあえて目を瞑るのである。 それでよいのである。 そういうものなのである。

 

日本には日本の歴史がある。 アメリカにはアメリカの歴史がある。 韓国には韓国の歴史がある。 一つの事実は海の向こうとこちらでは全く違うものとなる。 それでよいのであり、また、そうあるべきなのである。

 

日本が共産主義にのみ込まれるのを免れたのは、ひとえに日本が中国大陸・アジア諸国へ出て行って戦ったからである。 闘いの前線を外へ持っていったからである。 尼港事件と通州事件で日本は共産主義の悪と恐ろしさを知った。 日本は共産主義というものを、マッカーシー、ゴールドウォーター、レーガンに先駆けて認識した。 戦後日本に駐留したマッカーサー元帥は、朝鮮戦争で共産主義の脅威と戦う自分が「戦中の日本と全く同じことしている」事に気付いたのである。 だから、その後マッカーサー元帥は「あの戦争は日本にとってて防衛戦争だった」と議会で証言したのである。

 

大東亜戦争以前はアジア諸国はヨーロッパ植民地主義によって蹂躙されていた。 当時はヨーロッパ植民地主義が世界最大の覇権主義だったのである。 ベルギーのレオポルト二世などはアフリカのコンゴを植民地化し、その土地の人間を八百万人も殺している。 ヒトラー、スターリンと良い勝負である。 もしくはそれ以上の業である。 しかし大東亜戦争によって日本はアジアからヨーロッパの植民地主義者達を追い払ったのである。 そして戦後、多くの国々が独立を勝ち得ることになった。

 

歴史の反省もよいし史実の検証もよいだろう。 だが「自国の肯定」という歴史の基本をないがしろにし、今の心地よい生活から当時の日本の置かれた過酷な状況を眺め、自らの歴史を汚すことほど愚かしいことはない。 日本人は日本の視点からのみ歴史を見ればよい。 そして、語ればよい。 誇らしく、朗らかに、高らかに。 大東亜戦争は「正義の戦い、自衛の戦い、防共の戦い、解放の戦い」だったのだと。

 

 

追記: 

 

歴史という学問にも基本と応用がある。 基本は自国の正当化・美化である。 「ただしかし、こういう負の側面・暗い側面があった」という部分は上級者コースである それを公教育でやってしまうと下手すると反日感情に陥る危険性がある。 「実は戦時中の日本にも共産主義者がいて...」という知識は基本を押さえたうえで、後から入っていけばよい。

 

日韓併合のおかげで日本の国土は守られたのである。 先代の英断に感謝しなければならない 在日の問題、パチンコの問題国土の防衛を歴史の主産物とすれば、これら問題歴史の副産物と言えよう。 歴史には副産物はつきものである。 主産物と副産物を混同することほど愚かなものはない

 

日本は日韓併合で救われた

『Wilson's War』読了 - 歴史を取り戻す試み

  • 2013.01.12 Saturday
  • 18:04
 

年末年始にかけて歴史家Jim Powellによる『Wilson's War』を読了した。 現代の日本は社会主義の癌が体中に回り、政治、経済、外交全てにおいて死への道を急いでいる。 社会主義の癌は日本が大東亜戦争の敗戦したことによってフランクリン・ルーズベルト、ハリー・トルーマンといったソ連シンパに植えつけられた。 しかし、なぜ日本は大東亜戦争でヒトラー、ムッソリーニと組み、アメリカ、イギリス、ソ連と戦わなければならなくなったのか。 その問いに対し、「1930年台の世界経済ブロック化」という要因を超えた答えを提供してくれるのが本書である。

 

ウッドロー・ウィルソンは日本では「理想主義者」として知られている。 学校では「ウィルソン...理想主義...14か条...国際連盟...」とバカのように暗記したものである。 左翼教育が幅を利かせる本家アメリカでも(保守教育が支配的な国が現在あるか?)ウィルソンは「最も優れた大統領ベスト10」に入る。 ウィルソンの理想に世界はついていけなかったその後1920年台の”無軌道な”資本主義の反動で1930年代は不況と経済ブロック化へ向かい、ドイツ、イタリア、日本では”独裁”が台頭し、世界は枢軸国と連合国に分かれて大戦へと突入した...と一般的に理解されている。 近代史において、もはやウィルソンは柔らかな後光とオブラートに包まれた存在でしかない。

 

Wilson's War』は、ウィルソン大統領の後光の電源を引き抜き、オブラートを引き裂き、その高慢な長い顔にスポットライトを照射する。 20世紀の累々たる死と荒廃の向うに見えるのは、レーニン、スターリン、ヒトラーと並んでもう一人の人物の顔がある。 それはウィルソン大統領の顔である。

 

第一次世界大戦はヨーロッパ人同士の不毛な戦いであった。 20世紀初頭、イギリス、フランス、ベルギー、ドイツ、ロシアといった帝国主義国はアフリカ、中東、アジアに植民地を広げ、出ていった先々で互いに衝突した。 各国はこぞって関税を引き上げ、商売の争いに国家政府が介在することで国家間に敵対感情が生まれ、火花が飛んだ。

 

そんな一発触発の状況下でセルビアの一都市で暗殺事件が起き、それをきっかけに同盟国が同盟国を、そしてその同盟国を芋づる式に戦争に引っ張り込み、敵対国がその同盟国を、そしてその同盟国を戦争へと引きずり込んだ。 それは国と国が国益の主張を衝突させる行為ですらなく、相対する理由もない国どうしが殺しあう戦いであった。

 

主たる戦場となったのはフランスだった。 連合側(英仏露)も中央同盟側(独・墺)も戦線は膠着状態でひたすら互いを殺しあう消耗戦であった。 ヴェルダンの戦いはドイツ330,000に対しフランス350,000。 ソンムの戦いではイギリス兵が塹壕から機関銃を掃射するドイツ側に突入して20,000もの兵が1日で死んだ。 フランス200,000、イギリス400,000、ドイツ500,000という兵士が犠牲になった。 東部戦線ではロシアは最初の1年で4百万もの兵士を犠牲にした。 まさに巨大な人間ミンチ工場の様相を呈した。 イギリスもフランスも脱走兵を処刑した。 兵器に優れたドイツも経済封鎖で国内経済は疲弊し750,000もの市民が栄養失調で死んだ。 

 

戦いに大義はなく、各国の指導者による意地の張り合いでしかなかった。 皆が疲れ果てていた。 放置しておけば自然と終る戦いであった。 誰が勝者になるはずでもなかった。 だが、そこへ登場したのが”理想主義者”ウィルソンだった。 ウィルソンはドイツに対する個人的な悪感情から英仏露支持へ傾く。 ウィルソンはルシタニア号という客船を交戦海域を故意に航行させ、ドイツは事前の警告に従って撃沈、ウィルソンはそれを口実にドイツとの戦端を開く。 

 

ドイツとの拮抗状態に苦しんでいた英仏はアメリカ参戦により圧倒的に優位に立つ。 一方ウィルソンはドイツと講和して戦争をやめたがっていたロシアに対し「戦争を継続せよ、さもなくば資金援助を断つ」と脅す。 ドイツは完全敗者となり、連合側はドイツに対して懲罰的なベルサイユ条約で復讐を果たす。 「善の英米仏が悪の独を裁く」という図式が完成する。 屈辱的な条約を受け入れたドイツ・ワイマール共和国は権威を失い、社会主義とナショナリズムを同時に掲げるナチスが台頭する。 ウィルソンに強制的に戦争を継続させられたロシアは混乱を極め、その状況に乗じたレーニンはロシア革命で国を乗っ取り共産主義政権を打ち立てる。

 

ドイツではヒトラーが政権を取り、ユダヤ人弾圧と軍拡を進める。 ロシアではレーニンが共産化を進めるとともに反対勢力の虐殺を行う。 スターリンはレーニンの後を引き継ぎ大粛清を行う。 ドイツはフランスを飲み込みイギリスと戦端を開く。 戦局はヨーロッパからアジアへ飛び火し第二次世界大戦へと発展する。

 

先の大戦を1930年台からではなく、1910年台から眺めるとき、何が起きたのかがよりはっきりする。 ウィルソン大統領が第一次世界大戦に参戦しなければどうなっていたか...

 

英仏はドイツに勝利することはなかったはず。 イギリスもフランスもドイツも誰が良く誰が悪いわけではなかった。 それぞれが譲歩し妥協せざるを得ず、英仏はドイツに懲罰的条約を押し付けることはできなかったはず。 ドイツに激しい国粋主義が激成されることはなく、よってヒトラーが政権を取ることはできなかった。 ホロコーストもなければポーランド侵攻もフランス攻略もなかった。

 

ロシアではロマノフ王朝崩壊はなかったはずであり、レーニンがボルシェビキ革命を成功させることもできなかったはず。 レーニンが無名で終わっておればスターリンの台頭もなかった。 ソビエト共産帝国樹立は無かったし、その後の東西冷戦もなかった。 共産主義の世界的伝播はなかったし、1億にも及ぶ虐殺もなかった。 

 

Jim Powellは本書では触れていないが、我々が日本人として思考を発展させれば次のことが明確になる。 1930年台のアメリカではウィルソンの弟子であるルーズベルトが政権を握った。 ルーズベルトはスターリンの意を受けて日本に対し戦争を仕掛けた。 結果日本はアメリカに敗れ、最後にソ連の戦争参加によって領土を奪われた。 

 

もしもウィルソン大統領が第一次世界大戦に参戦しなければ、ソビエト連邦はなかった。 とすれば日本は中国大陸で共産ゲリラに対する必要もなかった。 日本は日清日露の対戦で得た台湾と朝鮮半島を平和裏に発展させることが出来た。 満州国を経済発展させ、自由貿易圏を築くことができた。 ソ連が無ければルーズベルト政権内のソ連のスパイ(ハルノートを作成したハリー・ホワイト)もいなかった。 とすれば日本がアメリカと戦う必要もなかった。 日本は原爆を落とされることもなかった。 日本はいまだに世界に冠たる大日本帝国であったはず。

 

ウィルソンという一人の人間の行為がその後の歴史に及ぼした影響はあまりに大きい。 同時にその事実は忘れ去られている。 我々日本人は歴史を失った。 近代史ほど歪曲され逆さまにされたものはない。 だが心ある日本人は歴史を取り戻そうとしている。 その試みに重要な情報を与えてくれるのが本書である。

 

 

参考:

Amazon "Wilson's War"

 

Woodrow Wilson: America’s Worst and First Fascist President

 

American Fascists (Liberals' Heros)

日本は日韓併合で救われた

  • 2012.06.30 Saturday
  • 16:17
 

日本が明治から昭和の激動の時代を、そしてその後現代にいたるまでの過程をいかに生き抜いたきたかを考えるときに忘れてはならないのが日韓併合である。 日韓併合は左翼からは侵略行為と呼ばれる。 時には保守の中にも否定的な見解がある。 

 

「朝鮮人を日本人と一緒にする必要は無かった」「保護化で十分で、併合まですることはなかった」「もともと文化が違うのだから成功するはずはなかった」「あんなことをしたからパチンコ屋だらけになった」「在日問題もそのおかげだ」と、いろいろな意見がある。

 

どれも一定の事実ではある。 しかし問題はどれも真実を捉えていないということである。 これら個別の事実に突き当たったときに常に立ち返らなければならないのは、日本が置かれていた国際情勢、及びその中において国防と独立をいかに維持しなければならなかったか、という現実である。 そして同時に直視しなければならないのは周辺の国々で「独立を維持しえなかった国々」がどのような運命をたどったかということである。

 

日本は明治時代より常に列強の脅威を受けてきた。 国を取り巻く情勢を安定させるためは朝鮮の独立と近代化が必要不可欠であった(地政学的に朝鮮半島は日本に突き付けられた匕首のようなものである)。 日本はそのために日清日露の二つの戦争を戦った。 その間、日本は朝鮮を「清の属国」から「大韓帝国」へと格上げすることに尽力し、援助を行った。 統治を近代化させて経済を発展させるよう再三にわたって促した。 残念ながら後退的な朝鮮文化のため韓国はいささかも前進することが出来なかった。

 

日露戦争に勝利した日本は韓国を保護化し、伊藤博文が暗殺されるに及んで遂に併合する。 保護化も併合も日本が一国で突っ走ったわけではなく、当時アメリカもイギリスも全面的に支持したものである。 それ以外の選択肢はあり得ないと。 その後ロシアは共産主義のソ連となるが、日本はソ連から今までにも増して脅威を受けることになる。 

 

1920年、共産パルチザンがニコライエフスクに駐留していた日本の居留民と軍人合わせて約700名をそして共産主義に同調しない市民6000人を惨殺した尼港事件が起きる。 その虐殺のあまりの凄惨さに日本人は共産主義の悪魔性を知ることになる。

 

革命後のソ連は不戦条約の陰で軍拡に次ぐ軍拡を進めた。 1918年当初に33万だった赤軍は翌年80万になり、 尼港事件のあった1920年には300万になり、そして550万という大軍となった。 凶暴な非文明国家が軍を巨大化していたわけである。

 

ソ連は拡張・侵略を続ける。 1938年、ソ連は「日本が併合していた」韓国北部に攻め入る。 張鼓峰事件である。 ソ連が戦闘機や戦車まで投入したにも関わらず紛争が戦争に発展することを望まなかった軍部は専守防衛を守り苦戦を強いられる。 そこでソ連と戦ったのは日本軍とその指揮下にあった朝鮮軍である。

 

翌年の1939年、ソ連はまたもや一方的な侵略行為をはたらく。 ソ連が満州に攻め入ったノモンハン事件である。 ソ連側2万に対し日本側17千の死傷者を出し、苦戦を強いられる。

 

そして194589日、ソ連は日ソ不可侵条約を踏みにじり対日戦争を開始する。 北から西から東からソ連は満州国に攻め入る。 同時に北から樺太を攻め、北海道に迫る。 同時に極東ソ連から朝鮮半島へ迫る。 




ソ連軍の進軍経路


日ソ軍の配置


ソ連・満州への進軍

地図 Wikipediaより


満州国はソ連の軍政下に入り滅亡、日本は朝鮮を失う。 ソ連支配下の中国北部で共産活動が始動する。 共産党と国民党の戦いを経て共産勢力が中国全土を呑み込む。 中国を逃れた国民党は台湾を支配、台湾はその後李登輝総統による改革が始まるまで長い抑圧の時代に入る。

 

朝鮮半島は一度はソ連に後押しされる共産勢力が制圧するが、1950年アメリカ参戦によって38度線まで押し戻される。 朝鮮の北半分、朝鮮民主主義人民共和国は、スターリン主義と朝鮮文化を掛け合わせた独特の主体思想である絶対専制世襲制によって統治されることとなる。 2012年現在、その支配が終わる気配はない。

 

ベトナムも南北に分断され、長い戦いの末1975年に共産勢力に制圧される。 共産勢力は勢いを得てラオス、そしてカンボジアを呑み込む。 ベトナムでは60万もの人間が圧政を逃れようとして波間に消えた。 カンボジアでは200万もの人間が飢えと拷問で死んだ。

 

そして我が祖国日本は... 日本は領土である朝鮮と台湾を失い、アメリカの統治下にはいる。 1952年サンフランシスコ条約発効により日本は主権を取り戻し、今日に至る。 日本はルーズベルト、トルーマンというリベラル左翼の意図を受けたGHQにより強制的に社会主義的な政策が押し付けられ、それらは今に至るまで日本社会を蝕むが、周辺諸国のような悲惨な運命をたどることは免れた。

 

もしも日本が名ばかりの独立国であった韓国を併合していなかったならば、韓国は張鼓峰事件のような侵略行為に対してなすすべもなく降参していたはずである(日本が朝鮮半島に主権を行使できたからソ連に対抗出来た)。 韓国はソ連の支配下に置かれソ連は1920年代から日本本土を脅かしたはずである。 そして先の大戦終結時には朝鮮半島を足掛かりに日本本土を直接攻撃したはずである。 ソ連が日本全土を、もしくは群馬県あたりから北を取っていた可能性は高い。

 

であったならば、朝鮮半島の運命は日本の運命となったのである。 ドイツ・東欧の運命は日本の運命となったのである。 ベトナムの運命は日本の運命となったのである。 カンボジアの運命は日本の運命となったのである。 「平和な戦後日本」は無かったのである。

 

日清・日露戦争、韓国併合、満州事変、満州建国、国連脱退、三国同盟 そして大東亜戦争は日本の敗戦で終わる。 その過程においては様々な失敗や間違いが不徳があったことも確かであろう。 反省は必要である。 しかし彼ら先人たちの判断を、今我々が住む日本、アメリカの核と駐留米軍に守られる「平和な」日本の観点・価値観から安易な批判や断罪をしてはならない。 なぜならば、我々が我々であるのは間違いなく明治〜昭和を生きた彼ら先人たちのお蔭だからである。

日韓併合〜現代の朝鮮半島 先人達の偉業

  • 2012.06.24 Sunday
  • 14:14
 

日本は韓国に対し、韓国を植民地化したことに対して謝罪をすべきであるだとか、またはその必要は無い、という議論がある。 謝罪の必要は無い、という主張は正しい。 しかし、日本政府が日本国代表として責任を持って展開しなければならないのはもっと積極的な議論である。 

 

それは、

  • 大韓民国が中国の一つの省でもなく、ロシアかどこかの植民地でもなく、一個の独立国であるのは「他でもなく」日本のおかげだということ
  • 大韓民国が資本主義経済とその繁栄を謳歌しているのは「他でもなく」日本のおかげだということ
  • 大韓民国が大韓民国であり、朝鮮民主主義人民共和国ではないのは「他でもなく」日本のおかげだということ

 

である。

 

日清戦争1894年〜1895年)が起きた主要因は決して安定することが出来なかった朝鮮にある。 明治維新後の日本は富国強兵策のもと経済発展と防衛強化にあたっていた。 一方朝鮮は内乱と混乱の連続であり統治どころではなかった。 弱肉強食・強い国が弱い国を植民化する緊迫した世界情勢の中、日本の安全のためには隣国・朝鮮が安定した国家である必要があった。 そのため日本は朝鮮に対して近代化と自主独立を促した。 

 

しかし朝鮮の内政不安定とその状況に付け込み影響力拡大を目論む清国によってその試みは阻まれる。 あからさまな清国による朝鮮への侵略行為(東学党の乱)に応じる形で日本は清国との戦いを始める。 日本が清国と戦ったがゆえに、まずは朝鮮は清国による植民化を免れた(1895年大日本帝国勝利・下関条約)。 それだけでなく2年後の1987年、朝鮮はそれまでの清国の属国としての地位を「有史以来初めて」脱し、大韓帝国を名乗る。

 

しかし日本をめぐる国際情勢は依然厳しく、特にロシアは日本が日清戦争の勝利で合法的に得た権益を力ずくで奪った(三国干渉)。 ロシアは清国における義和団事件鎮圧にかこつけて満州に対する侵略(そして行く先々での虐殺)を進めた。 ロシアは同時に大韓帝国に対しても、現在の北朝鮮北部にあたる鴨緑江を軍事占領するなど、露骨な侵略行為を行う。 日本はロシアと、またロシアの侵略行為を唯々諾々と受け入れる大韓帝国へも抗議するが事態は一向に改善せず。

 

それどころか先の日清戦争で日本のおかげで独立を得たにも関わらず裏切り行為をはたらく。 日露関係がいよいよ緊迫する19041月、大韓帝国はロシアの手引きで中立宣言(日本は中立の韓国に軍を配置することが出来ない)を出しつつ、裏でロシア軍には出動を依頼していた。 日本はロシアの暴虐に対し繰り返し説得を試みたが全て失敗する。 満州・朝鮮半島が次々とロシアの手に落ちる。 日本の安全に対する危機感は頂点に達し、同年2月、日本はロシアとの戦線の火蓋を切る(日露戦争)。

 

初戦から圧倒的な力を見せつけた日本に対し大韓帝国は態度を翻し、日韓議定書が結ばれる。 それにより日本は朝鮮半島から満州に軍を進めてロシアを追い出し、日露戦争を勝利に導いた。 日露戦争の要因が弱体な大韓帝国にあったことは各国の共通認識であり、イギリスにとってもアメリカにとっても日本による韓国保護化は「それ以外の道はあり得ない」というものであった。

 

日本は日清・日露戦争において国運を賭して戦った。 そして多くの犠牲を払った。 戦争の要因は朝鮮半島にあった(唯一の原因ではなく要因、しかも重要な要因)。 朝鮮半島は李氏朝鮮から大韓帝国時代を通じて甚だしく近代化が遅れていた。 日本が度重ねて援助したにも関わらず、独立を守り、自己発展出来ないことを証明し続けた。 内乱・混乱と外国勢力による介入の連続であった。 日本の自主独立を守るためには、日韓議定書が日韓併合条約(1910年)へとつながっていくのは必然であった。

 

日本が自主独立を守ったのと同時に韓国はロシアに取り込まれるのを免る。 そして日本の保護化・併合による統治のもと政治、司法、産業、教育、衛生、あらゆる面で近代化が推し進められることになる。 当時日本がロシアと戦っていなければ、もしくはロシアに敗れていたならば、朝鮮半島がロシアに取り込まれていたはずである。 であったならば、ロシア革命後、全半島が共産化されたいたはずである。 そして今の大韓民国は、日本が大東亜戦争に敗れるのを待つまでも無く、ましてや朝鮮戦争を経ることもなく、朝鮮民主主義人民共和国になっていたはずである。

 

大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国、何がどう違うのか、説明は要しないはずである。

 

  • 日清戦争の日本人戦没者13,824
  • 日露戦争の日本人戦没者88,429

 

一方

 

  • アメリカのイラク戦争の死者は4,409名(2012529日現在)
  • アフガニスタン戦争の死者、2,960名(2011年現在・アメリカを中心とした連合軍)

 

日本が二つの戦争で払った犠牲、痛みがいかに大きなものだったかが分かろうというものである。

 

今韓国に住む人々、韓国で資本主義経済の恩恵を受ける全ての人々、世界で韓国国籍を持つ全ての人々、彼らが彼らでいるのは日本の先人達のお蔭である。 それ以外にはあり得ない。

 

日本が韓国から受けるべきは、先ずはこれまでの度重なる非礼に対する謝罪である。 日本は韓国に対し、謝罪を要求し、それを受け取らなければならない。 その次に感謝の念であり、尊敬の念である。 感謝するかしないかは勝手にすればよい。 しかし長年にわたりはたらいてきた非礼に対してはしっかりと謝罪するのがまともな国と国との関係である。

 

 

追記: 日本には謝罪論者もいれば併合否定論者もいる。 謝罪論者は論外であるが、併合までする必要はなく保護化で十分だった、というのも見当違い甚だしい。 保護化の試みはことごとく失敗し、2度にわたって日本人は尊い犠牲を払った。 3度目は無い。 それが併合である。

 

参考:

  • 中村粲「大東亜戦争への道」

 

エルサレム・ポスト紙上で歴史を正す

  • 2012.05.04 Friday
  • 21:01
 

エルサレムポスト紙は中国の温家宝首相がアウシュビッツ収容所後を訪問したことを報じていたが、看過し難い状態であったので紙上で(ウェブの書き込み上で)論戦をすることとなった。 その論戦によりはっきりしたのは、日本以外においても事実上歴史は「書き換えられている」こと、歴史はもう一度「書き直される必要がある」ことである。

 

同紙は温家宝首相の訪問に一定の賛意を表した後、同じ記事上で追記として日本による中国への「侵略」について言及していた。 ユダヤ人はヨーロッパで苦しみを味わったが、中国はアジアにおいて「日本の暴虐によって同様の苦しみを受けた」と示唆していた。 記事についての読者の書き込みは更に酷く、「アジアの大量殺戮者・日本はいまだにその罪を認めようとしない」という者もいれば「原爆投下は日本が受けるべき正当な報いだった」という者がいた。

 

これら歴史を捻じ曲げる者達、あるいは上下逆さまになった歴史を流布する者達、栄光ある大日本帝国をナチスドイツと同一視する者達に対しConservativeBlogJapanとして真っ向から戦いを挑んだ。 

 

「中国で暴虐をはたらいたのは中国人自身である。 南京で殺戮を行ったのは国民党である。 自らの行為を日本の罪にでっち上げて我々を落としめんとする中国人は軽蔑するしかない」

 

「当時の国民党の何たるかは戦後の台湾で彼らが何をしたかを知れば分かる。 228事件をグーグルすべし、あとユーチューブすべし」

 

「日本人はいまでも日本人であり、かつても日本人であった。 日本人は文明的な民族である。  中国人はいまでも中国人であり、かつても中国人であった。 何でも改竄しでっち上げるのは中国人のお家芸である」

 

「ユダヤ人の読者よ、戦時中に日本が多くのユダヤ人の命を救ったことを知れ。 アメリカをはじめ各国が知らん振りしている間にだ。 ヨーロッパでだけでなく中国でもである。 Chiune Sugihara, General Higuchiをグーグルすべし」

 

「ユダヤ人の読者よ、中国でユダヤ人を救ったのは中国人ではない。 日本人だ。 戦時中の上海は日本が支配していたのだ」

 

「ユダヤ人へのビザ発行は杉原の単独行為だったなどと言うなかれ。 国が承認したビザだけが効力を持つものである。 ビザの承認は国の意思である」

 

「歴史というものは常に捻じ曲げられているものである。 戦前から戦後、ベトナム戦争からイラク戦争まで捻じ曲げの連続である。 Jonah GoldbergのLiberal Fascism、Ann CoulterのDemonic、Bruce HerschensohnのAmerican Amnesiaを読んで知るべし」

 

この攻撃に対する反応は炎上とまでは行かないが相当なものであった。 そのほとんどが無内容な罵詈雑言の域を出ないものばかりであった。 やれ「このつり目のジャップめ、うせろ!」とか、「そんなの嘘だ!」とか、「このつり目のジャップめ、てめえは歴史を否定するつもりか!」とかその程度である。 「つり目の…」などという古風な人種用語を使う人間がいまだにいるのにやや驚いたが、ある者が執拗にそれを繰り返すので「おめえ天才じゃねえか、何で分かったんだ?」と答えてやったものである。

 

無内容な反応とは別に、まともな反応もあった。 「何人かによる善良さも思いやりのかけらもない言動に同調したり罵詈雑言に堕することなく、貴殿は立派に自説を主張されている。 今後もぜひ書き込みいただきたい。 貴殿の言われるようにグーグルしてみます。 また、貴殿の薦められる本はぜひ読んでみましょう。 いろいろ情報ありがたい」と。 

 

イスラエルを代表する歴史ある英字新聞である同紙の読者はイスラエルだけでなく世界中におり、コメント主にはアメリカ人も多い。 歴史の経緯と国の関係から言って、アメリカでの歴史認識がイスラエルへそのまま持ち込まれるのはある程度仕方の無いことである。 しかし本来友情が芽生えるべきところに憎しみと蔑みが存在するのは不幸なことである。 日本人の多くが、中東の花とも言うべき素晴らしい国であるイスラエルに対して無知と偏見を持つのも、同じく不幸なことである。

 

捻じ曲げられた歴史を修正することは歴史を知る者の務めである。 なぜならば歴史を知らぬ人間にはそれができないからである。 歴史とは過去に起きた事実の記録であり、これが書き換えられるということは歴史の意味が失われるということである。 歴史の書き換え・歪曲に遭遇するたびにそれを正さなければならない。 一人の行動など大海に一滴を投じるように微力であるなどと感じる必要は無い。 知性と理性と良心で訴えればそれを理解する人間はいる。 一つ一つの機会を捉えて訴えていけばそれは数百人となり、数万人となり、数百万となる。 歴史を失った民には未来は無い。 歴史を取り戻さなければ未来は無い。

失われた日本近代史への入り口

  • 2012.04.08 Sunday
  • 19:55

日本の歴史の中で、我々の生きる現代から最も近いにも関わらず、最もベールに包まれ、最も歪曲され、最も目が背けられている時期が近代史、特に大東亜戦争及びそれにいたる歴史である。 言い換えれば、我々は歴史を失ったのである。 歴史を失うということは我々の存在を失うということである。 敗戦の代償はかくも重いものである。

 

我々のいる現在は、我々のすぐ前の世代の歴史の反映である。 平安時代や鎌倉時代が一足飛びに我々の現代に至るのではない。 我々がなぜ我々であるのか、我々がなぜ我々のあり方によって存在するのか、我々はこれからどのようなあり方に向かって進むのか、それらを知る手がかりが歴史である。 それを知るのに平安時代や鎌倉時代を知るのも一助にはなるであろう。 しかし直近の歴史である近代史を忘れては、それはまるで殺人事件の通報を受けた刑事が殺人現場検証をせずに捜査を開始するようなものである

 

戦前、戦中、戦後の重要人物である東條英機の孫の由布子女史による記者会見をユーチューブで見つけた。 あるべき歴史認識が淡々とした口調で語られている。 戦後60数年間守ってきた沈黙を破っての記者会見であり、静かな語り口にも固い信念が感じられる。

 

靖国神社参拝について

首相は中国、韓国の内政干渉に屈してはならない。 国を守るために戦った人々に感謝の念を捧げるのはどの国においても当然の行為である。

 

従軍慰安婦について

戦時中の軍隊には慰安婦は存在したが従軍慰安婦というものは無かった。 軍による強制連行も無かった。 慰安婦は軍が徴用したのではなく、商売人が募集して集めたものである。 どの国の軍隊にもあったことであり、同じ女性として悲しく思う。 しかしそれをもって日本だけが野蛮であったとするのは不当である。

 

南京大虐殺について

南京で日本軍による大虐殺があったとする話が嘘であることに多くの日本人がきづかず、その嘘によって日本と中国、韓国、アメリカ等の間の外交問題ともなっているのは悲しいことである。 日本軍入城時に20万人いた南京市の人口はその後25万人に増えている。 それは南京が安全だったからに他ならない。 日本は世界に向けてこの事実を叫び続けなければならない。

 

原爆投下について

ナチスのホロコーストと同等の野蛮な民間人虐殺である。 威力を示して戦意を消失させる目的であればなにも人口の中心地に落とす必要は無かった。 しかも2発目を長崎に落とす必要は無かった。 原爆投下を正当化する論理は大東亜戦争における日本が一方的な侵略者であったとする論理と結びついている。

 

大東亜戦争について

経済封鎖を受けた日本が自衛のためやむを得ず立ち上がったのが大東亜戦争である。 それは戦後のマッカーサー元帥自身の証言でも明らかである。 大東亜戦争は正しい戦いであった。 間違いがあったとすれば、それは負けてしまったことである。 当時の最高司令官であった東條英機に戦争責任があったとすれば、それは戦争を開始したことではなく、戦争に負けたことである。 大東亜戦争は自衛であると同時に、アジア諸国を欧米諸国による強圧的な植民政策から解放するという大義のある戦いであった。

 

日本の現状について

中国、北朝鮮の核ミサイルは日本を向いている。 にも関わらず憲法9条では日本は防衛力を持ってはならないと規定している。 この憲法はアメリカから与えられたものではあるが、アメリカが悪いのではなく、それを今に至るまで持ち続けてきた日本が悪いのである。 今の日本は誇り、自信、精神の崇高さを失っている。 危機的な状態である。 

 

中学、高校の日本史の授業で取り上げるに最適な内容である。 歴史を学ぶにあたっては細かな知識を詰め込む前に、このような基本的な考え方や流れを頭に入れることが大切である。 それなしに細かな年代や固有名詞や何やらを詰め込むというのは、まるで家を建てるのに土台や柱を組まずにいきなり壁を作り始めるようなものである。 一時家のように見えるものができるかもしれないが脆弱な建造物である。 苦労して建てても、ちょっとした衝撃であっという間に崩れ落ちるだろう。

 

教育界は左翼の巣窟である。 子供を公教育を受けさせるという事は左翼プロパガンダに晒すということである。 その環境で健全に成長するのはもはや奇跡である。 奇跡はいつでも誰にでも与えられるわけではない。 故に、積極的な防衛が必要である。 日本の歴史は我々のものである。 我々を培ってきた日本の歴史を今の我々が取り返し、次世代へと伝えていかなければならない。

 

 

東條由布子氏記者会見 1/2

http://www.youtube.com/watch?v=Hc6NsA3dANM&feature=related

 

東條由布子氏記者会見2/2

http://www.youtube.com/watch?v=Y0vOlCIcgEI&feature=related

名古屋市長・南京大虐殺の否定に賛同

  • 2012.02.21 Tuesday
  • 21:17
 

名古屋の河村たかし市長が同市の姉妹都市である南京市の政府一行の表敬訪問を受けた際に「南京大虐殺というものは無かった。 父親は旧日本兵だったが、戦時であるにも関わらず南京で現地の人々から温かなもてなしを受けた」と発言したそうであるが、よくぞ言ったものである。 河村氏のことは全然知らなかったが、このことだけでも高く評価されるべきである。 いや、むしろ、それなりに責任ある地位の政治家が間違った歴史認識を正す機会を正しく捉え、発言することに対し、国民は轟々たる支持を示すべきである。 

 

左翼のメディアは「勝手な発言。 国としての方針に反する。 関係悪化が懸念される」などといったように否定的な見方を押し売りしようとするが、既存メディアの時代が終わりを告げようとしている今、個人が正しい知識にアクセスすることにおいても、またブログのように個人が世界に情報や意見を発信することにおいても障壁は無くなった。  ネット上の書き込みを見る限りでは圧倒的多数が市長の言葉に賛成である。

 

市長は丁重にも南京市側に討論会の開催を提案したようであるが、言論の自由の無い中国で討論会の実現など期待するのは無駄である。 また、わざわざ税金を使って南京くんだりまで出かけていく必要は無い。 市長は「減税日本」という良い名前の党を掲げているのだから、党名にかなう行動を貫くべきである。

 

歴史を捻じ曲げんとする敵は日本にいるのである。 身中の敵を退治せずして外敵を撃つことは出来ない。 後ろから刺されるだけである。 逆に身中の敵、というかダニを徹底駆除することである。 このダニは社会の隅々にいたるまで忍び込み、隙間に入り込み、人々に寄生し、血をすい、増殖し続けている。  これら害虫を駆除しなければ、日本は朽ち果てる。 逆に、これら害虫を駆除してしまえば後は中国が何をほざこうが負け犬の遠吠えである。 放っておけばよい。 日本は中国に負けたわけではない。 ルーズベルト・スターリン共産主義同盟にやられたのである。 日本の歴史を守ること、これは国を守ることである。 国を守ること、これは政治家の役割である。

12月8日 真珠湾攻撃記念日

  • 2011.12.19 Monday
  • 01:53
 

128日、今日は今から70年前にアメリカが日本に対しての戦争を開始した日である。 これは間違いではない。 戦争というのは、「第一撃を撃つ者」によってではなく、「第一撃を不可避にした者」によって開始されるのである。 アメリカは日本による第一撃を不可避にした。 よって、日米戦争はアメリカが日本に対して始めた戦争なのである。 「日本の奇襲攻撃によって始められた」というアメリカの視点から日本の歴史を眺めるような記述はもういい加減にやめるべき時である。

 

128日、今日は今から70年前に日本が独立の気概のある誇り高き国であることを世界に示した栄光の日である。 国民の祝日にしてもよいくらいの日である。 なぜか、独立の気概と国家としての誇りほど今の日本に欠けているものはなく、また必要なものは無いからである。

 

アメリカ保守系コメンテーター、アン・コールターの2004年の本「Treason - Liberal Treachery from the Cold War to the War on Terrorism」でフランクリン・ルーズベルトとハリー・トルーマン政権がソ連共産主義によって徹底的に浸透されていたことがこれでもかとばかりに暴かれている。 その実態を想像するにブッシュ政権で例えれば次のような状態であったという。 

 

『国防副長官のポール・ウォルフォウィッツ、ポールソン財務長官の次官、大統領首席補佐官のアンディー・カード、CIA長官のジョージ・テネット、上級政治顧問のカール・ローヴ、ラムズフェルド国防長官の諮問委員長のリチャード・パール、イラク駐留大使のブレマー、内務長官ゲイル・ノートン、はたまたチェイニー副大統領までもがアルカイダのスパイである。 そしてブッシュ大統領自身もオサマ・ビン・ラディンを”我が友オサマ”と呼んで憚らない 』

 

ルーズベルト、トルーマン政権はスターリンの操り人形と化していた。 共産主義の邪悪さを理解していたのは当時日本だけであった。 日本は中国大陸において共産主義と戦っていた。 その日本の生命線をアメリカはABCD包囲網によって断ち切った。 日本はアメリカに対し、最後の最後まで戦争回避のため妥協を重ねた。 「日独伊三国同盟があるからといってドイツがアメリカに参戦したら日本も自動的にするわけではないシナにおける防共上最低限の駐屯以外は和平成立から2年以内に撤退する 日米の通商関係を関係悪化以前の状態に戻し、アメリカが日本にガソリンを供給するなら日本は南部仏印から撤退する.. 」アメリカに対して出来る最大限の譲歩である。 アメリカはその譲歩を蹴り、日本がシナや仏印から無条件で即時撤退をすることを要求した。 それがハル・ノートである。

 

ハル・ノートを作成したのはルーズベルト政権の財務省次官補、ハリー・デクスター・ホワイトであった。 この人物はその後トルーマン政権で国際通貨基金の米国代表に任命されたが1948年に非米活動委員会によってソ連のスパイであることが暴かれて自殺した。

 

ソ連のスパイ達をを中枢に抱えたルーズベルト政権によって、スターリンの意思に従ったアメリカによって日米戦争は始まり、日本は敗れ、社会主義国となり、魂を失い、今の落ちぶれた姿がある。 日本が思い出さなければならないのは日本人が日本を守るために立ち上がったこの日の事であり、作戦を大成功に治めた英霊達の事である。

 

 

参考

リベラルたちの背信―アメリカを誤らせた民主党の60年

 

エセ言論人の田中英道が書いたユダヤ陰謀本『戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」』に紹介されていたのを見たのが読むきっかけであるが、OSS〜など読むくらいならばこの本を読んだ方がよほどためになる。

エセ・タカ派は左翼と同等

  • 2011.10.02 Sunday
  • 23:20
 

中国や韓国との間の歴史問題の話になると「自分が生まれてもいない時代の日本ことをなぜ我々が言われなければならないのか、自分に関係の無いことで文句を言われる筋合いもないし、謝るのはごめんだ、自分たちの知ったことではない」という言葉を吐く人間がいる。 エセ・タカ派の意見である。 一見もっともらしく聞こえるかもしれないが間違いである。 国家観や歴史観というものが欠如した薄っぺらな考えである。 

 

これは間違いであるだけでなく、危うく不安定である。 なぜならば、一見中国や韓国の干渉に対して強硬に見えるが、このような浅い思考の人間ほど「自分達とは関係ないことだから、そんなに文句を言うのであれば謝ったらいい、別にこだわることは無い」「日本だって悪かったのだから、大人になるつもりで先に誤ればいい」「日本は負けたのだから、北方四島が日本固有の領土などといっても聞いてもらえないのは仕方ない」「それよりもロシアや中国と商売することを考えたほうが得だ」などと簡単に立場をふらつかせるのである。 自身の存在に対する認識が自国の歴史に根差していないのであるからそれは当然であろう。 結局は反日左翼と大差ないのである。

 

歴史上の問題を「自分達と関係無い」と考えるのは「自分達」が過去から断絶した存在と考えているからに他ならない。 数世代前の日本人が生命を賭して国土を守ったことに想念は及ばないのである。 中国大陸や太平洋での戦いが何だったかを知らない。 単なる酔狂くらいにしか思っていない。

 

誰でも海外旅行くらいする時代である。 目を開けば日本との違いが見えるはずであるし、日本がいかに文明国家であるかが分かるはずである。 自分はなぜ日本人として存在するのか。 自分たちの社会はなぜ存在するのか。 どうしてこういう社会なのか。 日本人が日本人である理由。 日本社会が日本社会である理由。 それは先代が代々引き継いできた文化の継承に他ならない。 そしてそれが存亡の危機にあったのが先の大戦であったし、敗戦によって大打撃を受けたのは確かである。

 

浅く薄っぺらな認識。 それは無知である。 日本の近代史を語ることについて言えば、それは不道徳であり恥である。 なぜならば、それは託された遺産を路傍に置き去りにする行為だからである。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Diana West "American Betrayal"読了
    村中哲男 (10/15)
  • Diana West "American Betrayal"読了
    CBJ (10/14)
  • Diana West "American Betrayal"読了
    村中哲男 (10/02)
  • 気候変動というカルト宗教、そして3年連続の記録的寒さ
    CBJ (09/30)
  • 気候変動というカルト宗教、そして3年連続の記録的寒さ
    森田研究員 (09/29)
  • パレスチナとは、イスラエルとは… 民族差別の欺瞞を正す
    CBJ (07/08)
  • 「Blacklisted by History」読了 マッカーシズムとは何だったのか
    カーター (02/12)
  • 「Blacklisted by History」読了 マッカーシズムとは何だったのか
    CBJ (02/11)
  • 「Blacklisted by History」読了 マッカーシズムとは何だったのか
    村中哲男 (02/09)
  • イスラムの侵略者が欧州を襲う
    村中哲男 (02/09)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM